スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の日はさようなら

とある地方都市に住む富士岡耕太(大野智)には、これといった取り柄もなく、
情熱を捧げているものもない、そんなどこにでもいる普通の青年。
普通といっても人並みに悪さもした、遊びもした、大学は中退した・・・
そんな片田舎の普通の青年。
いつも見守ってくれている頼りになる父親の富士岡健二郎、手料理で家族の健康を管理する
心優しい母親の富士岡康子、家族のムードメーカーである姉の富士岡小春という、
温かい家族に囲まれてただ、なんとなく生きてきた、ごく普通の青年。

そんな耕太だったが、ようやくやってみようと思うことができた。
それは、料理。
美味しいものを作ってみんなに食べさせてあげたい。
耕太は、見習いコックとしてレストランで働き始めた。
就職をして、恋人の田辺絵津子とも順調に交際を進めていた、そんな矢先の出来事だった。
耕太は突然倒れ、病院に運ばれる。

医師の村山によって宣告された病名は、悪性リンパ腫。つまり、血液のガンだった。
―――ガンって何だっけ?
実感のなかなかわかない耕太だったが、それを機に耕太と家族の生活は、一変した。

想像を絶する治療に、耕太と絵津子、そして耕太と家族との間に、
微妙な距離感が生まれていく。
自分のせいで大切なものが壊れていってしまう―――。

つらい入院生活の中で、耕太に訪れる出会いが、耕太と彼の周りの人々の人生を変えていく。

ひとりの青年、原田信夫。幼い頃から発病し、人生のほとんどを病院で過ごし、
そこで様々な死を見つめてきた、義足の青年。
毎日、病院の屋上で不思議な体操を続けるひとりの男、呼吸さん。
ひとりの女性、大久保由里子。カウンセラーとして病院で働くが、どこか影のある、女性。
そんな出会いの中、耕太の中で何かが変わっていく。

そして、耕太はつらい抗がん剤治療に耐え、ガンに勝った。

しかし、再発。―――余命、三か月。

健二郎は「大丈夫だ」と力強く励まし、康子は愛情込めた手料理を作り、
小春は笑顔を絶やさず、家族は必死に耕太を支え続けた。

命の期限を知った耕太は「ちゃんと生きて、ちゃんと死ぬ」ことを決意する。


「ちゃんと死ぬ準備が始まった」

「最後までいい時間が過ごせるように」

「急にごめん」

「ごめんなさい、ほんとにごめんなさい」

「ありがとね」 


「なんで? 私こうちゃんから逃げたんだよ?」

「俺だってえっちゃんから逃げてたからさ
えっちゃんを追いかける勇気がなかった。
えっちゃんが居てくれて ほんとうに助かった。

どうしても 言っておきたくて」

桃を手に取り

「もらっていい?」


「うん・・・」


「さんきゅ・・じゃぁね」

去って行く耕太の後姿を見送る絵津子(木村文乃)

