アンサー~警視庁検証捜査官 最終回 あらすじ ネタバレ

アンサー 警視庁検証捜査官 あらすじ ネタバレはこちらから

パソコンに文字が躍る

警視庁検証捜査係り 新海晶刑事に対する身辺調査・・・
男女間の・・・
一番検証が必要なのは この新海晶捜査官なのだ と 締められ
最後に新海晶の写真が・・




大手健康食品メーカーの御曹司・吉高千文(笠原秀幸)が鉄パイプで襲われ、
意識不明となる事件が起こった。

通りがかった警視庁・検証捜査係の新海晶が発見、
凶器の鉄パイプを持っていた楠田(内藤剛志)が逮捕された。

楠田は12年前に、警視庁捜査一課の刑事だった花岡警部補(加門良)を殺害、4カ月前に出所したばかりだった。吉高が愛人宅からの帰り際、肩がぶつかったことでもみ合いになり、楠田がカッとなって近くに落ちていた鉄パイプで殴りつけたのだという。



そんな事件の第一発見者となってしまった晶は偶然ながらも大手柄、と思われたが、自分が第一発見者にも関わらず検証を開始すると言い出す。12年の刑務所暮らしを終えて自由を手に入れたばかりの楠田が、そんなことでまた罪を犯したりするだろうか。そもそも楠田はなぜ彼の生活圏から離れている現場にいたのか?



吉高の母で社長の万里(未來貴子)も、秘書の館野(藤川俊生)も楠田に見覚えはないというが、館野によると、1カ月ほど前からしつこいクレーマーに悩まされ、館野が吉高を朝晩送迎するようになっていたという。そのクレーマーが楠田だったのだろうか?


そんな中、週刊誌に晶が楠田を密かに支援していたことがリークされ記事になることがわかった。

アパートの保証人までしていると記事には暴露された。
だが永友(田辺誠一)は、そんなこと新海は一言も言ってなかったと・・



捜査一課長の武邑は、永友管理官、橘検事事務官、有富主席管理官を呼び
至急、記事の真意を確かめるように命を下すが

「まぁ彼女が非難されるのは自業自得だけれど、こっちまで火の粉が降ってきちゃ
たまらん!!」 と武邑

「なぁんか新海さんって 怪しいと思ってたんだよな~」 と橘


永友が検証捜査係にやってくる。


12年前、楠田は息子がイジメに遭っていることを所轄署に相談。
その相談を受けたのが、当時新人だった晶だったのだという。

新海の話によると
そもそもの事件の発端は、楠田の息子がいじめを受けていたこと。
体を見ると確かに傷がたくさんあった。
楠田は同じクラスの不良たちの仕業だと主張。だが肝心の本人が
いじめをみとめようとしなかった。 それでしかたなく民事不介入で
警察は手を引く すると数日後、楠田の息子はいじめを苦に自殺。

楠田は息子の仇を取ろうと、当時不良たちが集まっていたゲーセンに行き
不良たちをナイフで殺そうとした。 だが楠田の様子を心配してずっと
警戒していた、花岡刑事が 楠田を止めようとして楠田に刺されて
亡くなってしまったのだ。



楠田を殺人犯にしたのは、いじめの事件をもっとよく調べなかった警察にも
落ち度があると、出所した楠田を支援していたことを認める晶。

楠田と歩いていた美女が目撃されているが、それも新海だろう。

当時花岡とコンビを組んでいた小暮の怒りは大きい。自分のコンビを殺した男を
支援するなんて!

永友にも 「なんで黙っていた!」 と言われるが

「警官殺しを支援している人間の話なんか、一課の人たちがまともに
聞いてくれるとはおもってなかったんで」 と 晶

晶はさらに 当日楠田と会う約束をしていたが、直前になって会う場所を変えたいと言われ
だがそこには楠田はおらず、探していたら血まみれのパイプ棒を持った楠田を
逮捕した、 と事情を話す。

出所後の楠田の様子からも、あの12年前の事件を悔いていたので
ちょっとした口論ぐらいで、犯罪を犯すとは考えにくいという晶だが
いまや、警視庁に総スカンをくらっている晶が、
この事件について検証するのは、不可能だろうという薄井係長



東出祐介に 「海外へ行って視野を広げてこい」 と言われる晶

スペインの在外公館に空きがあるという。

辞令は2、3日中に出ると 東出

「まだ作業中の捜査がある」 という晶に

「いや、残念だが君の異動は今に決まったことじゃない。
警視庁にメスを入れるなどという汚れ役は誰がやっても荷が重い。

もともとは何人かで手分けしてやるつもりだったんだ。

例の週刊誌読んだよ、 ま・・・警視庁内からのリークだろう。
そういう古臭い体質を壊したくて君を配属したんだが、
まさか君自身がやり玉にあがるとはな」 と東出

「私は間違ったことはしていません」 と晶

「そんなことわかっているよ。でもちょうどいい潮時じゃないか。
ばかばかしい内容だとしても あんな記事が流れた以上は
君の発言力は弱まることは目に見えている。
辞令が降りるまで、少し休んだらどうだ」 と 東出(遠藤憲一)


