スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤い糸の女 第22話 あらすじ ネタバレ

 赤い糸の女 第22話 あらすじ ネタバレ

森下が厚子を殺そうとし、厚子は重体、森下は殺人未遂で逮捕され
唯美の秘密は運よく外にもれるのをまぬがれた。

しかし芹亜は攻撃の手を緩めなかった。

寺坂を呼び出し、10万円で女を買わないかと持ちかける

10万は無理という寺坂に5万ならどうだと芹亜
必要ないと断る寺坂

「相手は昼間は証券会社に勤めているほんとうにかれんな
お嬢さんなんですよ」 と芹亜

「証券会社?」 と 寺坂

「東都三丸証券の芝支店に。」 と 芹亜

びっくりする寺坂に

「じゃぁ三万でどうでしょう」 と  芹亜

「あの・・芝支店のどこに?」と 案の定くいつく寺坂

「確か彼女は法人課だったと思います」
としらじらしい芹亜


「法人課? 東都三丸証券 芝支店の 法人課?」と 寺坂

まさかと思っている。

「とてもチャーミングな方。
いいわ 一万におまけしましょう
寺坂さんにぴったりの方なんですもの。」 と 芹亜


名前を教えて欲しいと詰め寄る寺坂

だが、じらす芹亜

もしばれたら会社にもいられなくなるしもうすぐ
結婚だというのに それもぱあになるかもしれないじゃ
ないですか と 芹亜は名前を言わなくても暗に唯美の
ことだと言っている。

焦る寺坂

「ええ、二、三日後に、神前で結婚すると言ってましたけど。」
芹亜からこう聞いてもやはり信じられない寺坂

芹亜は今夜7時ホテル直接のお待ち合わせでと
たたみかける。


唯美はホテルで客を待っていた。
真っ赤な襦袢を着て、香水をつけて・・・

ノックの音が・・・

「どうぞ おはいりになって」 とチェーンをはずし
口紅を塗る唯美

ドアが開き、唯美が振り返ると 寺坂だった。

「なんだこれは・・ おい、なんのつもりだ」 と寺坂

「帰って!」 と叫ぶ唯美

「なんてことだ、やっぱり本当だったのか!」 と寺坂

「帰って」 と 言うしかない唯美

寺坂は思いっきり唯美をなぐりつけ

「よくもだましやがったな。
うぶなお嬢さんぶりやがって、自分にはセックスもさせねえで。
堅気のふりしやがって 誰彼かまわず 寝てやがって。
よくもなめたまねしやがったな」 と 寺坂は
唯美を起こし

