クロコーチ 最終話 あらすじ ネタばれ

クロコーチ 最終話 あらすじ ネタばれ


結局3億円事件の犯人少年Sは死んだことにされ
当時の公安の城尾が少年Sに高橋秀雄という名前を与え

その資金で桜吹雪会をつくり、「秩序」という崇高な大義名分を守るために
3億円事件を隠ぺいした。

そして桜吹雪会は沢渡の手に委ねられ、沢渡は城尾の命令を守るために
殺人まで犯した。 それは城尾の望んだ結果ではなかったが

「秩序」を守るために悪をよしとして善にすりかえた。

清家真代の父清家真次を殺したのは沢渡だという証拠のテープが高橋から黒河内に渡り
父を殺した犯人沢渡の逮捕状を請求しようとした清家真代にやはり上からの圧力がかかる。

黒河内は捜査会議に乗り込みすべてをぶちまけ、今頃は少年Sこと高橋が自首をしているはずだし
これを隠ぺいするのなら、みんな同罪だとすごみ、やっと沢渡の逮捕状が請求される。

しかし沢渡は逃亡した後、

だがベイブリッジで黒河内は沢渡の車を待ち伏せ、沢渡に銃をつきつけられながらも
時間稼ぎをしてそこへパトカーのサイレンが聞こえ、沢渡は逮捕される。

葉月トモの墓参りに行ったあと、沢渡に面会しようとした黒河内だが
面会は許可されない。

黒河内はもうここにはいないのかも・・いやどこにも とつぶやく

逮捕されたはずの高橋が居ないと黒河内を捜しまわる清家真代

結局みんな消えちゃったという黒河内

この結果はわかっていたようで・・・

「おまえら隠しすぎなんだよ」と坂の上から怒鳴る黒河内

科捜研の斑目は誰かの指示を受けて、清家真次の殺害の証拠テープの
音声解析を消去


指示したおとこがロッカーを開き、350億円に膨れ上がった桜吹雪会の資金の
入ったパソコンと 10年前の清家真次殺害の証拠の音声が入ったカセットを
しまう。

牛井だった

「やっと回収できました」 という牛井の前に
柿崎が居て うなづく


黒河内と清家

「3億円事件を隠ぺいしたのは?」

「それは警察です。」 

「せいか~い」

終わり




  


 只今無料 お試し中!!家庭でできる岩盤浴、テラ鉱石ブレスレット

ショップチャンネル







トップへ

ドラマのあらすじ、ネタバレを詳しく書いております。応援のメッセージありがとうございます。
管理人、ジェニの日常のことは つぶやきで! 

都筑区の情報はこちらからお入りください。
コメントは記事に関係なくても大歓迎です。足跡残してくださいね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 単発ドラマ /ドラマ毎週 /最近見た映画 /韓流ドラマ /海外ドラマ /昼ドラ /バラエティ番組 /つぶやき /管理人ジェニのこと




独身貴族 #7 あらすじ ネタばれ

独身貴族 七話では なんとブザービートコンビ復活!
ゲスト出演のやまぴー(JC ARCS、上矢直輝役)北川景子ちゃんはプロのバイオリニストを目指す白河莉子役
そして伊藤英明さんは、川崎智哉役で(JC ARCSのヘッドコーチ)これまた北川景子ちゃん演ずる莉子に
一目ぼれをし、強引にプロポーズし、最後は潔く身を引く役どころです。


ブザー・ビート ~崖っぷちのヒーロー~ DVD-BOX
ブザー・ビート ~崖っぷちのヒーロー~ DVD-BOX
(2010/01/06)
山下智久、北川景子 他

商品詳細を見る



独身貴族 七話の見どころは、なんといっても つよぽん演ずる
守のせつないプロポーズ
ジャニーズ大好きな私ですが、SMAPに関しては特に思い入れはありません。
ただ、ドラマを見ると 、仲居くんのATARUにしても、今回の木村くんの
安堂ロイドにしても、好きなドラマが多いです。 中でも草なぎくんは
はっきり言って、歌や踊りには特に魅力を感じません。なのに!です。
ドラマは、好きなドラマが多いのです。


ドラマ内で流れる珠玉のスクリーン・ミュージック
普段だったらオードリー・ヘプバーンのムーン・リバーを聞いても大して感動はないのだけれど
この音楽って不思議と映画やドラマ内で流れると切ないんですよね。
前も 何かのハリウッド映画で、主人公とは関係ない隣のビルに住んでいる男性の部屋から
ムーン・リバーが流れるのですが、その時もなにか鳥肌が立つほど感動したのを覚えています。



そして、こんな素敵なドラマを作っているのは佐藤 嗣麻子(さとう しまこ)さん、
アンフェアや K-20 怪人二十面相・伝(2008年、脚本・監督)
BALLAD 名もなき恋のうた (2009年、脚本協力)
ゴースト もういちど抱きしめたい(2010年、脚本)
SPACE BATTLESHIP ヤマト などを手がけた脚本家さんです。やはり好きな作品ばかりです。


独身貴族 第七話 あらすじ ネタばれ

キネマ・エトワールの存続の危機に、守と進の叔母でありオーナーの亜希子から
映画配給会社「日本映画」の会長令嬢、現王園玲子との結婚を会社を存続させる
条件として言い渡された守。


だが、守は独身主義者。主義主張の違う全くの他人と一緒に空間を共有するなんて
考えられない。! 北欧の適度な距離感を保つ という暗黙のルールを見習え!
と、なんとかして現王園玲子との結婚から逃げたい、もしも、どうしても・・ということであれば
別居結婚が望ましい などと言いきっていたが。

