スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤い糸の女 第一話 あらすじ ネタバレ

 赤い糸の女 第一話 あらすじ ネタバレ

母を追いかける唯美

「ついてきちゃだめ」 と 母の豊子

それでも母を追おうとするとバイクが近づいてきて
女の声で 「乗らない?」

「結構です」 と 唯美

それでも母を追おうとするとバイクによって道をふさがれ
暗い穴の中に落とされる。その女に赤い糸で縛られる唯美

バイクの女が穴から顔をだし
「助けて!」 という唯美

だが女は笑うだけ

気づくと夢だった。 「どうしてこんな夢を・・と思いました。
でもこの夢にこそ恐ろしい真実が隠されていたのです」 と唯美

赤い糸の女 主題歌

Kon with 辛島美登里 
愛はどこに



寮に麻衣子が帰ってくる。

寮でみんなに迎えられる麻衣子

「志村さんお部屋でお待ちかねよ」と言われ
部屋に戻る麻衣子

麻衣子を抱きしめて 「会いたかった」という唯美

麻衣子は唯美のために料理を作る

二人は帰省していたお互いの実家の話しをする。
麻衣子の姉は嫁いびりされて3歳の男の子を置いて
実家に戻ってきたと言う。

それを聞いて唯美は
「それはダメよ。
母親と引き裂かれた子供はみじめなものだ」 と言い

だが今は 無駄に明るいトイレの100wだと笑う
そして実家に置いてあった母の着物を持ってきたと
麻衣子に見せると

麻衣子が、これは麻衣子の実家の名産 上田紬だと言う。





「あなたのおかあさんてお目が高い、高級品よ」
と言ってくれる麻衣子

そして唯美にあててみて 赤い帯でも結べばいますぐに着られると
麻衣子

着物が似合う人だったのでは?という麻衣子に

唯美は母の着物の写真を見せ

「会いたい?」 と 聞くが

よくわからない唯美
ただ上田紬の着物だけは帯を結んで着てみたいと唯美

大学でいきなりバイクに乗った鹿野芹亜に声をかけられる唯美

寮まで送ると言ったその顔はいつも夢に出てくるバイクの女。

麻衣子が心配してやってくる

「あの女だわ、鹿野芹亜っていうの、フランス語の教室で一緒なの。
でもどうしてあの女が。・」 と 唯美

「どうかしたの?」 と麻衣子

だが唯美はそれ以上は語らない

麻衣子は今夜寮で食事しないという。
彼から会おうと連絡が来たらしい

「自分の都合でいつも連絡してくるんだもん、
忙しい社会人っていやね」 と麻里子

「何言ってんの、うれしいくせに。
ちょっとラッキー過ぎない?
週末でもないのに デートだなんて。」 と唯美

「ごめんなさいね」 と麻衣子

「いいの、いいの」 とは言ったものの
一人で晩御飯を食べる唯美
≪麻衣子のお相手は大手銀行に勤める26歳
同じ郷里の出身で 遠縁にあたるそうです。
将来結婚するということで親たちも了解している仲だとか≫


麟平と食事をしながら、実家に戻ってきた姉の話をする麻衣子

子供はこちらの手で育てたかったが、あちらの両親が離さないのだという。
だから、そのとばっちりが来るかもしれないと麻衣子

「早く孫の顔でも・・って言われそうだけど私たちは
私達のペースでゆっくりやりましょうね」 と麻衣子

麟平は麻衣子の気持ちを理解してくれている。



≪私にだって 彼氏ぐらいいると思いたかったのです。
森下守。去年の夏大学同士の合コンで知り合ったんです。
卒業するまでに司法試験チャレンジを目指しているという
話しです。≫