父と母と姉に手紙を書く耕太
『父ちゃん、母ちゃん、ほんとうなら俺が二人の面倒を見なくちゃ
いけないんだけど、ごめんね


父ちゃんはかあちゃんの健康管理をしてあげること
かあちゃんは父ちゃんの健康管理をしてあげること

父ちゃんは母ちゃんと仲よくすること。
母ちゃんは父ちゃんと仲よくすること。

ねえちゃんへ
今までよくしてくれたのに、期待に応えられなくて・・ごめん。

最高のねえちゃんです。


ボンへ 
みんなを守ってあげて。 いたずらはほどほどに

とにかくみんな仲良く幸せになってください。
今までほんとうにありがとう。
体だけは気をつけて。
じゃぁね。』


耕太はその手紙をカウンセラーの由里子に自分が死んだら
家族に渡して欲しいと託す。

そして自分があっちへ行ったら 彼に何か伝えようか?
と耕太が聞くと

「ない! 私のこと忘れて死んで行った人に伝えたいことなんて
あるわけないじゃない。 辛いよ。
私は一生忘れることなんて できないのに。
ずるいよ。

だから あいつに言ってやって。
私は意地でも元気に生きるって」


「ああ・・」




「今日はどうしても料理を作りたいんです。」

「痛みは?」


「少し・・・」

「無理をしないほうがいい」


「親の結婚記念日なので、料理を作ってお祝いしたいんです。」


「わかりました。痛み止めの強いのを増やしておきましょう」


「ありがとうございます」

料理を作りながら
自分がいなくなったあとのこの家族のことに思いをめぐらせる耕太

姉が結婚して子供を産み、両親は孫ができる。
そしてその孫が結婚してひまごができる。
それが俺の一番の望み・・と。


おいしそうに料理を食べる家族



「母ちゃん・・あのさ お願いがあるんだけど・・」
耕太はそう言って

母と父の間で眠った
その耕太のほほを、髪をやさしくなでる母
見守る父



ついに食べられなくなった
だんだんわからなくなってきた。
寝ているのか起きているのか?
生きているのか? 死んでいるのか?
俺は この管で生きている。
できることは息をすること、そして排泄

そのことを思い、にっこりと笑みを浮かべる耕太


「何かいいことでもありました?」 と先生

「先生・・これ・・外してください」 と 耕太

「外したら栄養が取れなくなります。それがどういうことか
わかりますよね?」


「はい・・・」


カテーテルを外したらどうなるのか? 痛みが伴うのか 心配する家族に
医師は
「痛みはないように薬でコントロールでき
ゆっくりと意識が混濁していき、おそらくは二、三日で
その日を迎えると思います。」

「お願いします」 と 父

家族が見守る中、カテーテルが外される
別れを告げる姉と母
だが、

いざとなったら父が医師の手を止めた

「外さないでくれ! 外さないでくれ」
と 泣く父を見て

薄れゆく意識の中で耕太は

「だ・・い・・じょ・・うぶ・・」
と つぶやく


父は

「耕太、よくがんばったな。おまえは
中途半端なんかじゃない。
おまえは親不幸なんかじゃない。
このうちに生まれてきただけで
親孝行だ。
ありがとう」 

父に答えて

「あ・・り・・・が と・・う」 と 耕太

もう一度医師に お願いしますと告げる父
号泣する母



呼吸が荒くなっている

駆け寄る母

「先生に電話!」 と 父


先生が駆けつける。


眠るように


何の変哲もない風景
どこにでもある家族

父の 「大丈夫だ」 の声が聞こえる


どこにでもある家族



「晩御飯 何? 」 と つぶやく耕太


「茶碗蒸しよ」 と 母


それを聞いて、耕太は旅立った・・・



由里子は信夫の所へ行き

「亡くなった・・笑ってたって」 と伝える

「そうか・・・」 と 微笑む信夫


信夫は新生児室を覗いて目を輝かせている




父と母への遺言通り、父と母はデートし
姉が耕太のレシピを元に 晩御飯を作っている。


父と母は帰ってきて 晩御飯はちゃんと作れているのか?と
姉に聞く

「大丈夫よ、耕太のレシピがあるんだから」 と姉

「いくらレシピがあっても味までは・・ねぇ?」 と母


そんな様子を見つめる耕太

つぶやくのは やっぱり

「晩御飯 何?」



「死ぬことは終わることじゃない」



【ショップ・スター・バリュー】毎日0:00~本日限りのお買い得商品をご紹介♪



ジャパネットたかた メディアミックスショッピング

 只今無料 お試し中!!家庭でできる岩盤浴、テラ鉱石ブレスレット

ショップチャンネル









トップへ
関連記事

コメント

非公開コメント

Amazon

QRコード

QR

お世話になっているサイト様

 お世話になっているフリー素材サイト様  Special Thanks
 ● Candied様
 ●素材屋カララバ様
 ● Angel様

フリー素材 POMO様
イラストポップ様働く人のイラスト
ハートのラインなどかわいい素材をお借りしています。 素材のプチッチ様

最新コメント

アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。