スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸せの時間 最終回 あらすじ ネタバレ

幸せの時間 最終回 あらすじ ネタバレ

おなかの子を流産してしまった耀子は、おなかの子だけが達彦を
引き止めるすべだと思い、おなかに詰め物をしてごまかす。

耀子とおなかの子を守り生きていくと決めた達彦のやさしさが、辛く
恐ろしい。真実を知ってしまえば達彦が居なくなる・・
そんな強迫観念にかられ、耀子のとった手段は

良介にわざとつきとばさせ、お詫びに家に呼び
怪しい精力剤を飲ませて、良介に迫った。

わけがわからず、体が熱くなるのを覚えた良介は抵抗できない。

だが、智子が耀子のおなかはにせものだと気づき、家に入ってきて
あわてて止める。

必死な耀子は、それでも服を脱ぎ、良介の子が欲しいとわめく。
達彦を引き留めるすべは、このおなかの子、
流産したとわかれば捨てられる。それよりは良介の子は
達彦の子も同じと 耀子らしい理論で良介に迫ったのだった。

そこへ達彦が帰ってきて、耀子を追い出してしまう。

耀子は花屋の前で倒れこむ

篠田は耀子を店に担ぎ込み、首を絞めて殺そうとしたができなかった。

翌朝、耀子が出て行ってしまったことに不安を覚え、探し回る智子は
花屋に来て篠田に事情を聴く。

さっきまでそこの台で寝かせていたが、朝になったら居なくなっていた・・

そんな篠田の話を聞いて不安でしかたがない智子

浅倉家に家族が集まる。 耀子のことなんてほっておけという香織だが
智子はほっておけないと話す。

家はきしみはじめる。



耀子が包丁を持って現れる。

もうこの世では、達彦と結婚できないと思いつめ
死んで一緒になるのだという。

「あなたを見ていると胸が痛いの。
どうか辞めて、耀子さん」 という智子の悲鳴。

達彦は耀子の前に出て

「いいよ、おまえの好きなようにすればいい。
これからは、ずっと寄り添って生きていこうな」
と答える

「ありがとう・・パパ」

耀子がナイフを達彦に向け、突きさすと

篠田がナイフの前に。

倒れこむ篠田を抱き寄せ、

「どうして・・」 という智子

「あなたを愛していると言いながら僕は自分しか
あいせなかった。 この子の中にも同じ悪魔を見た。

これでやっと解放される・・・」 そう言って
篠田がこときれるのと同時に、家が崩壊し

耀子は柱の下敷きになる。

励ます智子。 達彦も必死で助けてやろうとするが・・・


眼が覚めた智子はみどりの家で寝ていた・・

隣には空いているベッドが。


「まさか智子の家が崩壊するなんてね・・・
ほら、新聞にも載ってるよ。」 とみどり

智子は子供たちが描いた絵も写真もみんな無くなってしまった・・と
言いながら鞄を探す

みどりにパソコンを借りてUSBをつなぐと
そこには智子が家族のために作り続けたお弁当の写真が
たくさん取ってあった。

「見えるよ、このお弁当の中に 家族の歴史が。
浅倉家の思い出が全部詰まっている」 と みどりが言うと

智子は涙ぐみ 「うん・・・」



半年後
料理教室でお弁当の作りかたを教える生き生きとした智子が居た。

佐代子も一緒だ。 料理の得意な佐代子と智子の料理教室は
とても人気だ。

奈津はお弁当の絵を描いて、手伝っている。

香織が来る。奈津が出迎える

香織はバイオリンを持って
音楽クラブに入ったという。 

「奈津さんも来ててくれたの? 姫は? 」

「もちろん居るよ。」 と 奈津は良介との間に
生まれた子を連れてくると
香織はもうメロメロ
「美結たん。元気でしたか?
香織おばちゃんですよ」 


智子はそんな二人にお弁当を託す。


良介は建築現場で働いていた
美結と奈津が弁当を届ける

「良介、美人の奥さん来てるぞ」 とひやかされる良介

美結と奈津を見つけ手をふる

「お待ちかねのママ弁、美結ちゃんがお届けにあがりました」
と奈津

良介は美結にメロメロで顔を近づけるが
汚れた顔を近づけるな、と奈津に叱られ

「チェー、帰ったらチューしまくってやる!」
と良介

良介の作っている家はだいぶ完成されていた。
良介はまだ下っ端の仕事しかできないが
それでもこの家を使う人の顔を思い浮かべて
心を込めて作っていると、前棟梁に言われたように
奈津に話す。

もっと修行して、資格も取っていつか家を
建ててやるという頼もしい良介



香織は矢崎に弁当を届ける。
そこには工場で働く達彦が居た。
智子のお弁当は、達彦の分もあった。

元夫へのやさしい心遣い という香織
香織にパパと呼ばれ、弁当を受け取る達彦



智子は佐代子の家で暮らし、きれいに花を活けていた。

「まあ、きれいお正月用に活けてくれたの?」
と佐代子が言うと

「今日はあの人の月命日なの」 と智子

篠田の身内は誰もお骨を引き取らなかったので
智子は心を込めて、供養をしている。


「あんたとあの花屋さんおかしな縁だよ」 と 佐代子

「確かにおかしな縁だ・・」 と 智子




見舞いの花を持った智子

病院の待合室で待つ達彦

「来てくれてありがとう」 と 智子に

病室を開けると耀子が寝ていた。
耀子は自分の父と同じ植物状態になってしまっていた。
達彦は責任もって面倒をみているようだ・・




見まいが終わりアザレアニュータウンを訪れる智子

≪夢と希望に 胸をふくらませて移り住んだ町で
私達は家族という絆のもろさを知った。

隠していた本音は仮面をはぎ取られるようにむき出しにされ
激しい感情をぶつけあい、傷つけあった。

再生の道を 必死で求め
また挫折しては 傷を深めて
やがて家族は あの家とともに崩壊しバラバラになった。
もう二度と私達が 元通りの家族に戻ることはない。
決して戻れない・・≫

浅倉家が建っていた
良介が居て香織も、そして達彦も居た

≪パンドラの箱に残された希望のように
確かなもの、温かなものが間違いなくあった。≫

再び見ると浅倉家はあとかたもなく消えていて・・

≪ それが 家族を生きた日々の証し
作り続けたお弁当の数だけ積み重ねた幸せの時間





終わり


幸せの時間 キャスト

浅倉 達彦   西村  和彦
浅倉 智子   田中  美奈子
浅倉 良介   上遠野 太洸
浅倉 香織   伊藤  梨沙子

高村 耀子   神楽坂 恵
篠田 俊夫   川久保 拓司

矢崎 修    柳沢  慎吾
矢崎 絵里子  筒井  真理子

耀子役の神楽坂恵さんは園子温の奥さんなのだそうです。

さすがグラビア、ものすごくセクシーです。最初の頃の達彦との
セックスシーンは強烈でした。

  






 只今無料 お試し中!!家庭でできる岩盤浴、テラ鉱石ブレスレット

ショップチャンネル











トップへ
関連記事

コメント

非公開コメント

Amazon

QRコード

QR

お世話になっているサイト様

 お世話になっているフリー素材サイト様  Special Thanks
 ● Candied様
 ●素材屋カララバ様
 ● Angel様

フリー素材 POMO様
イラストポップ様働く人のイラスト
ハートのラインなどかわいい素材をお借りしています。 素材のプチッチ様

最新コメント

アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。