検証捜査係

チーム内に他の事件の検証を頼むと置手紙してある、晶に

「めずらしいこともあるものだ、さすがにビビっちゃったのかな」 と薄井

小暮(片岡鶴太郎)はそのメモを見て何かを考える。

楠田の取り調べ中の永友
なぜ、新海管理官のことを言わなかったのか尋問するが

楠田は新海に対する恨み言をまくしたてるだけ。


花岡刑事の家 新海がお線香をあげにきていた。
そこへ小暮もやってくる。

花岡の息子、巧巳が大きくなったと小暮は感慨深げ。

巧巳は警察官になりたいと言って、母にどうしてもそれだけはやめてほしいと
説得されたそうだ。
夫を殺され、そして息子まで刑事になるのでは、おちおち眠れないと花岡の妻

晶は、楠田について尋ねると、出所後すぐに訪ねて来た楠田を
巧巳が追い返してそれっきりだという。

刑務所から12年間、毎週手紙を書いていた楠田。
だが花岡の妻がそれを読むことはなく、巧巳に処分させたという。


小暮は花岡の家を出て、どうして一人でこの事件を検証しようとしたのか
晶に聞くが、

「私と一緒に行動して、警視庁の目の仇にはなりたくないでしょう?
動機は口論なんかじゃない、多分12年前の事件が関係してる。」 と晶

「だったら全員で検証しましょう。管理官が来てから
私ら もうとっくに 警視庁の目の仇になってます!

今更じたばたしても 仕方ありませんよ」 と小暮


新海をリークした男が見つかった。

三係には、花岡を慕っていた部下も多い


楠田の息子が通っていた高校へ行ってみる晶と小暮

するとそこには、吉高フーズの寄付に対するお礼の記事が貼られていた。

被害者の吉高も同じ高校の出身だった。


三係の一之瀬に事情を聴く永友

すると一之瀬は、出所した楠田をたまたま見つけたら、新海が一緒だったので

「花岡さんを殺した犯人を支援するなんて看過できませんから」 と一之瀬

それで週刊誌にリークしたらしい。

「自分に捜査のイロハを教えてくれたのは、花岡さんです。自分は間違ったことを
したとは思っていません。 

(そこへ三係の仲間も廊下に出てくる)

きっとみんな同じ考えです。 永友さんだって、内心あんなやついないほうがいいって
思ってんでしょう?」 と一之瀬に言われ 返事ができない永友


一方、晶と小暮は楠田の息子のいじめ事件を捜査していた。

同級生の塚本まどかは、吉高くんが怪しいと先生に話したという。
直接いじめを見たわけじゃないけれど、吉高は不良たちにやらせて
自分はそれをみて面白がっていたのじゃないかという。

先生に確認したらいじめの事実はなかったと言われた小暮と晶

塚本まどかは
「そんなことないと思います。私も話したし、ほかの子も話したけれど
でも吉高くん 生徒会長だったし親も有名だから」 という。

「学校側が吉高をかばったってことですかね?」 と小暮

でもどうしてそんなみんな昔のことを調べる?と塚本まどか
一か月くらい前にも同じことを聞かれたと。

楠田の写真を見せるが違うという。


検証を始める晶

楠田の息子、真一郎をいじめていたのは、多分今回の被害者吉高千文

ということは、今度こそ楠田が復讐をとげたのか?

だが晶は、これは復讐ではないのではないかという。

楠田の取り調べをする晶

楠田はどうやら、吉高が同級生だということも知らなかった。
楠田は、吉高が気に入らないから殴ったの一点張り。

何か隠していると思う晶


取調室を出ると、武邑、東出、有富が待っていて、もう異動がきまったのに
何をしている! という

武邑はこれ以上楠田の送致を遅らせるなと言い

「君は4万3000の警視庁職員全員を敵に回すつもりか?」 と武邑に言われ

「敵とか味方とか意味がわかんないだけなんですけど。
結局警視庁は自分がかわいいだけなんでしょう?

自分たちの仲間が殺されたら思考停止して疑問すら挟まない。
主任、この組織は自己保身しかできない組織です。

勝手に仲良しこよしで自滅させればいいんじゃないんですか?」 と 晶が
あきれて帰ろうとすると

永友が 「待てよ」 と呼び止める

そして、東出に対し

「検証を続けさせてもらえませんか?」 と永友がいうと

有富が
「今彼女がどれだけ障壁になっているのかお前が一番わかっているはずじゃないのか?」
と 永友に。

「私も警視庁捜査員全員が、何もわかっていなかったんです。
自分自身を検証することの意味を。

自分たちの欠点を認めてさらけ出すことが、
検証するってことじゃないですか?

