スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未来日記 最終回 あらすじ ネタバレ

未来日記 ANOTHER WORLD 最終回 あらすじ ネタバレ




新太が目覚めると、 そこに類(本郷奏多)がぼーっと立っていた。

呼びかけても返事のない類を揺り動かすと


類は 「嘘ってなんなんだよ。隠してること言えよ」 という。


すると神宮寺(内田有紀)が現れて、類に

「教えてあげるよ、星野新太が君に隠していること。

君は僕が作ったプログラムなんだよ。 君はゲームのための存在。
でも その役目はもう終わり。
次はこの世界を守って。

あのね、君と僕は現実世界には存在しない。
オリンピアでしか生きていけないの。

彼はそんな僕たちの居場所を壊そうとしている。
星野新太は 敵だよ」 という

類 「星野新太は敵」

その言葉を受けて、神宮司がキーを回すと銃が落ちてきた。
それを拾い上げる類

神宮寺 「ほら、早く終わらせよう。

排除」

すると類は銃を新太に向かって撃つ。
銃が新太のほほをかすめる

神宮寺 「そうそう、その調子」

また撃とうと狙っている類に向かって 

新太は
「俺はお前を信じる」

類は
「お前なんか知らない。」 という

新太は
「お前が俺を知らなくても、俺はお前を知ってるよ。
あいつなんかより、ずっとよく知ってる。

初めて会ったのは、大学の入学式。
いきなり夢 語られて 俺 相当引いてたのわかった?

でもちょっとだけうらやましかった。 ぴったりだよ、中学の先生。
類は自分より周りの人を大事にするから。
俺のこともいつも助けてくれた。
なのに 俺は何もできなかった。

(涙ぐむ類、だがまだ銃は向けたまま)

ごめん。
でもこれだけははっきり言える。おまえはプログラムなんかじゃない。
俺の大事な友達だ。」
新太のこの言葉を聞いて とうとう銃をおろす類。

神宮寺 「何してるの? 早く。」

類 「いやだ」

神宮寺 「ハハハ、あのね 君に人間の心は求めてないの。失敗作だよ。
さようなら 森口類」 と言って類の未来日記を撃つ。

消えていく類

類! と呼びかける新太

「そんな顔すんなよ、お前と友達になれてよかった。
みんなのこと、よろしく頼むな。
ありがとう。新太」 と 類

新太 「類・・・・・」

類は消えて行った

神宮寺 「苦しい? 悲しい? 心が痛い?
友達を返してほしい? じゃあ オリンピアのラストピースになりなよ。
そうすれば、君の願いはなんでもかなう。

ここはそういう世界。

(鍵を回す神宮寺、するとテレビが映る。
そこには寝て電極をつけられた新太が)

あそこに戻りたいの?

君には二つの選択肢がある。
解除コードを打つか、
オリンピアのラストピースになるか?

解除コードを打って、東京を救っても
現実世界の君たちが目覚めることはない。
それでもいいの?
だったら オリンピアのラストピースになって
このままずっと幸せに暮らしたいとは思わない?
どうする?

フフッ まだ決められないんだ。
じゃ、ほかの人にしよう。」 とまた鍵を回すと

テレビからデウスの声が聞こえる。

「勝者は一人、敗者には死が待っている。
お互いの未来を奪い合え」

テレビの中には6人いて、それぞれ更新音が鳴る。

みんなの未来日記に 死亡の文字が浮かぶ。
そして銃が落ちてくる。
由乃(剛力彩芽)以外みんな、銃を奪い合う。

春奈 (福田麻由子)「すべてが思い通りになる未来」

誰かが発砲する。 奥田がめぐみを狙う

由乃 「やめて、奥田さん! そんなことしてもお母さんは褒めてくれないよ。
萩戸さん、駄目! 倫子さんのところに帰れなくなっちゃう。
めぐみちゃん・・私はあなたを絶対に殺さない、信じて。
木部さん、木部さんは強い人だよね。
だったらデウスの言うことなんて信じちゃダメ。」

由乃の説得は続く
「みんなも幸せになりたいだけなんだよね。
でもだからって殺しあうなんて間違ってる。
みんなで幸せになれる方法を考えよう。」

テレビの外でそれを見つめる新太と神宮寺

テレビの中では、みんな銃をおろす、春奈以外は。

銃を向けたまま
「どうしてみんなで幸せにならなきゃならないんですか?
この中に一緒に幸せになりたい人なんていません。」 と春奈が言うと

またみんな銃を向ける

「私は春奈ちゃんにも幸せになってほしい。
あなたのこと、もっと知りたい」 と由乃

春奈は
「でも・・このままじゃ全員死んじゃいます。」 

カウントダウンはあと30秒

「カウントダウンが終わったらどうなるかみんなで確かめるの!
信じあうの!!」 と 由乃

みんなその言葉を信じてカウントダウンを待つ。

ゼロになったが全員生きていた。

「生きてる。」

崩れ落ちるみんな。

めぐみは銃を持ったまま離すことができないぐらい緊張していた。
由乃がその銃をおろしてあげる。

めぐみ
「私・・・もう誰も信じられないと思ってた。(泣)」

春奈は由乃に 「ありがとう・・」

それを見ていて神宮寺は
「ま、いいや、もう一回やりなおそう。

早くラストピースを決めないと、オリンピアが崩壊しちゃう。」

新太は
「ほんとうに何でも願いがかなうんだよな?」

神宮寺
「うん、かなう。」

新太 「俺、ラストピースになる」 というと

神宮寺 「勝者 星野新太」 と言い 未来日記が消えた。
みんなの未来日記も消えた



九郎「これはオリンピアから脱出するための出口だ」

須藤 「出口?」

九郎「オリンピアで使ってる 未来日記があるだろう?
あれの電気信号をもとに 構築したものだ。」

須藤 「じゃぁ、新太くん 戻ってこれるんですね?」

九郎 「サイバーテロが止まりさえすればな。」


神宮寺がまた鍵を回す

オルゴールが鳴り(トロイメライ)