「八月のボレロ」という脚本を持ち込んで来た春野ゆき(北川景子)と出会ってから
いつのまにか、おでこがぶつかるぐらいの距離感で一緒に居て脚本の手直しをする。
(進は そんな 兄の様子を見て 「北欧のルールはどこ行ったんだよ・・」と つぶやくが
兄にはっきりとは言えない)
そしてパーティで春野ゆきが、セクハラを受けそうになったのにいち早く気づき
殴られながらも ゆきを救い出し、一緒に手をつないで逃げてから、守の手には
つないだゆきの 手の感触が残った。

毎月恒例行事となっているキネマ・エトワールのスタッフの誕生日に
守は北海道まで行き、ゆきとルームシェアをしている小原沙織のヒントで
特別なものをプレゼントしようと、誕生日パーティ会場に駆け付けるが
そこには ゆきの姿はなく、屋上に上ってみると、そこには
一日中まるで プリティ・ウーマンのビビアンのようにリムジンで迎えに来られ
貸切のレストランで食事をし、さらにはヘリポートで東京の夜景を見せられたゆきが
進に告白され、まさにキスをしている春野ゆきが居た。

なんとなく進の気持ちに気づいては居たものの、翌日朝帰りをした進から
ゆきと付き合うと宣言され、守は現王園玲子との結婚を承諾し、お試しで
家に呼ぶことにする。

通いではあるものの、部屋は風水を信じる玲子の手によって、守の居心地のいい
空間ではなくなってしまった。それは、守がまるで宝物のように収集していた
高級紳士靴を全部捨ててしまったことからも、守はなかばやけになっているようにも
見えた。 玲子との結婚を勧めた亜希子でさえも、守を心配した。

一方、ゆきと進は日本映画の水島部長に 「八月のボレロ」はまだ世に出せる作品ではないからと
謝罪に行くが 「山下智久さん」 が この作品なら出演してもいいと言っているといわれ
がぜん進はやる気になる。 まだまだ手直しが必要だと思っていたゆきだが
守は全く 「本打ち」に協力してくれなくなった。 映画化をするのなら担当は進にすると決め
自分は寝ないでほかの本を読み漁り、ゆきへの思いを断ち切ろうとした。

だが、クリエイティブな才能が全くない進は、ゆきに「本打ち」の相談をされても
適当に発言するばかり。 「やまぴー」が 脚本を早く読みたいと言い出したことから
しかたなく適当に切り上げ、やまぴーに見せると 案の定、やまぴーからは
この本なら出たくないといわれてしまう。

ゆきは守に助けを求めるメールを送り、進とは距離を置こうとする。
ゆきからのメールを見て返事を書こうとしたが、進からゆきとうまく行っていないと
言われ、「兄貴みたいにクリエイティブな才能がないから」 と 言われたことから

「進、おまえはおまえのやりかたで クリエイターを励ませばいい」 とアドバイス

煮詰まっていたゆきを公園に呼び出し、昔から星野家ご用達の屋台のおでんを差し入れる。
守のアドバイスだとも知らず、ゆきは喜んで 
「そばに居てくれるだけでいい」 と進に伝える

だが、そのころ守は倒れてしまう。現王園玲子は献身的に妻の役目を果たそうとしていたが
守は、一緒に居ると息がつまりそうになり、夜は残業だと言い、会社で本を何日も読んで
すごしていたのだ。

過労だった。

病院で、ゆきと玲子は初めて出会う。 「兄貴の婚約者」と紹介された玲子は
ゆきがいつも守とはけんかばかりする と言ったことからショックを受ける

病室で二人になった守は、ゆきに「八月のボレロ」のことを尋ねるが
「専務がおでんを持ってきてくれて・・・」とうれしそうに言うのを見て
ほんとうにゆきにとって、自分は必要のない人間だとおもってしまう。

その後、病室に入ってきた玲子から
「あなたの心の中に居たのは、あの方だったんですね・・・」と言われ

守は静かに口を開く



守の現王園玲子(平岩 紙)に対する切ないプロポーズ

僕はずっと自分には結婚なんて必要ないと思ってました。
誰かが隣にいる人生よりひとりで生きる人生のほうが充実している、
そう思ってました。
だってそうでしょ? 趣味思考が違う 考えてることが違う・・・
一緒にいても楽しいと思える保証がない
そんな誰かと人生の貴重な時間を共有するなんて
なんてもったいないことだと考えていました。

でも・・・・・

彼女と会って、変わりました。
考えてる事が違うから、知りたい。
知ってほしい。
違うから面白い。
でも仕事をするうえで基本的な価値観が一緒で
お互いが面白いと思えるものを探していく感覚
頭を悩ませる時間は、このうえなく楽しかった。

でも彼女に、僕は必要ありません。

僕もこれ以上、彼女になにかを求めたりする気はありません
大切な事を気づかせてくれただけで、僕は彼女に感謝しています。

正直、僕とあなたは世間のカップルとは違うかもしれないけど
僕らのやり方で、僕らの関係を築けませんか?
僕は、あなたにとって必要な人間になりたい
そして、これから二人で、穏やかな人生を歩いていきたいと思っています。


つづく

 只今無料 お試し中!!家庭でできる岩盤浴、テラ鉱石ブレスレット

ショップチャンネル







トップへ

ドラマのあらすじ、ネタバレを詳しく書いております。応援のメッセージありがとうございます。
管理人、ジェニの日常のことは つぶやきで! 

