スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビューティフルレイン 第11話 あらすじ ネタバレ

ビューティフルレイン 第11話 あらすじ ネタバレ
美雨との生活を続けると決意した圭介

中村産業ではみんなで相談し、美雨と圭介のご飯は中村家で食べ
買い物は千恵子とアカネが協力、仕事は秋生や宗田が
少しずつ分担し、少しでも圭介の負担を軽くしようと
啓介に申し出る。

圭介は申し訳ないと断るが、みんなの気持ち、うれしくて
夕飯だけでも世話になることにする。

美雨は始業式の帰り、小太郎から将来は医者か弁護士か
総理大臣になれとはる子から言われたと聞かされる。

小太郎曰く、大学へ行くにはものすご~く頭がいいか
ものすご~く金持ちじゃなきゃ行けないらしい



秋生は作業場に黒板を圭介のために買ってくる。
いちいちメモを看なくてもいいようにだ。

秋生の気持ちがうれしい圭介


美雨が始業式から帰り、千恵子に

「うちってすご~いお金持ち?」 と聞く

アカネの所に行き
「どうしても早く頭がよくなりたいが
どうしたらいいのか?」 と聞く美雨


美雨は急に猛勉強を始める。

大学に行きたいと圭介に言う美雨。

中村は 「子供なりに気使っていい子にしてなきゃって
思ったのかもな」 と言い

千恵子は
「美雨ちゃんが不安にならないように私達も気をつけなくちゃね」
と。

作業場には秋生が買ってくれた黒板に午後の作業内容が書かれている。


中村家の食卓に圭介と美雨も加わる。

みんなで食べればおいしい。

中村は圭介に豊芝商事の件どうしようかと相談する。

今までの7割の値段でないと、取引しないと言われたらしい。

7割では原価割れ、作れば作るほど赤字になってしまう。

圭介は豊芝商事は今までの付き合いもある大事なお得意さんだから
今回だけ7割でやって、次回からはなんとか8割でお願いしたいと
交渉してはどうかという。 圭介が見積書を作り
明日、豊芝商事に同伴することになった。

夜、がんばって8割の見積書を作成した圭介

翌日、豊芝商事へ納品しに行く中村と圭介
だが、啓介は大事な見積もり書を車の中に
置き忘れてしまう。




小学校では美雨はナイチンゲールの本を読んで勉強している。




豊芝商事との交渉。 8割でなら という圭介

だが、専務に8割ならできるという根拠は何なんだと言われ
見積書を出そうとして、見つからない。
中村が車の中で圭介が見ていたのを思い出し取りに行く。

その間に専務は、
「ベアリングの原材料の仕入れ値は
キロ幾らなんですか?」 と圭介に

「キロ180円で計算しました」 と圭介

すると専務に電話が入り、中座する。
豊芝商事の尾崎と美雨の話をしたのち

専務が戻ってきて
「で? 180円でしたっけ?

(固まる圭介)

いや、キロ180円って言ったじゃないですか?
どっから仕入れているんですか?」 と質問するが

何も答えられなくなってしまった圭介

「だから・・木下さんが仕入れも担当されているんですよね?

どこからいくらで仕入れているか、把握していないんですか?」
と専務


何も言葉が出ない圭介

そこへ中村が戻ってきたが、様子がおかしい。

とりあえず見積書は預かってもらうことにはなったのだが・・・
専務は圭介に対し、不信感でいっぱいだ。

家について、なんとなく交渉がうまく行ったと喜ぶ
中村と千恵子

だが専務から電話があり、取引は当分見合わせるという。

圭介は自分ののせいだと気落ちしている。
美雨はそんな圭介を心配するが・・

夜、アカネと話をして、取引が停止になったのは
自分のせいだという圭介に
もしそうだとしても、そういうことは覚悟の上で
一緒に頑張って行こうと決めたのだからと
励ますアカネ