「この世界の一部になった気分はどう?」 と神宮寺

そして新たに新しい未来日記を手渡す。
「今までのとは違うよ。
書き込んだことはすべて実現する。

これで君は世界でたった一人の未来日記所有者。」 と神宮寺

「ほんとうにかなうんだよな?」 と新太

そして 新太が書き込んだのは
「東京のサイバーテロが止まり7人全員が 現実世界で目覚める」


由乃以外全員消えてしまった。

須藤 「被験者がオリンピアからログアウトします。」

九郎 「新太はまだか?」

須藤 「新太くんと古崎さんだけはまだ戻ってきません。」



新太が気が付くと、そばに神宮寺が居た。

テレビの中には、由乃が。

なぜ、自分と由乃だけ戻れない?と聞くと

新太と由乃は現実世界で死にかけていて、ログアウトには耐えられないという。

九郎がテレビに出てきて、トンネルを作ったのでそこから脱出しろという。
鍵は未来日記、一人一台の未来日記が居る

「残念だったね、未来日記はそれ一台。君か古崎由乃どちらかしか戻れない」
と神宮寺が言うと、新太は父にはそのことを伝えず、
由乃にプラネタリウムまで走れと伝えてもらう。

神宮寺は 新太の行動が理解できない。
ここに居ればみんなが幸せになれるのに・・・

みんなが幸せなんて無理なんだと 新太、
由乃と出会ったとき、由乃は両親亡くなったばっかりでぼろぼろで
なんで由乃がこんなめに会わなきゃならないんだろうって思ったけど
でも、気づいた。そういう辛くて悲しい出来事があったから
俺は由乃と出会えたんだって。
それを乗り越えた由乃を、俺は好きなんだって。
傷つくことも多いけど、悪いことばっかじゃない。
理想の世界。そんなの俺たちに必要ないよ。

由乃が待ってるから。 と行こうとする新太に抱きつく神宮寺

「僕じゃきみを幸せにできない。 僕は人間のためみ開発された医療システム。
僕の役目は人間を幸せにすること。
君に必要とされなかったら、ぼくは 生きていけない。
僕はいらない存在」
ほほ笑みながら 消滅する神宮寺

新太は由乃のところへ急ぐ

由乃と出会い 由乃は 「帰れるんだね」 という

「先に行って。」 と未来日記を渡す新太

「あっくんの分は?」 と由乃

「私のためにここまで走ってきたの?なんで?ねえなんで?
私戻らない、あっくんとずっと一緒にいる
私にはあっくんなの、あっくんだけなの。」 と由乃

「由乃、頼むから。もう時間がないんだ!」 と 新太

由乃を出口に押しやって 「生きてほしい」 という新太

「泣いたり、怒ったり笑ったり、そうやって生きてほしい。
由乃ならできるよ。 頑張れ由乃。」

「無理・・・」 と言いつつしっかり未来日記を握りしめている由乃

二人は手を重ねて キス・・・

「さよなら・・・由乃」

「ありがとう・・・」

(いやいや、ありがとうじゃないでしょ、ここは一緒に残れば・・
大好きな人と一緒なら、ずっと二人だけの世界でもいいかも・・・
別れるぐらいなら)

由乃がログアウトして現実世界に戻ってきた。


須藤 「私たちのやってきたことに意味はあったんですよね?」

九郎「ああ、オリンピアは失敗したが、その事例を基に研究を続ければ
きっと新しい治療法にたどり着く。」

須藤 「でも・・悲しいです。
    みんなお互いのこと何も覚えてないなんて。」


入院中の由乃 スーパーボールが戻ってくる。



テレビの報道番組

「東京はかつての様相を取り戻しつつあります。間もなく
クロノスシード社 木部徹社長による記者会見が始まる模様です。」

木部「このたびの サイバーテロの原因は、すべて私にあります。
まことに申し訳ありません。」

荻戸は倫子に 一緒に青い星を見に行こうと誘って OKをもらっている。

図書館で勉強してうたたねしてしまった春奈に誰かがそっと上着をかける。



高坂が新太の見舞いに来ている。
そこへ九郎と礼子もやってくる。

由乃が退院したという話を枕元でする。
礼子は 「由乃ちゃん、あなたが助けたのよ」 という



大学で講義を受けている由乃

入院中の新太

類がやってきて
「新太、いつまで寝てるんだよ」 という
新太の指が少し動く

大学へ行く新太

すれ違う由乃と新太

だがその途端にスーパーボールが新太の手に。

新太は由乃を追いかける。 「あの・・・」


由乃 「やっと 会えたね」


終わり





 港北ニュータウン情報 グルメなどはこちらをクリックしてお入り下さいませ










 只今無料 お試し中!!家庭でできる岩盤浴、テラ鉱石ブレスレット

ショップチャンネル









ランキングに登録しています。一日一回クリックして頂くと
喜びます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon
最近の記事
家庭でできる岩盤浴
QRコード
QR
RSSフィード
お世話になっているサイト様
 お世話になっているフリー素材サイト様  Special Thanks
 ● Candied様
 ●素材屋カララバ様
 ● Angel様

フリー素材 POMO様
イラストポップ様働く人のイラスト
ハートのラインなどかわいい素材をお借りしています。 素材のプチッチ様
最新コメント
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。