都筑区の情報はこちらからお入りください。
コメントは記事に関係なくても大歓迎です。足跡残してくださいね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 単発ドラマ /ドラマ毎週 /最近見た映画 /韓流ドラマ /海外ドラマ /昼ドラ /バラエティ番組 /つぶやき /管理人ジェニのこと

Miss PILOT ミス・パイロット 第二話 あらすじ ネタバレ

ミス・パイロット Miss PILOT 第二話 あらすじ ネタバレ


ANAのパイロット採用試験に合格し、グループAのメンバーになった手塚晴(堀北真希)は、
同じチームとなった小田千里(相武紗季)、岸井泰治(間宮祥太朗)、小鳥翔(小柳友)、
山田一男(藤井流星)、諸星麻也(庄野崎謙)らとともにパイロット寮に入り、
訓練生としての生活を始める。


緊張感ゼロの晴に振り回され、朝から5秒遅刻して、国木田教官にしかられてしまう千里。

5秒ぐらいと思うが、パイロットにとっては時間厳守は基本。

line000001
P訓と呼ばれるパイロット訓練生たちは

まずは地上訓練に臨む。

グランドスタッフの制服に研修生のバッチを付けて羽田空港のフロアに向かう。
一億円のバイオリンを持ち込む音楽家、
大幅に重量オーバーの荷物を持ち込む中年女性などにそれぞれが悪戦苦闘する中、
晴は酔っぱらい客の佐藤寅雄(野添義弘)に出会う。

晴は自分はパイロット訓練生だと佐藤寅雄に告げ、グランドスタッフ教官の倫子に

「パイロット訓練生かどうかはお客様と関係ない」 と叱られてしまう。

が、聞けば、寅雄はひとり娘の結婚式に向かう予定で、娘が嫁ぐ寂しさから深酒をしたとのこと。


晴は搭乗時間までベンチで休むよう寅雄に勧めた。

搭乗時間が近づき、搭乗時間が迫っているお客様から誘導しようとした千里に
他の搭乗客が文句をつけると、明らかに不満な顔をする千里を制する倫子

「不満が顔に出てるわよ。笑顔の練習しなさい」 と 叱られる

line000001
福岡行き 最終案内のアナウンスが響き、佐藤寅雄だけが搭乗手続きを済ませていないことを
知った晴は、酔ってトイレで吐いていた佐藤寅雄を探しだし、搭乗口に連れて来るが


酔いすぎていた佐藤寅雄は、搭乗を拒否されてしまい、

「娘さんの結婚式なんです。 どうにか乗せてあげてください。」と懇願する晴。

だが酔いすぎている客を乗せるわけにはいかないのだ。

倫子は 「セカンドベストを探しなさい」 と 厳しく晴に告げる。

line000001
寮に戻ってまで、佐藤寅雄の心配をする晴

同期の訓練生たちは、晴の態度にあきれる。


諸星は そんなに乗客が心配ならパイロットよりグランドスタッフのほうが
むいているかも と 晴に。

悩んだ晴は千里に相談に行く。
千里はこっそり 倫子に言われた笑顔の練習をしていた。

晴は、事情もわからず、
「わたし おかしいのかな? グランドスタッフの仕事をしているときは
正直パイロット訓練生だと忘れている」 と うちあける。

千里は普通は多かれ少なかれ 焦りってもんがあって
自分だって 今日倫子に指摘された 笑顔の練習までして
出来る限りのことはやるつもりだ と告げる。

line000001
寮のかのこに 国木田は6人の様子を聞く。

「いい子たちよ」 とかのこ(藤澤恵麻)

国木田も訓練生の時は、焦って寮に戻れば同期の仲間とけんかした思い出がある。
あの6人はおとなしいほうだ・・・と国木田

ほんとうは逃げているんだと国木田
飛ぶことより簡単だと思っていた地上勤務に手も足も出ないから。
これはやる必要のない仕事だと思い込んで言い逃れして必死で逃げている。