香水のにおいをかぎ、唯美の襦袢をまくって

「なんだよ、この香水は。 下は裸か!
いつ客と寝てもいいようにしてやがんのか。
てめえは芯の芯まで売春婦じゃねえかよ。
よくもそれで」 と唯美の首を絞める寺坂

「あなた・・あなた」と 唯美

「結婚だと?幸せな家庭だと? 
よくも言えたもんだよ。
花嫁衣装が泣くぜ」と首を絞める寺坂


「許して・・・」

「てめえの顔なんか二度と見たくねえ。
このクソ女!」 と 寺坂は唯美をベッドに押し倒し

一万円おいて帰って行った


生気が抜けた幽霊のような顔をして帰った唯美

顔に殴られた後があると純が言うので、征行と不二子が見に行くと

唯美は泣きじゃくるだけ。

翌日、会社の上司にも媒酌人はキャンセルと寺坂から連絡があり
その足で寺坂は征行のクリニックを訪ね、破談と告げた。
怒りまくる征行

「理由を言え」 と 詰め寄る

「言ってもいいんですか?」と 寺坂


唯美は芹亜に、わざと寺坂をさしむけたんだろうと
詰め寄っていた。

「だったらどうだって言うのよ?」 と芹亜

「やっぱり仕組んだんだわ」と 唯美


「言ったでしょう。最後だから飛び切りのいい客を紹介してやるって。
あなたの売春婦生活の有終の美をかざるのに
寺坂さんほどぴったりの男はいないと思ったの」と 芹亜

「あなたって人はよくもそこまで。」と あきれる唯美

「たった一万よ。
経済的にあまり余裕がない様子だったから おまけしてあげたの。
あなたのこの綺麗な体がたったの1万円。

それでどうだったの? セックスしたの?」と芹亜

「なんですって!」 と唯美

「しなかったの?もったいない、売春婦として結婚相手と
セックスするなんて最高じゃない。
これ以上望めないぐらいめくるめく体験だったのに。」
芹亜のあまりの暴言に

芹亜の整形の顔を思いっきり殴る唯美

さすがの芹亜も顔が壊されてはたまらない

「化け物」 とさらにワインをかける唯美

芹亜は笑い転げ
「いいわよ、それぐらいであなたの気が収まるなら
安いものだわ」という

唯美は力なく椅子に腰を落とし
「どうしてこんなことまでしなきゃいけないの?
私の幸せをぶち壊して何が楽しいの?」と唯美

「あなたに目を覚ましてもらいたかっただけよ。
結婚なんかで幸せになんか なれやしないんだから。
男になんて運命をゆだねたって、ろくなことには
ならないのよ。」

「ほっといてほしいの。私は私なの」

「そうはいかないのよ、私達は切っても切れない
強い絆でつながってるのよ。
運命の赤い糸で結ばれあってるんじゃないの」 と芹亜

「よしてよ、あなたの口から赤い糸だなんて
わからないの? 二度と言わないでって
言ったでしょう?」 と 唯美

「でも私にはそう思えてしかたがないのよ。
考えてもごらんなさい。落とし穴で麻衣子を殺したのは
あなたなんだから。」 と芹亜

「何を言うの?いまごろ」

「だってそうでしょう? 落とし穴を発案したのも
あなただし、穴を掘ったのもあなた。
あなたは徳須とできていて
麻衣子さえいなければってそう願っていたのよ。
あなたなんか私が警察にたれこめば
すぐに後ろに手が回るんだから。」
と脅しをかけ 自分たちは運命共同体だという芹亜

「私はね、あなたに遠い世界に行ってほしくないのよ。
いつも私と同じレベルでいてもらいたいの」
と芹亜

「どうしてなの?どうして私に執着するの?」 と唯美

「わからない? 姫志村。
あなたは姫志村。 私はブタ志村」 と芹亜

まだそんな過去にこだわって復讐したいのかと唯美

復讐なんてそんななまやさしいものじゃないと芹亜

「あなたはずっと綺麗になったじゃないの。
美容整形でとびっきり美人になったじゃないの!」
と唯美


「そうよ、今では私のほうがあなたより綺麗。
容貌もプロポーションも。
あなたが憎くて憎くてたまらなかったのに
綺麗になってみると、憎しみが 愛にかわったのよ。

あなたを 愛しているわ」 と 芹亜

「愛しているならどうして私が不幸になるような
ことばかりするの?」 と唯美

愛してるってことは唯美のすべてを征服したいと
いうことだと芹亜

「あなたって女のすべてを私のものにしたいの。
生殺与奪の権利は私の手の中にある。
あなたを生かすも殺すも私次第。
私の意のままに あやつりたいの
言ってみれば あなたは私の獲物なの。
わたしの所有物なのよ」 と 芹亜は狂っている。