新海があれだけ検証にこだわっているのは、
12年前いじめを見過ごしたことで、被害者を出してしまったから。
またあの時と同じような過ちを繰り返さないために。 そうだろ?」 と永友

小暮も花岡は大切な人だったからこそ最後までやりたいと願い出る。

薄井係長は「 お恥ずかしいはなしですが、 あの人が来るまで
私ら送致書の誤字脱字しか見つけられませんでした。
でも今はなんとか仕事の意味がわかってきたんです。」 と 言う

「お願いします」 と長谷部(五十嵐準士)口を添える

「だがもう残念だが辞令は明日にも降りるんだ」と東出

「それなら明日まででも結構です」 と晶


永友らは、病床の吉高千文に付き添う妻にも事情を聴く

晶は長谷部とともに会社へ行き、秘書からクレーマーについての
情報を得る

自分はあったことはないが、社長は一度だけ食事を共にしたはずだ。と
秘書がレストランを予約していた。もしかしたら防犯カメラに
クレーマーが写っているかもしれない。


そして防犯カメラから割り出されたクレーマーは、花岡の息子巧巳だった。

巧巳を取り調べる晶

その様子を楠田に見せる。 楠田は自分がやったと大騒ぎする。が・・


晶によると
巧巳は、母から言われた楠田の手紙を処分するときに、楠田の手紙を読んでしまい
殺した犯人も苦しんでいたのを知る。

一番悪いのはいじめの犯人であり、それをきちんと警察が捜査していれば
楠田の息子も死なずにすんだし、花岡の父も死なずに済んだだろう。

巧巳は調べていくうちに、吉高の存在にいきついた。

すると巧巳のあまりのしつこさに 周囲にはその電話をクレーマーからだと言い
食事をし 巧巳に金を投げつけた。

「俺は謝ってほしいだけだ。俺の親にも、あんたがいじめた人の親にも」
と巧巳が言うと

吉高は笑って
「貧乏くじを引く人間ってのは、何をやっても貧乏くじを引くんだよ」
と言った

許せなかった!

それで吉高が毎週愛人宅へ行く日を調べ

鉄パイプで殴った。がたまたま通りがかりに巧巳の姿を見た楠田が

鉄パイプを取り上げ、逃げろ と 逃がしてくれた。

「俺は君の父親を殺した。君まで犯罪者にするわけにはいかない」
そして 鉄パイプの指紋をふき取り・・犯人として逮捕された。

巧巳が自供しても、楠田は 「嘘だ! 俺がやった!」 とわめいている。

晶は
「楠田さん、12年前私は真一郎くんを救うことができませんでした。
真実が隠ぺいされたままで、そのことであなたがどんなにやりきれない思いを
してきたのか私なりに理解しているつもりです。

だからこそそんなあなたが真実を隠ぺいしてはいけない。

それが私の答えです」 と 楠田に告げる

泣き崩れる楠田


意識を取り戻した吉高千文

「あの時ほんとうのことを話していればこんなことには・・・
あんなことしなきゃ・・
ずっと苦しかったんだよ

いつかばれるんじゃないかと思って ずっと怖かったんだよ」
 と泣く 吉高千文

警視庁の前で 表で なんと異動の辞令を渡す東出

「スパイ映画じゃないんだから、なにもこんなところで渡さなくても」 と晶

「俺は形式にはこだわらない」 と 東出

吉高の母親から巧巳くんの減刑嘆願書が出たと、報告する晶

「そうか、なら花岡刑事も天国で安心しただろう」 と東出

警視庁に戻るとあんなに自分を毛嫌いしていた、三係の連中や一係の連中から
拍手で迎えられる晶
花岡の写真を持っているものもいる。

晶は拍手の間を歩きながらちょっぴりうれしい。


検証捜査係りへ戻ると、管理官の判子がないと処理できませんから。
とみんなで言う。

検察事務官がうるさいのだそうだ。 その検察事務官は海外に行ったら
食事が困るだろうとレトルトのごはんや釜飯を段ボールいっぱい
持ってきてくれた

「お気遣いどうも」と部屋に行くとみんなからの大きな花束が置いてあった。

晶は東出警察庁長官官房から渡された辞令を開けてみると

『海外赴任を延期する』の辞令が・・・・


「嘘、どうすんのよ、・・こんな花とか・・レトルトごはんとか」

検察事務官が早く判子を押せと言ってくる

「あ・・はい、 ったく・・延期するぐらいなら辞令なんていらないじゃない」
と言いながら 晶は判子を押す

検証済

おしまい!








 只今無料 お試し中!!家庭でできる岩盤浴、テラ鉱石ブレスレット

ショップチャンネル








ランキングに登録しています。一日一回クリックして頂くと
喜びます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
関連記事

コメント

非公開コメント

Amazon

QRコード

QR

お世話になっているサイト様

 お世話になっているフリー素材サイト様  Special Thanks
 ● Candied様
 ●素材屋カララバ様
 ● Angel様

フリー素材 POMO様
イラストポップ様働く人のイラスト
ハートのラインなどかわいい素材をお借りしています。 素材のプチッチ様

最新コメント

アクセス解析