「あのひと(弦太)もそうだったのかな?」 とかのこ

「いや、弦太は落ち着いたもんだったなぁ。」 と国木田



line000001
翌日も笑顔で地上勤務にはげむ訓練生たち。

帰りながら、あこがれの飛行機をみつめる晴。

国木田教官は そんな晴に声をかける。

晴は 「みんな焦っていて、一日も早く飛びたくてうずうずしながら
グランドスタッフの仕事を頑張っているわけです。」
と 答える

「おまえ 何言ってるんだ? 不安なんだろう?」 と国木田

「私・・・パイロット訓練生としての自覚が足りないみたいです。
みんな焦っているのに・・私・・まだ・・」 と晴

「焦る必要ねぇよ。焦ったって飛べねぇんだから。

飛ぶには何が必要だ?」 と 国木田

答えられない晴

line000001

翌日もまた、グランドスタッフとしての訓練が続く

岸井の彼女すず(桜庭ななみ)は、岸井がパイロットになるのを反対していたが
今はもう認めている。訓練が始まったらしばらく会えないのも承知している。

同期の山田一男は、すずをかわいいといいながらも自分の狙いは倫子だと岸井に告げる
倫子のきつさがたまらないという。

そんなとき、乗継のお客様が遅れていて、明日の便に振り替えることになった。
訓練生は帰っていいと言われたが、
晴は納得できない

倫子は今日は乗継便がなく、それにお客様の中には高齢者もいることから
無理はさせられないと判断した。

「でも旅行の予定が一日でもずれたら、それだけで台無しです」と 晴

「そんなことわかってるわよ。コントローラーにかけあってみたけど
10分しか余裕がないの。それじゃ間に合わない」 と 倫子

すこし遅らせることで、何千人ものお客様に迷惑をかけることになると
倫子に言われ、千里と帰り始めた晴だったが

ゆったりと楽しそうに羽田に着いたお客様を見て
晴は倫子の所へ駆け出し

「やっぱりセカンドベストってベストじゃないですよね?」と 晴

「はぁ?」 と 倫子

「絶対間に合わせます」 と 晴

あきれて席を立つ倫子

千里は倫子に、晴を連れて帰るように言われるが

晴に パイロットになったら笑顔のお客様を乗せたいと言われ

千里も晴に力を貸す。

帰りかけていた訓練生たちも戻って来、

お客様に 明日の便に とお断りしていた倫子の前に
晴が来て

「ご案内します」 と 言う。

倫子もなんとかして、乗せてあげたいという気持ちは一緒なのだ。

乗継の時間は 10分しかない。

移動の途中、トイレに行きたいという老婦人キヨ

どう考えても間に合わないが 晴は引き受ける

トイレから出てキヨは膝が痛くて歩けない。

機長の国木田は、また晴の仕業だと知って ためいきをつくも
最大限待ってくれる。

晴は、従業員を運ぶバスをヒッチハイク
地上経由でキヨを ゲートまで運ぶ。

無事に全員乗継できたが、

倫子は千里と晴を呼びつけ

「結果オーライじゃすまない。時間の遅れをパイロットが
取り戻そうとしたとき大きな事故につながることもある」と
厳しくしかる


晴がクビになるかもしれないという諸星
だが晴が気になる岸井は かばうが

すずは見逃さない

「気になる子でもできた?」 と 問い詰める




line000001
一緒に帰りながら、 無茶するなと晴に言う千里

「でも小田さんが走りだした時、私うれしかった。
ホントは怖かったし、一緒でよかった。」と 晴


「またおごってもらうからね、小腹すいたとき用のパン」
と 千里

「 ありがとうだって・・・あのおばあちゃん。
今日やっと思った。 私が飛んで運びたいって。
酔っ払いの寅雄さんとか、あの乗継のおばあちゃんとか。
いろんな人乗せるんだね、パイロットって。」

「今頃わかったの?」 と あきれる 千里

「うん、やっと実感わいてきた」 と 晴

「やっと?」 と 千里

「うん、やっと!」

続く


 只今無料 お試し中!!家庭でできる岩盤浴、テラ鉱石ブレスレット

ショップチャンネル











トップへ

ドラマのあらすじ、ネタバレを詳しく書いております。応援のメッセージありがとうございます。
管理人、ジェニの日常のことは つぶやきで! 

都筑区の情報はこちらからお入りください。
コメントは記事に関係なくても大歓迎です。足跡残してくださいね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 単発ドラマ /ドラマ毎週 /最近見た映画 /韓流ドラマ /海外ドラマ /昼ドラ /バラエティ番組 /つぶやき /管理人ジェニのこと

半沢直樹 最終回 あらすじ ネタバレ

半沢直樹 面白いドラマでした。 堺雅人さんの 10倍返しだ!のせりふのキレがよく
毎回窮地に追い詰められながらも、クリアして上り詰めて行く半沢を応援していました。


でも・・・・


最終回の 皆さんの反応です。

― 最終回について

・結局、出向させられなきゃならんのか?
・後味悪かった…続編早めにやってー(涙)
・すっきりしませんでしたね。
・大和田の処分軽すぎ(汗)
・頭取!お前もか!
・出る杭は打たれるのね。リアル(涙)
・銀行だけは絶対就職したくない。
・サラリーマンが夢なくす。
・頭取と近藤だけがおいしい思い?
・続編で頭取に1000倍返しして欲しい!

Twitter上では、最終回の放送終了直後に視聴者たちが「出向???」という結末を疑問視する趣旨のツイートを大量につぶやいたことから、原作者の池井戸潤・個人事務所「オフィスIKEIDO」は、オフィシャルTwitterにて、放送終了直後に「す…、すみません…、原作どおりです」とコメントした。


私もね、ちょっと中野渡について、あまり人物描写がされていないな・・とは思いながら
見ていましたが、最後にきて 一番のワルが 中野渡だったとは・・

あとあじ悪い最終回でしたね。
原作は読んだことないし、想像するに、銀行内部のドロドロしたものを描きたかったのなら
小説でこんな最後だったら、 

まさか・・こんな最後が待っていたなんて! と逆に感動したかもしれません。

つまりは、どちらの味方ともはっきりしなかった中野渡が
最後に本性を現し、自分を追い落として頭取の椅子に座ろうとした大和田を
自分の味方にすることで勢力をのばし、逆に 内部の悪をとことん あばき
銀行員がただしい銀行員であろうとした 半沢直樹のような人物を
利用するだけ利用し、だが、こんな半沢を取締役などに近づけると
今度は取締役全体が、悪を暴かれるかもしれない ・・・ ということなんでしょうね。


でも ドラマでは やっぱり 大和田に100倍返しで終わって駿河学お父さんの
お墓詣りにでも行って、「おやじ、かたきはとったぞ・・」 的な
ハッピーエンドでよかったのでは?

