スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅ちゃん先生 第118回 親ごころ あらすじ ネタバレ

梅ちゃん先生 118回 親ごころ あらすじ ネタバレ
みかみに テレビが運ばれてきて、勝手に買った和也と康子は大げんかに。

店のためを思って買ったという和也

康子はテレビがあったら、蓬莱軒から 客を取り返せるのか? と聞く

「そりゃそうだろ? ほかに何がある?」 と 和也

「蓬莱軒、はやってるのは テレビのせいばかりじゃないだろ?」

康子は前からメニューなどを新しくしようと相談してもめんどくさいと
何にも努力していない和也を指摘する。

「亭主をばかにすんじゃないよ」と 怒り出す和也

康子はコードを肩からかけて離そうとせず、2人のけんかはこう着状態に。


梅子が下村家で夕食時にその話をする。

竹夫はおもしろがって話を聞いている。静子も 来ている

だがそこへ建造が来て、
「またテレビの話か、くだらない」 と一言

イエスマンの信朗に
「信朗くんも そう思うだろ?」 と 建造

「い・・はい、そうですね、全くくだらないです。」 と 信朗

すると竹夫がつっかかる。

「おとうさん、お言葉ですが、世の中はどんどん変化してるんです。
テレビは変化の象徴です。 それを否定するということは
変化を否定することになりませんか?」

それを聞いてついうっかり 「なるほど・・」と言ってしまう信朗

建造は

「変化がそんなにいいのか?
昔のままじゃだめなのか?」 と 梅子が想像した通りの答え

「医学だって変化したり、進歩したりしているんじゃないんですか?」
と 竹夫

「それとテレビを一緒にするな!」 建造

「もういい! テレビのことで議論するなんてばかばかしい!」と建造

昔ならここで終わっていたはずだが、大人になってちゃんと一人で
自立して会社もやっている今の竹夫は黙っていない。

「分が悪くなるとそうやって、議論を打ち切る。」と 竹夫

「なんだと?!」 と 建造

「竹夫、おとうさんにそんな口のきき方!」 と 芳子がたしなめる。

すると黙って聞いていた静子が、今日は竹夫は仕事でうまくいかないことが
あったからと謝る。

だが 静子に 「関係ない!」 と怒鳴る竹夫

「静子さんにあたることないでしょ!」 と正枝

「さぁ食べましょう」 と 芳子がうながし

建造の 「頂きます!」 の声でやっと夕食が始まる


下村家を出る竹夫と静子

「すまない・・・」と竹夫

「テレビのことでけんかするなんて・・」と静子

「わかってる、俺もまだ未熟だ」と竹夫

「というよりは、あなたとお父さん、似たもの親子なんじゃないの?
だからついけんかしちゃうのよ」と静子

「いや、それはないな、絶対ない!」 と全否定する竹夫


みかみでは あいかわらずのこう着状態。

一人娘の千恵子は心を痛める。


安岡製作所、光男が一人で仕事をしている。

千恵子が声をかける

「日曜日も仕事?」

「いや・・ちょっと」 と光男

「仕事大変?」 と 千恵子

「みんないい人だし・・」 と光男

「家族から離れて一人で東京に来るなんて想像つかない」と
千恵子

「もう慣れた」 と光男

だが、家族がずっとばにいるのもうっとおしいと千恵子はいい
両親はまだテレビのことで喧嘩したままだと言う

光男の両親もいつもけんかしていたと、光男



梅子が表に出ると、和也が安岡製作所の中を覗いていた

「うちの千恵子がいつも来てるのか?」 と和也

仲がよさそうな2人を見て心配な和也

「ただ話してるだけじゃない?」 という梅子だが
心配な和也は近くに寄っていく

すると千恵子が
「うちのおとうさんほんとダメなのよ、勝手にテレビ買っちゃうし
作る料理だってそんなにおいしいわけじゃないし・・
私も遠い所に就職しようかな・・・」という

