梅ちゃん先生 第127回 意地の上塗り あらすじ ネタバレ

梅ちゃん先生 127回 「意地の上塗り」 あらすじ ネタバレ
昭和32年6月 下村家にはみんなが揃っていた。

今日は芳子の提案でみんなで食事をすることになっていた。

芳子は、竹夫と静子のことを心配する。いつまでも静子を待たせるわけには・・

建造の 「いただきます」 の声でみんなですき焼きを囲む

お肉がおいしい、どこのお肉? と 正枝

信朗が川崎で買ってきたと言うと、芳子が
「信朗くんが行ってくれてうれしいわ。おとうさんはこんなこと
してくれなかったから」 と言う。

「そんなに肉が食いたいのか?!!」と
半ば 半ギレで怒鳴る建造

芳子は さらりと
「お父さんは食べたくないんですか?」 と かわす

「あれば食べる」 と 建造


松子が梅子に
「おかあさんがうちに戻ってから、おとうさん
ちっとも変ってないわね」 というと
「そうなの。」 と梅子がいい、2人で笑っていると

たちまち建造から
「そこ!! 何をこそこそ話している?」 と 怒鳴られる

「ううん」 と 梅子

松子が電気屋で見た最新式の洗濯機の話を始める
スイッチ一つで洗濯から脱水までやってくれるという話で
みんな盛り上がるが

建造は
「またそんな軽薄な話を!」 という

「軽薄で悪かったわね」 と 正枝

「それにしても、便利になったものね」 と芳子

「そんなにそんなものがほしいのか?」 と建造

「そんなに高いものとはいいませんけど
洗濯機は欲しいです」 と  芳子が言うと

「だったら・・・買えばいい!!!」 と 半ギレの建造

「え? いいんですか?」 と芳子

「しかたない」 と 建造

一同 おめでとうございます! と 大喜び

竹夫は 「お父さん どうしたんですか?」と言うと

正枝がまた芳子さんに出ていかれたら困ると思ってるのよと言い

「そんなことないですよねぇ」 と芳子は建造に。

建造はまともに答えらえなくて話題を変える。

「加藤君仕事のほうはどうだね」 と聞き

加藤の会社が自動車にかかわると言う話を聞き
また信朗も自動車の部品を製造していると聞き

「立派だ」 と言う


「竹夫はどうなんだ?」 と建造

「まぁそれなりに。 特に問題もなくやっています。
実は今度家具の輸出にも手を広げようと思っています。」 と 竹夫


静子が
「飛騨の家具なんです」 と口を添える。

「すごいじゃない」 と 正枝ら

「すごいと言っても、他人が作ったものだろう。
その点、加藤くんと信朗くんは 大したもんだ」と建造

「いや、人が作ったものを右から左に流す仕事より
立派だ」 と 建造

一同固まる。

「竹夫の仕事も立派ですよ。竹夫みたいなひとがいないと
誰かが作ったものがみんなの手に渡ることはないんですから」
と 芳子

「職業に貴賤はない。しかし価値の高い低いはあるだろう」
と建造

竹夫はイラっときて
「流通や販売が製造よりも価値が低いと、もっと論理的に
説明しってもらえますか?」 と 建造に

「金儲けにばかり必死になってると、いつかしっぺがえしを食う」
と 建造

「金儲けばかりだなんて!」 と 竹夫が言いかけると

静子が
「もういいでしょ」 と 竹夫に。

すると竹夫は静子に
「おまえは口を出すな」 と怒鳴り

「静子さんに あたるな!」 と建造が怒鳴り

だんだん険悪になってきたので、梅子が松子の洗濯機の
話へと 話題を変える。

建造と竹夫は2人で不愉快な顔をしている。

下村家を出て

「ねぇ」 と声をかける静子に

「もう言うな」 と 竹夫

梅子が2人を追ってきて みかみに誘う。

竹夫と静子にビールをついで

「どうしてあんなにムキになるの?」 と梅子

「お父さんが理不尽なことを言うからだ」 と 竹夫

「お父さんは大学でお金儲けとは縁のない仕事を
してきた人でしょ。竹夫兄さんの仕事が
ただのお金もうけに見えるのよ」


「そうよ、別にあなたが間違ったことを
してるわけじゃないんだから」 と 静子

「わかってる!」 と 竹夫

「お父さんは竹夫にいさんにもっと頑張れって
言いたいんじゃないの?」 と 梅子

「だったら、もう少し認めるようなことを
言ってもいいじゃないか。 お父さんは