こんな消化不良のラストで終わったら、続編を作って中野渡をぎゃふんと
言わせるしかありませんね。


 只今無料 お試し中!!家庭でできる岩盤浴、テラ鉱石ブレスレット

ショップチャンネル











トップへ

ぴんとこな 第一話 あらすじ ネタバレ

ぴんとこな 第一話 あらすじ ネタバレ

歌舞伎の演目『春興鏡獅子』で主役の獅子の精(弥生)を演じるのは、
歌舞伎界のプリンス河村恭之助(玉森裕太)。

歌舞伎の名門・木嶋屋の御曹司で
声よし顔よし姿よしで、女性達の人気を博している。

恭之介を見ながら、「食べてしまいたい!」 という奥様方をにらむ一人の女子高生。

舞台を終え、チャラチャラとした恰好で出て行く恭之介に挨拶する
澤山一弥(中山優馬)。 だが恭之介は気にも留めず
「ま、がんばって!」 と声をかけ
表に出ると


「恭様~ 恭様!!」 と女性達の声とプレゼント

いつもの光景に、ハイハイと受け取る恭之介

すると一人の女子高生が前に出てくる。
恭之介と同じ学校の制服。

「そうか制服でアピールってわけか? で名前は?」
と 恭之介が女子高生の肩に手をかけると

えいや! と 女子高生は恭之介を背負い投げ

「大好きな演目だから、バイトしてお金貯めて見に来たのに、
お金返せ! 時間返せ!」 と 怒鳴って行ってしまった。


ichogo1.gif

その頃、客がひけたあとの舞台を眺める澤山一弥(中山優馬)
澤山一弥(中山優馬)に声をかける澤山梢平(松村北斗)

澤山梢平(松村北斗)は、御曹司というだけで演技もへたなのに
主役をはれる恭之介に嫉妬し、養成所上がりの自分たちには
無理な世界だと言うが、

澤山一弥(中山優馬)は絶対夢の舞台の真ん中に立ってみせると誓う。

ichogo1.gif

恭之介とファンの女の子と恭之介の友達の春彦(ジェシー)はプールへ行って大騒ぎ。

恭之介は稽古もしないで遊びほうけている。 どうせ帰ったら父にまた
ガミガミ言われるに違いない。


恭之介は、御曹司として幼い頃から大きな期待を背負い、
どんなに努力をしても
父親であり師匠でもある河村世左衛門(岸谷五朗)に認めてもらえないことから、
歌舞伎に対する思いが冷め、稽古をさぼり、舞台も手を抜いてしまうようになっていた…。

稽古をサボった恭之助を世左衛門は叱責、口論となる。

“好きでこの家に生まれた訳じゃない。この家と自分のメンツを守ることしか頭にない親父なんか、
ウンザリだ”と言い放った恭之助。

恭之介の母が危篤の時も、父は舞台に穴を開けられないと
危篤の母を置いて、舞台に戻って行った。 そんな父を恨んでいた。

ichogo1.gif
翌日、恭之助は昨日自分を背負い投げした女子高生と再会する。
名前は千葉あやめ、貧乏で学校の片隅で畑を作っていた。

何食わぬ顔のあやめに文句を言おうとするが、
「河村くんの芸は、逃げてる芸。見る人の胸に響くものはなかった」と
再びキツいダメ出しを浴びてしまう!

そこで恭之助は、あやめには大好きな歌舞伎役者がいることを知る。

ichogo1.gif

その日、恭之助は稽古に参加するも、
厳しい指導についていけず鬼師匠・松吉(髙嶋政宏)に怒鳴られる。
それを見ていた澤山梢平(松村北斗)ら若手たちに馬鹿にされ、
その美貌と技量でメキメキと評価を上げている澤山一弥(中山優馬)には、
「恭之助さんの鏡獅子、拝見しました。…でも、とてもガッカリしました。
子供の頃、あなたの歌舞伎を見て衝撃を受けましたが、今は何も感じない」
と吐き捨てられてしまう。

昨日のあやめといい、今日のこの澤山一弥(中山優馬)といい
そして鬼師匠松吉の叱責・・ もう落ち込むしかない恭之介だった。

そんな恭之介を見て、澤山一弥(中山優馬)は、松吉に
「もう少しいい役をつけて頂きたい、チャンスを頂きたい!」
と願い出ると、 頑張っているのはわかるが分をわきまえろと
厳しい言葉が帰ってくる。 努力だけで這い上がれる世界ではない。
また、いくら名門の出でも、努力なしに頂点を保ち続けられる世界でもないのだ。

ichogo1.gif

稽古場を出た澤山一弥(中山優馬)を澤山家(轟屋)の一人娘、優菜が待ち構えていた。
その様子を見て、佐賀田完二郎(山本耕史)は すべてを察知する。
轟屋には跡取りが居ない、あんなに上を目指している澤山一弥(中山優馬)が
もしも一人娘の優奈と結婚すれば、轟屋の名跡を継ぐのも夢ではない。

ichogo1.gif

実は、あやめの好きな役者は、この澤山一弥であった。
小学生の頃、あやめが一弥に歌舞伎を教えたことで心を寄り添わせたが、
あやめの父が事業に失敗し、離ればなれになっていた。
それから10年。“トップの歌舞伎役者になったら迎えに行く”と、
一弥に告白されたことを信じ、あやめはずっと一弥を想い続けてきたのだ。



一方、一弥は歌舞伎とは無縁の家に生まれたため、主役の座をつかむ糸口を見つけられずにいた。
しかし、一つだけ道は残されていた…。

弟子として入門した轟屋の総帥・澤山咲五郎(榎木孝明)の一人娘・優奈(吉倉あおい)は
一弥に恋をしているのだ。
世襲制が残る歌舞伎界ゆえ、彼女と結婚する者が轟屋の名跡を継ぎ、
数々の舞台で主役を務める立場を手に入れることになる…。
「頂点を目指す」という野心に燃える一弥は、
後ろ盾を手にするために優奈の思いを受け入れる…。

ichogo1.gif

そんな時、あやめと恭之助の間にも変化が。
恭之介が凹んで歩道橋を歩いていると、向かいから自転車に乗ったあやめが
全速力で走ってきた。 どうやらブレーキが効かなくなったようだ。