翌日、宗田と秋生は豊芝商事が亡くなったと聞いて気落ちし、
心配するが、中村は新しい取引先を探せばいいという。


「俺たちには守らなければならないものがある。
こんなことでいちいちしょげてて、どうすんだよ」
と中村

千恵子もアカネも 同じ意見だ。
秋生も宗田も納得


そこへ圭介が来て、昨日の失態を秋生と宗田にも
謝ろうとするが、もうその話は終わったと中村

宗田と秋生はがんばって工場で働く
中村も営業に必死だ。

その頃美雨は図書館で本を読みまくる

古賀医師に 職場のみんなに支えられて
美雨と同居することになったと報告する圭介

古賀医師は、病気がさらに進行した場合、美雨と同居するのか
しないのか、同居しない場合は圭介はどこに住むのか?
5年後の自分を想像し今からできる準備は
どんどん進めるようにと アドバイスする。

美雨は夜寝る前まで本を読んでいる。
美雨を寝かせる準備をする圭介
8歳の美雨は 5年後には中学生になっている・・・

美雨は将来野口英世みたいになりたいと言い出した。
バレリーナもケーキ屋もあきらめて
立派なお医者さんになって、とうちゃんの病気を治すという。

美雨が猛勉強を始めた理由がやっとわかった圭介

古賀医師に海外のアルツハイマー研究チームから
一緒にやらないかとの誘いのメールが来ている。

病院でも古賀の退職の噂が流れているようだ。


圭介は貯金通帳から保険証券、暗証番号などを
中村夫妻に預け、5年後の 美雨の誕生日プレゼントを買いに
出かける。 奈子に中学生の姪っ子にプレゼントするとしたら
何がいいかと聞く。

時計を買おうかと思っている

千恵子のアドバイスで浴衣も見てみる。

アカネには18歳の女の子へのプレゼントを聞いてみる
自分がわからなくなってしまったあとの美雨への
プレゼントをたくさん買う圭介

美雨は千恵子とアカネのお手伝いでハンバーグを
作っている。


圭介はそれぞれの年の美雨にあてて手紙を書き、メッセージを
吹き込む

「13歳の美雨へ・・・誕生日おめでとう。
ほんとうはこんな録音じゃなくて、直接おめでとうって
言いたいんだけど、もしも誕生日を忘れてしまったり
わからなくなったときのために 今録音しています。
中学校はどうですか? 毎日楽しく学校に行っていますか?」

と 心を込めてメッセージを送る圭介

「中学一年生の美雨はどんな夢をもっていますか?」

「美雨にはいつも大きな夢を持ってその夢にむかって
がんばってもらいたいと思っています。
人生には頑張ってもどうにもならないことや
くじけそうになる出来事が、たくさん起こります。
だけど たとえ夢がかなわなくても
夢に向かって頑張ることが大事だととうちゃんは
そう思います。
本当は美雨が困ったとき、くじけそうになったとき
いつも美雨のそばにいて相談にのってあげたいと
思っているけど、多分、いつか 父ちゃんには
そういうこともできなくなる日が来てしまうと
思います。

美雨・・・こんな父ちゃんでごめんね。
だけど父ちゃんは たとえ美雨の誕生日を
祝えなくなったとしても美雨が大好きです。
世界で一番大好きです。
それだけは絶対にかわらないことを覚えておいてください。」

美雨へのメッセージを袋にいれる圭介

古賀は被験者の同行を求められていて
古賀の頭には木下が浮かんでいた・・・

つづく


ビューティフルレイン キャスト
木下 圭介  / 豊川 悦司
木下 美雨  / 芦田 愛奈
勝田 秋生  / 三浦 翔平
中村 富美夫 / 蟹江 敬三
中村 千恵子 / 丘 みつ子
西脇 アカネ  /中谷 美紀
宗田 清    / でんでん
新井 春子   /国生 さゆり
新井 小太郎 / 高木 星来
古賀 豊    / 安田 顕
松山 菜子   / 吉田 里琴






 港北ニュータウン情報 グルメなどはこちらをクリックしてお入り下さいませ










 只今無料 お試し中!!家庭でできる岩盤浴、テラ鉱石ブレスレット

ショップチャンネル





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon
最近の記事
家庭でできる岩盤浴
QRコード
QR
RSSフィード
お世話になっているサイト様
 お世話になっているフリー素材サイト様  Special Thanks
 ● Candied様
 ●素材屋カララバ様
 ● Angel様

フリー素材 POMO様
イラストポップ様働く人のイラスト
ハートのラインなどかわいい素材をお借りしています。 素材のプチッチ様
最新コメント
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。