「よしてよ、人間が人間を所有するなんて!」と唯美

芹亜はへこたれない。 これからも一緒に歩んでいきたい
乾杯をしようという。

唯美はとうとうブチ切れる

赤い糸を切ってこれ以上関係ない。
自分の人生に立ち入るなと言い残しかえって行くが

芹亜は赤い糸をまたつなぐ。



翌朝、いつもみる悪夢の意味がやっとわかった気がした唯美

父の征行が部屋をノックし、寺坂の奴が謝りに来たといい
脱税騒ぎで唯美にかまってやれずすまなかったと謝る

「体は大丈夫か?」とやさしい父

しばらく会社は休んで安静にしていろと言い
不二子に何を聞かれても黙ってろよ。とやさしい父


何も言うなよ と 父

唯美は涙があふれる

不二子は文句たらたら。
何があったのか探りだそうとするが、

「何も聞くな。そっとしておいてやれ」と 征行

「破談だなんて世間体が悪いったらありゃしない」と
不二子


征行と不二子は出かけるので、純に唯美の様子を頼んでいく

自殺なんてことはないと思うけど・・と不二子

征行と不二子は帰ってきて唯美がいないことに気づく

唯美は上田に来ていた。


続く





●大島紬を探す



●宮古上布を見てみる







赤い糸の女 主題歌

Kon with 辛島美登里 
愛はどこに






 只今無料 お試し中!!家庭でできる岩盤浴、テラ鉱石ブレスレット

ショップチャンネル









赤い糸の女 キャスト

◎志村 唯美 / 三倉茉奈

横浜市内にある女子大の学生。
実家は都内で美容整形クリニックを経営していて裕福だが、
継母との関係が上手くいかず、家を出て大学の寮で暮らしている。
自分を捨てて若い男と出奔した実母への想いを胸に秘め、
その欠落感から、自分と他人を比較したがる癖がある。
ルームメイトの麻衣子とは親友の仲だが、
家柄も性格も恋人も何もかもが完璧な麻衣子に対して、羨
望と同時に、劣等感とドス黒い感情をくすぶらせている。

◎貴道 麻衣子 / 上野 なつひ

唯美の女子大の同級生で寮のルームメイト。
長野県上田市の資産家令嬢で、素直でおっとりとし、
人を疑うことを知らない。
遠縁に当たるエリート銀行員の徳須麟平という恋人がいる。
唯美の実母探しに協力する。


◎鹿野 芹亜 / 奥村 佳恵
唯美の女子大の同級生で、途中からルームメイトになる。
唯美とは中学校からの同級生で、過去に唯美と比較され、
いじめられたことがトラウマに。
そのトラウマから、全身整形を行い、
完璧なプロポーションと美貌を手に入れる。
母は横浜・山手で高級バー「谷間の百合」を経営し、
自らも野毛の風俗店「アフロディティ」で
アルバイトをすることをなんとも思わない、さばけた性格。
欲望に忠実に生きてきたためか、人の欲望にも敏感で、
その欲望をうまく導き出す才能に長けている。
根底には、唯美への愛憎が渦巻いている。

◎石母田 栃彦 / 加藤和樹
織物作家・琴子の弟子。主に染色を担当。
元外資系の証券マン。全てをお金だけで図る生活に嫌気がさし、
完全自給自足のナチュラリストを夢見て、上田へ移住。コツコツと畑も耕し、
地域の人々からの信頼も厚い。

工房で唯美と出会い、互いに惹かれあっていく。

◎徳須 麟平 / 瀬川 亮
麻衣子の婚約者。貴道家の遠縁に当たる。
結婚したら麻衣子の家の婿養子になる。投資銀行のエリート銀行員。
背も高く、ルックスも抜群、何をするにもスマートで、貴公子のようだが、
その一方で、体を許さない麻衣子に焦れて、風俗通いをする女好き。
後に芹亜からカサノバの生まれかわりだと言われる。


◎貴道 多嶺 /毬谷 友子
麻衣子の母。信州上田に移住してきた唯美に、
麻衣子の部屋を提供し、娘のように可愛がる。


◎貴道 遙香 / 小沢 真珠
麻衣子の姉。偶然、唯美・麻衣子・芹亜・麟平の四角関係の証拠を見つけてしまい、
以来、唯美と絶縁。

◎志村 不二子 / 北原 佐和子
唯美の継母。元々は征行の美容整形クリニックで看護師をしていた。
唯美の母親が男と出ていった後、征行と結婚。
唯美とは折り合いが悪い。


◎志村 征行 / 石田 純一

唯美の父。都内で美容整形クリニックを経営する。
実母を唯美から取り上げてしまったという負い目から、
ついつい唯美に優しくしてしまう。


◎赤木 豊子 / いしのようこ
唯美の実母。唯美が小学5年生の時に、征行のクリニックの税理士と出奔。
その後、男の郷里・長野県上田市でコンサルタント会社を営むが、
間もなく男は死亡。
横浜・山手の店で買ったリアルな創作人形を唯美の身代わりにして、
一人寂しく暮らしていた。エキセントリックなところがある

トップへ

関連記事

コメント

ありがとうございました。

見過ごした番組を、完璧に見れた気持ちになれました。
感謝しております。

ありがとうございました。

また、おじゃまさせていただきます。
ありがとうございました。*\(^o^)/*
非公開コメント

Amazon

QRコード

QR

お世話になっているサイト様

 お世話になっているフリー素材サイト様  Special Thanks
 ● Candied様
 ●素材屋カララバ様
 ● Angel様

フリー素材 POMO様
イラストポップ様働く人のイラスト
ハートのラインなどかわいい素材をお借りしています。 素材のプチッチ様

最新コメント

アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。