このままいけば激突すると思った恭之介は、あやめの体を
抱き寄せて身を挺して救う。

自転車は大破してしまったが、あやめは無事だった。
気が付くとそばに恭之介が倒れている。

「河村君!」 と名を呼び、走って行ってしまう千葉あやめを見て
恭之介は、みんな自分を置き去りにする・・・と落ち込んでしまった。

だが、しばらくすると恭之介のおでこに、あやめはハンカチを乗せ
「ごめんね、遅くなって。携帯も持ってなくて、公衆電話も遠くて
今救急車来るからね。 私、ちょっと救急車誘導してくる」
と 言ってくれたあやめ。

走って救急車の誘導に行こうとするあやめの腕をつかみ
抱きしめ、「そばに居てくれ・・ひとりにしないでくれ」

と強く抱きしめる。 「はい・・」 と あやめ

(嵐の大野くんは多分ショックだと思いますね。川島海荷ちゃんのこと
すごく妹みたいにかわいがっていましたからね、怪物君で共演してから
そのあと嵐にしやがれで共演したとき、海荷、海荷って言っていましたから)
*あくまで管理人の個人的見解です

病院で気づく恭之介のそばにずっとついていてくれたあやめに
素直に ありがとう という恭之介。

一人で暮らしていて、貧乏なのに明るいあやめに
「寂しくないのか? 」と聞くと

「大好きな歌舞伎があるから」 と答えるあやめ・。


病院を出て帰る途中、
あやめに「あなたには華がある、
必ず歌舞伎界を引っ張っていく人になる」と褒められ、
すっかり舞い上がり、恋に落ちる恭之助。

「あいつ、俺のこと好きだったんだ・・

あやめ~!」 と ベッドで叫ぶ

恭之介が あやめ と叫んだ声は下まで届いていて
家政婦のシズは 恋の予感と・・

ichogo1.gif
翌日、けがをしているのに、なぜかうれしそうな恭之介
そしていきなり稽古に励むと言い出す。

一方、澤山一弥(中山優馬)は木嶋屋に稽古に行くという。


ichogo1.gif
あやめは、学校でかつあげされている澤山優菜を助ける。

「もっと強くなれ!」 という あやめ

「どうしたら?」 と聞く優菜

「大切な人のことを考えると超力が湧いてくる」 と言うあやめ

あやめの大切な人は澤山一弥(中山優馬)、そして優菜も。

バイトに向かうあやめを待ち構えていた、恭之介
次の公演のチラシを見せて、見たけりゃチケットを取ってやると
言う恭之介
チラシの一番最後に澤山一弥(中山優馬)の名前を見つけたあやめの目は
輝き、 「行きたい!」

「おう、。じゃチケット取ってやるよ!」 

「じゃ、お願いね、私、バイトあるから」 とあやめ

あやめともっと一緒に居たい恭之介は
「俺んちに 稽古見に来いよ」 と言ってしまう。

子どもの頃、亡くなってしまった母親がよく歌舞伎に連れていってくれたことから
歌舞伎の華やかな世界がおとぎの国に見えて、はまってしまった
というあやめ

名門、木嶋屋の稽古場を見たくないわけがない。
いそいそと一緒に向かう。
その様子を見て、春彦は 「そういうことか!」 とすべてを理解する。



ichogo1.gif
木嶋屋に着き、稽古場に案内すると、そこには澤山一弥(中山優馬)が
しかも完二郎が演じるお軽の役を演じていた。

目の前の澤山一弥(中山優馬)を見て、固まるあやめ。
そして澤山一弥(中山優馬)。

あやめはいきなり外へ駆け出し、恭之介はそれを追う

「おまえの好きな役者って澤山一弥(中山優馬)か?」

「うん、小学校の同級生が歌舞伎やってるから応援してるだけ」

「それにしちゃ、派手なリアクションだな。 まさか初恋の相手?」

「一番の歌舞伎役者になるって、そしたら迎えに来るって。
でももうとっくにむこうは忘れてるだろうけど」と あやめ

「まさかずっと思い続けてるわけじゃねえだろうな?」

「そんなことあるわけないじゃん」 とごまかしたものの
あやめは バイトに行くと言って走って行ってしまう。

一人になり 「ヒロ君・・」 と涙ぐむあやめ


ichogo1.gif
家に戻った恭之介は澤山一弥(中山優馬)がお軽を演じて
なかなかのものだったと父に告げられ・・


ichogo1.gif
あやめは、稽古場で会った時の澤山一弥(中山優馬)の冷たい目を思い出す。
子どもの頃もらった、なでしこの花。 押し花にして今も大事にしている。