それをきいた和也はショックを受ける

「俺の作るめし・・そんなにまずいか?」 と和也は千恵子に。

「ううん、まずいなんて言ってない」と千恵子

だが肩をおとし、「テレビ・・・返すか・・・」と言って
帰りかける 和也

だが振り返り
「いやいや、そういうことじゃないんだよ、やっぱりあれだろ?
テレビ見たいだろ? あったほうがいいだろ? テレビは?」
と 和也は言い

千恵子が うんとうなづくと 走って帰ってしまった。



康子が買い物から戻ると、梅子と光男が店を覗いていた

中に入ると和也が

「あの店はテレビはあるけど、飯がうまくないんて言われたらしゃくだからな」
と 千恵子と2人で料理を研究していた。

「どれどれ?」 と うれしい和也の変化に涙ぐみながら
康子が味見

三上親子は結局、みんな笑顔になった

表からそれを眺める梅子と光男

「よかったねぇ」と光男の顔を見る梅子だが
光男は何もいわず 中を見つめていた。


夕食時、下村家で 「今夜お披露目があるから来て」と
言われたと梅子

今日の放送はジェスチャーだと聞いてうれしい家族たち

だが建造は行かないといい、結局信朗もそれに付き合わされる。

安岡家では大張り切りの幸吉ら。
だが光男も行かないという。

本を読んでるほうがいいという光男に
「すっかり隣のおやじに影響されちゃったな」と幸吉



みかみに集まる人々

光男が来ないと聞いて心配な梅子

前に幸吉が、テレビを見たくないのか?と聞いたときは
見たいと言っていた光男だった
それがどうして来ないのか・・ますます心配な梅子

スーツの和也があいさつをし テレビのカバーがはずされ
スイッチを入れてみるが・・・ テレビはつかない



つづく

蒲田周辺のホテルは こちらから

蒲田 周辺ホテル ご予約
icon

蒲田駅 徒歩3分 格安ホテル
icon
icon

icon
icon
東急ステイ蒲田 こちらも徒歩3分



梅ちゃん先生 キャスト

下村 梅子     堀北 真希
下村 松子     ミムラ
下村 竹夫     小出 恵介
下村 芳子     南  果歩
下村 建造     高橋 克実
下村 正枝     倍賞 美津子

松岡 敏夫     高橋 光臣
三上 康子     岩崎 ひろみ
三上 和也     滝藤 賢一
三上 千恵子    宮武 美桜


沢田 弥生     徳永 えり
須藤 雪子     黒川 智花
瀬川 典子     西原 亜希
園田 江美     白鳥 久美子
間宮 香織     山口 あゆみ
工藤 啓子     梅舟 惟永
戸田 咲子     浅野 かや

木下         竹財 輝之助
扇田         大和田 伸也
矢吹 あかね   宇野 実彩子
冴子         木下 あゆ美
片岡 弓子     馬渕 英俚可
狭山         石井 正則
山倉 真一     満島 真之介
真田 伸吉     平  岳大
加藤 正和     大沢 健
宮田 咲江     佐津川 愛美
相沢八重子     銀粉蝶
岡部        品川 徹

野島 静子     木村 文乃

安岡 信郎     松坂 桃李
安岡 和子     大島 蓉子
安岡 幸吉     片岡 鶴太郎

吉岡 智司     成宮 寛貴
立花 陽造     鶴見 辰吾

【送料無料】さかさまの空(初回限定CD+DVD)

【送料無料】さかさまの空(初回限定CD+DVD)
価格:1,275円(税込、送料別)





【送料無料】梅ちゃん先生(1)

【送料無料】梅ちゃん先生(1)
価格:1,155円(税込、送料別)








 只今無料 お試し中!!家庭でできる岩盤浴、テラ鉱石ブレスレット



基本バナー2012年夏版です。バナーテストで最もクリック率が高かった構成になっております。



ショップチャンネル





関連記事

コメント

非公開コメント

Amazon

QRコード

QR

お世話になっているサイト様

 お世話になっているフリー素材サイト様  Special Thanks
 ● Candied様
 ●素材屋カララバ様
 ● Angel様

フリー素材 POMO様
イラストポップ様働く人のイラスト
ハートのラインなどかわいい素材をお借りしています。 素材のプチッチ様

最新コメント

アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。