結局、僕が医者になることを辞めたのを許してないんだ」
と 竹夫

静子は
「だったら、どうなの? お父さんに認められないことが
そんなにいやなの? おやじなんてどうでもいい
自分は自分の道をゆく。 そう思えばいいじゃでしょ?」

「そう思ってるさ」

「思ってない! うじうじして」

「なんだと?」

「そう思うのは自分に自信がないせいでしょ」 と静子

「自分に自信がなくてうじうじしてる。 俺のことを
そんな風に思っていたのか?」と 竹夫

「そういうことじゃなくて・・・」 と 静子が何か
言おうとしたとき

招かれざる客が来る。

幸吉だ。

そうでなくても 一言多いのに、酔っている幸吉は
竹夫と静子を見て彼女か?いつ結婚すんだ? などと
無粋な質問をぶつける。

竹夫は 結婚しない と言ってみかみを出ていく

静子は あとに残る・・


部屋に戻って信朗に、そのことを話すと 信朗は何かを
食べながら話を聞いていて、みると梅子が患者さんにもらった
クッキーで・・まだ一口も食べていないのに全部信朗に
食べられてしまった。

がっかりする梅子に、信朗は男同士で本音を聞いてみると言ってくれた

梅子は少し胃の調子が悪い(おめでた?かも・・・)


翌日、まだ胃の調子が悪い梅子
相沢看護師に 医者は体調管理が大切と言われる。

みかみに竹夫と加藤を呼び出し、一緒に酒を飲む信朗

喜ぶ竹夫だったが、なんとなくわざとらしく
信朗と加藤が 結婚はいいもんですね・と話をしていると

多分、梅子あたりが仕組んだんでしょ? と 竹夫に
勘づかれてしまう・・


つづく

蒲田周辺のホテルは こちらから

蒲田 周辺ホテル ご予約
icon

蒲田駅 徒歩3分 格安ホテル
icon
icon

icon
icon
東急ステイ蒲田 こちらも徒歩3分



梅ちゃん先生 キャスト

下村 梅子     堀北 真希
下村 松子     ミムラ
下村 竹夫     小出 恵介
下村 芳子     南  果歩
下村 建造     高橋 克実
下村 正枝     倍賞 美津子

松岡 敏夫     高橋 光臣
三上 康子     岩崎 ひろみ
三上 和也     滝藤 賢一
三上 千恵子    宮武 美桜


沢田 弥生     徳永 えり
須藤 雪子     黒川 智花
瀬川 典子     西原 亜希
園田 江美     白鳥 久美子
間宮 香織     山口 あゆみ
工藤 啓子     梅舟 惟永
戸田 咲子     浅野 かや

木下         竹財 輝之助
扇田         大和田 伸也
矢吹 あかね   宇野 実彩子
冴子         木下 あゆ美
片岡 弓子     馬渕 英俚可
狭山         石井 正則
山倉 真一     満島 真之介
真田 伸吉     平  岳大
加藤 正和     大沢 健
宮田 咲江     佐津川 愛美
相沢八重子     銀粉蝶
岡部        品川 徹

野島 静子     木村 文乃

安岡 信郎     松坂 桃李
安岡 和子     大島 蓉子
安岡 幸吉     片岡 鶴太郎

吉岡 智司     成宮 寛貴
立花 陽造     鶴見 辰吾

【送料無料】さかさまの空(初回限定CD+DVD)

【送料無料】さかさまの空(初回限定CD+DVD)
価格:1,275円(税込、送料別)





【送料無料】梅ちゃん先生(1)

【送料無料】梅ちゃん先生(1)
価格:1,155円(税込、送料別)










 只今無料 お試し中!!家庭でできる岩盤浴、テラ鉱石ブレスレット



基本バナー2012年夏版です。バナーテストで最もクリック率が高かった構成になっております。



ショップチャンネル





関連記事

コメント

非公開コメント

Amazon

QRコード

QR

お世話になっているサイト様

 お世話になっているフリー素材サイト様  Special Thanks
 ● Candied様
 ●素材屋カララバ様
 ● Angel様

フリー素材 POMO様
イラストポップ様働く人のイラスト
ハートのラインなどかわいい素材をお借りしています。 素材のプチッチ様

最新コメント

アクセス解析