森下の汚いアパートを訪ねる唯美

すごく汚い部屋に驚く唯美

メールを送ったが見ていないらしい。

「おなかすいたんじゃんじゃない?
勉強大変なんでしょ?
はかどってる?」と 言う唯美

そんな唯美に襲い掛かる唯美
唯美は必死で抵抗してなんとか難を逃れるが
寮の前で麟平にキスをされて女になっている麻衣子の顔を見て
ショックを受ける

まるで夢の王子とお姫様のような甘いキス

麻衣子が唯美に気づく
徳須を紹介してくれる。
やさしくて感じのいい徳須

「よかったら今度3人で食事でもしましょう」
と素敵な麟平

「麟平さん 空約束はダメよ」 と麻衣子

「大丈夫だよ、信用してもらいたいね」
とさわやかな麟平は帰っていく

≪ くらべものにならない。
あいつとはまるで月とすっぽんほどの違いだわ≫



≪翌日のことです。寮の監督者である稲垣教授が私たちの部屋を
尋ねてきて思いもよらぬことを告げたのです≫


この部屋はもともと3人部屋だからもう一人
入ってくると言う。

唯美も麻衣子も反対するが
「これからは3人で仲よくしてください、頼みますよ」
と稲垣

さらに稲垣から告げられたのは入ってくるのは
鹿野芹亜だということ。

「あの暴走族がどうして?
それに市内の風俗店でバイトしてるって噂よ。
売春まがいのこともするんですってよ」 と唯美

だがその売春まがいの風俗店アフロディティに入ってきた
客はなんと徳須
指名したのは唯美という名前の芹亜


夢の話をする唯美
バイクに乗った女は芹亜だったし だがその前にも出会っているという。


その頃、アフロディティに入った徳須麟平はお楽しみ。

前回もよかったので指名したという。
麟平のものが立派だったので、彼女は居ないのか?
その彼女はやらせてくれないのか?と聞く芹亜

「要求してない、どうせ結婚するんだし、
こういうところで遊べるし」 と麟平

すっかりプレイを楽しむ麟平

芹亜が寮にやってきた。

「鹿野芹亜です。よろしくね」と入ってくる。

まだ荷物があるから取ってくると言って出て行った
芹亜のバックのキーホルダーを見て
何かを思いつく唯美

「ブタ志村、彼女ブタ志村だわ!」 と唯美


続く


 只今無料 お試し中!!家庭でできる岩盤浴、テラ鉱石ブレスレット

ショップチャンネル









赤い糸の女 キャスト

◎志村 唯美 / 三倉茉奈

横浜市内にある女子大の学生。
実家は都内で美容整形クリニックを経営していて裕福だが、
継母との関係が上手くいかず、家を出て大学の寮で暮らしている。
自分を捨てて若い男と出奔した実母への想いを胸に秘め、
その欠落感から、自分と他人を比較したがる癖がある。
ルームメイトの麻衣子とは親友の仲だが、
家柄も性格も恋人も何もかもが完璧な麻衣子に対して、羨
望と同時に、劣等感とドス黒い感情をくすぶらせている。

◎貴道 麻衣子 / 上野 なつひ

唯美の女子大の同級生で寮のルームメイト。
長野県上田市の資産家令嬢で、素直でおっとりとし、
人を疑うことを知らない。
遠縁に当たるエリート銀行員の徳須麟平という恋人がいる。
唯美の実母探しに協力する。


◎鹿野 芹亜 / 奥村 佳恵
唯美の女子大の同級生で、途中からルームメイトになる。
唯美とは中学校からの同級生で、過去に唯美と比較され、
いじめられたことがトラウマに。
そのトラウマから、全身整形を行い、
完璧なプロポーションと美貌を手に入れる。
母は横浜・山手で高級バー「谷間の百合」を経営し、
自らも野毛の風俗店「アフロディティ」で
アルバイトをすることをなんとも思わない、さばけた性格。
欲望に忠実に生きてきたためか、人の欲望にも敏感で、
その欲望をうまく導き出す才能に長けている。
根底には、唯美への愛憎が渦巻いている。

◎石母田 栃彦 / 加藤和樹
織物作家・琴子の弟子。主に染色を担当。
元外資系の証券マン。全てをお金だけで図る生活に嫌気がさし、
完全自給自足のナチュラリストを夢見て、上田へ移住。コツコツと畑も耕し、
地域の人々からの信頼も厚い。

工房で唯美と出会い、互いに惹かれあっていく。

◎徳須 麟平 / 瀬川 亮
麻衣子の婚約者。貴道家の遠縁に当たる。
結婚したら麻衣子の家の婿養子になる。投資銀行のエリート銀行員。
背も高く、ルックスも抜群、何をするにもスマートで、貴公子のようだが、
その一方で、体を許さない麻衣子に焦れて、風俗通いをする女好き。
後に芹亜からカサノバの生まれかわりだと言われる。


◎貴道 多嶺 /毬谷 友子
麻衣子の母。信州上田に移住してきた唯美に、
麻衣子の部屋を提供し、娘のように可愛がる。


◎貴道 遙香 / 小沢 真珠
麻衣子の姉。偶然、唯美・麻衣子・芹亜・麟平の四角関係の証拠を見つけてしまい、
以来、唯美と絶縁。

◎志村 不二子 / 北原 佐和子
唯美の継母。元々は征行の美容整形クリニックで看護師をしていた。
唯美の母親が男と出ていった後、征行と結婚。
唯美とは折り合いが悪い。


◎志村 征行 / 石田 純一

唯美の父。都内で美容整形クリニックを経営する。
実母を唯美から取り上げてしまったという負い目から、
ついつい唯美に優しくしてしまう。


◎赤木 豊子 / いしのようこ
唯美の実母。唯美が小学5年生の時に、征行のクリニックの税理士と出奔。
その後、男の郷里・長野県上田市でコンサルタント会社を営むが、
間もなく男は死亡。
横浜・山手の店で買ったリアルな創作人形を唯美の身代わりにして、
一人寂しく暮らしていた。エキセントリックなところがある。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon
最近の記事
家庭でできる岩盤浴
QRコード
QR
RSSフィード
お世話になっているサイト様
 お世話になっているフリー素材サイト様  Special Thanks
 ● Candied様
 ●素材屋カララバ様
 ● Angel様

フリー素材 POMO様
イラストポップ様働く人のイラスト
ハートのラインなどかわいい素材をお借りしています。 素材のプチッチ様
最新コメント
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。