「追いかけても来なかった・・ヒロ君」

子どもの頃の別れを思い出す。父の仕事の失敗のせいでわかれなければならなくなり
泣くあやめに、一番の歌舞伎役者になって迎えに行くから頑張れと言ってくれたヒロ君

バスが来て、あやめは歌舞伎役者の人形をヒロ君に手渡す。
ヒロ君はそばに咲いていたなでしこを手折ってプレゼントしてくれた。

以来、ずっと大切にしてきたナデシコ。

「ヒロ君・・・私のこと忘れちゃったの?」

ichogo1.gif
一方、一日も早く頂点に上り詰めたい澤山一弥(中山優馬)は稽古をしている。

優菜が 「弘樹、聞いて!」 と飛び込んでくる。

優菜はカツアゲされそうになったら、先輩が助けてくれて
強くなるには大切な人のことを考えればいいと言われたが


「弘樹は 私のこと、考える?」 と優奈

「もちろん」 と 弘樹

「弘樹とはずっと一緒に暮らしてきて、家族以上だけど時々
弘樹のこと何も知らない気がしてて怖くなる。
弘樹・・ずっと一緒だよね?」と 優菜

「はい・・」 と答える弘樹(澤山一弥(中山優馬))の目は
どこかうつろ・・

ichogo1.gif
学校で、恭様と騒がれ続ける恭之介

チケットをあやめに届けに来たが、あやめは居ない。
あやめは校門のところで初恋の相手を待っているという。

彼に会った時制服だったから、彼がこの学校の生徒だとわかって
迎えに来てくれるかもしれないとずっと待っているらしい

それを聞いて校門に向かう恭之介

「そんなに会いたきゃ、自分から会いに行けばいいじゃん。
なんなら俺が会わせてやるよ」 と
恭之介はうじうじしているあやめにいらだち 手を引いて行こうとすると

「やめて!河村君みたいに恵まれた人にはきっとわからないよ。
本気で悩んだことも苦しんだこともないでしょ!
だから河村君の芸は胸に響かないんだよ。
私だってわかってるよ・・
会いに来るわけないって・・・
わかってるけど
私にはヒロ君との約束だけが支えだったの。
一番の歌舞伎役者になったら、きっと会えるって信じて、
だから一人でも頑張って来れたの。

彼がくれたこんな花が私には宝物で・・
むこうはとっくに忘れてるのに・・
ホント、バカみたい・・」
あやめは 走っていってしまう。

落ち込んだ恭之介は些細なことから、大勢と喧嘩になり
顔を殴られそうになるが、助けたのは澤山一弥(中山優馬)

「助けてもらわなくても!」という恭之介だが

「別に恭之介さんを助けたわけではありません。
顔は歌舞伎役者の命ですから。
恭之介さんにはベストな状態でいていただかないと、
言い訳されても困りますから。」 と 言い
去って行こうとする澤山一弥(中山優馬)に

「待てよ。おまえ、千葉あやめと幼馴染なんだろう?
なんで会いに行ってやらねえんだよ」 と 恭之介

すると澤山一弥(中山優馬)は 笑って
人の心配をしている場合か?そんな暇があったら稽古でもしろ、
僕との差が開かないように。 と言う

むかついて
「おまえのその バッカみてえな自信はどっからくるわけ?」
と 恭之介

「努力してきましたから。
やみくもに身の程知らずな発言をするほど、僕はおめでたくはありません。
あなたが名門の御曹司という立場にかまけてなまけている間に
僕は血のにじむような努力をしてきた。

名前しかないあなたに、絶対に負けたくはないんです。」
澤山一弥(中山優馬)はそう言って走って行った。

ichogo1.gif
恭之介は学校をやすんで稽古に集中することにした。

「どうしても負けたくない相手がいる」と 春彦に。

ichogo1.gif
学校でずっと思い続けていたヒロ君への失恋で落ち込むあやめ
友達に恭様にしたら? と言われ、そういえば
すこし言い過ぎたかも・ ・ と思っていたあやめに
いきなりなでしこの花束が届く

カードには
「ずっと君を思っている ヒロキ」 と書いてあった。

恭之介を探し、澤山一弥(中山優馬)の連絡先を聞きたいが
恭之介は休んでいる。



ichogo1.gif
稽古場で恭之介と澤山一弥(中山優馬)の火花が散り
鬼吉松も、少しは見られるようになってきたなと、認める。

稽古終わりに、恭之介は澤山一弥(中山優馬)を呼び止め

「本番楽しみにしてろよ、俺が名前だけじゃないってことを
見せてやる。 それと俺は千葉あやめを好きになったから
あいつに認めてもらう男になる。 わざわざおまえにいう事でも
ないけどな」 と 恭之介

それを聞いても全く動揺しない澤山一弥(中山優馬)

ichogo1.gif
木嶋屋に戻り、稽古場で父の稽古を見る恭之介

あまりの迫力に見とれてしまう恭之介

恭之介が稽古場で公演の稽古をしに来たことから

「やっとやる気になったか・・バカ息子」 とつぶやく河村世左衛門

ichogo1.gif
シズに肩をもんでもらいながら、かわいげのない息子だという世左衛門

だがシズは、恭之介が生まれた時、跡継ぎが生まれたとみんなが喜ぶ中で
世左衛門だけが ぽつりと言ったのを忘れられないという。

「この子はうちに生まれてきたことを幸せに思ってくれるだろうか」

結局、自分と同じように名門木嶋屋の名跡を継ぐということは
そうとうなプレッシャーに違いなく、子供の未来を案じたわけだ。

ichogo1.gif

毎日毎日、あやめにはなでしこの花束が届いた

「君にしあわせが 届きますように ヒロキ」 と書いてある

毎日花束が届くあやめは、みんなにうらやましがられ
春彦に恭之介のことを聞くと

「お前が悪いんだよ。お前が無神経なことズケズケ言うから
学校来るの嫌になったんだよ。自殺でもしたらおまえのせいだからな」
と おどかされびっくりするあやめ

木嶋屋に来てみるが、チャイムを押す勇気がない

シズが帰ってきて勝手口を開けてくれる、忍び込むあやめ

すると誘導されるように稽古場が見えた

頑張って稽古している恭之介の姿に安心するあやめ

するとアラームが鳴り、恭之介は花屋に電話をする
ナデシコのアレンジメントで、メッセージも添え、
最後にヒロキ と告げ、

「さぁ、やるか!」 と また稽古

「河村君・・」 あやめは恭之介の優しさにふれる。

稽古中の恭之介にシズが同級生が会いに来ていると告げる。

どうせ変なおっかけだろうから適当に追い返して と恭之介

「いいんですね? 千葉あやめ って子ですけど」 とシズ

あわてて外に出る恭之介

あやめは様子を見に来たと言い、この前言い過ぎたことを詫び

「お花・・・ありがとう」 と言う

とぼける恭之介に

「って、ヒロ君に伝えといて」 と あやめ

そして
「私、やっぱり河村君はすごい人になると思う。」
と 笑顔で言うあやめ

帰って行くあやめを追いかけ、明日の公演のチケットを渡し、
「明日の公演来てくれ、っていうか見て欲しいんだ。
今度は絶対がっかりさせないから」 と 恭之介

あやめは喜んでチケットを受け取る。 澤山一弥(中山優馬)のためでなく、
恭之介の舞台を見に行くのだ。

ichogo1.gif
そのころ澤山一弥(中山優馬)は、明日の舞台を控えて
お守り袋を手にしていた。中には多分あやめが作ってくれた人形が。

優菜が入って来たのであわてて隠す。

「弘樹のためならなんだってするからね」 という優奈

「ありがとうございます」 という弘樹だが・・


ichogo1.gif
あやめは、明日の舞台を見に行く服がない。
やはり制服・・

ichogo1.gif
公演当日

春彦もシズと一緒に来ている。あやめも、やはり制服だ。

恭之介は落ち着かない。

弟子に 「気合入ると、こんなに緊張すんのか?」 と聞いて

「今までなんだったんすか?」 と言われてしまう。


気分転換に表に出ると、お軽をやる予定だった完二郎が
ぎっくり腰に。 代役が居ない・・

すると澤山一弥(中山優馬)が名乗り出る。
一蹴する吉松に対して、世左衛門は自分が責任を取るといい
やらせてみることに。


動揺する恭之介に 世左衛門は 初めてアドバイスを。

「完璧に準備できてるなら、相手が誰であろうと関係ないはずだ」

場内アナウンスが流れ完二郎の代わりに無名の澤山一弥(中山優馬)が演じると聞いて
怒って帰るお客も。

幕が開き、恭之介は 「俺とお前の勝負だ」 と澤山一弥(中山優馬)に。

仮名手本忠臣蔵 道行旅路の花聟


勘平役の恭之介も お軽役の澤山一弥(中山優馬)も 美しい。

恭之介は勘平の役を自分に重ね合わせる。
≪舞台に出てさえいればいい、どうせ誰も自分の演技なんて見ていない・・そう思っていた
自分をごまかして、いつも逃げることばかりを考えていた
けどもう今までの俺とは違う。
こいつにだけは負けるわけにはいかないんだ!≫


一方澤山一弥(中山優馬)は
≪僕は今舞台の真ん中に立っている。 この日のために必死で努力してきたのに
何だ・・この舞台を覆い尽くすような静けさは。・
僕は・・・ ダメなのか・・・≫

澤山一弥(中山優馬)が あきらめかけたら

「轟屋!」 の声がかかり 大拍手が起きる。

「ヒロ君 やったね」 と あやめ

≪このままじゃ終われねえ! ≫ 次は恭之介の見せ場だ。


≪俺は何があっても この世界で生きていくことを選んだんだ≫
見得を切る恭之介に 大拍手が起きる

≪河村君には華がある、きっと歌舞伎界を引っ張って行く人になる≫
あやめのことばを思いだし

≪見てろよ、これが河村恭之介だ!≫ と見得を切る恭之介

「木嶋屋!」 の声が飛ぶ

拍手の嵐

お軽と勘平は手に手をとって花道をはけて行く

鬼の吉松も

「一弥めよくやりましたな」と 褒める。


ichogo1.gif

恭之介と澤山一弥(中山優馬)はシャワーを浴びながら

今日は引き分けだが頂点に立つのは自分だとお互いに言い張る。

そして、澤山一弥(中山優馬)は

「わざわざいう事でもないですが、
僕は今までずっとあやめちゃんを思い続けて来ました。
そして、今日、どんな形にせよ舞台の真ん中に立つことができたから
今日からあやめちゃんは僕の物です」と 宣戦布告し

あやめを探す

あやめを見つけ 「あやめちゃん!」 と声をかけ
にっこり笑うヒロ君

「ヒロ君」 とうれしそうなあやめ。

落ち込む恭之介  

続く

【ショップ・スター・バリュー】毎日0:00~本日限りのお買い得商品をご紹介♪



ジャパネットたかた メディアミックスショッピング

 只今無料 お試し中!!家庭でできる岩盤浴、テラ鉱石ブレスレット

ショップチャンネル









トップへ

Amazon

QRコード

QR

お世話になっているサイト様

 お世話になっているフリー素材サイト様  Special Thanks
 ● Candied様
 ●素材屋カララバ様
 ● Angel様

フリー素材 POMO様
イラストポップ様働く人のイラスト
ハートのラインなどかわいい素材をお借りしています。 素材のプチッチ様

最新コメント

アクセス解析