スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう一度君に、プロポーズ 最終回 あらすじ ネタバレ

もう一度君に、プロポーズ 最終回 あらすじ ネタバレ
父の太助は安らかに天国へと旅立った。まるで可南子と波留を結びつけるかのように
可南子が訪ねてきたとき、逝ってしまった・・・・

父の遺言で、父が生前お世話になった方々へ連絡する波留

元気のない波留を何かと気遣う可南子




葬儀の時も、可南子はずっとそばにいた・・・

裕樹と桂は受付をしていて、裕樹は自分の父が死んだときは全然だめだったけど
波留はすごいという。

桂は、波留さんは一人じゃないよ。 という。


葬儀が終わり、なにかと後始末があって、ごたごたする波留を気遣い
マンションに帰って、何か手伝うという可南子は食事を作ってくれた。

久々に可南子の手料理を食べて 「おいしい!」 と うなる

食後、これ・・とっておいてあったんですね、と 船の折り紙を。

波留は、可南子に謝らなきゃならないことがあるという

「可南子、子供好きだろう?」

「はい、嫌いなんですか?」

「嫌いじゃないんだけど、子どもどうしようかって聞かれたとき
ちゃんと答えなかった。 それで可南子にいやな思いをさせた。
そのこと、日記読むまで気づかなかったんだ・・
ごめんね・・・・わかってやれなくて。

二人にとって最善の選択だと思って離婚しようって言ったんだけど
決心つかなかった・・ ごめんね」 と 波留

「私も、私もです」 と可南子

可南子は後片付けをし、疲れて眠っている波留に毛布をかける。

そして、自分の日記を手に取り・・・眠る波留のそばに持ってくる


翌朝波留が起きると、食器の音がしてびっくりする。

可南子が朝食を作ってくれていた。

可南子は、日記を持って帰る 「また・・」 と言って


水島オートでは、桂が一人前になろうとしていた。 サポートする波留

波留は真っ赤なカローラがとめてあったところを見つめる

「なんか穴があいたみたいでさみしいですね」 と 桂

「ちょっとな、だけどあの車のおかげでいろいろ学んだだろう?
おやじともドライブ行けたし・・」

桂はとにかくやる気になっている。


図書館の可南子

橘が館長がここに就任した時に書いた冊子を持ってくる

みんなで懐かしいといい、それを見た館長も 懐かしがる。

「もっと照れると思ったのに・・」 と 言われ

過去の未熟な私も含めて私ですからね、と館長


波留は、ミズシマオートの後を継ぐ決心をする。

それを聞いて大喜びの社長


ミズシマオートの従業員が、いつものところで飲んでいる。

進藤は桂を狙っている

そこへ、裕樹がやってきて、桂は いっしょにどうですか? と誘い
進藤は心配でしかたがない。

そこへ波留もやってきて、ミズシマオートの従業員と裕樹が一緒にいるのは
変だな・・と言いながら いっしょに飲む

店を出ると、裕樹は彼女とちゃんと向き合えたのは波留のおかげだと礼をいう。

「俺のせいか? ふられたの?」 と 波留

そうじゃないけど、ちゃんとむきあえたと裕樹

過去の日記を読み、過去の自分と向き合う可南子


その頃波留の実家を、波留の生みの母が訪ねてきていた。

波留が呼んだらしい。

たわいもない世間話をしながら、波留は自分のことを母に告げる

「結婚してます」 と 母

子供はいないらしい。

「うちもです・・ハハ」 と 波留

鳩時計が鳴く

「生まれたばかりのあなたはよくなく子でね、でもあの鳩時計の音を聞くと
すぐに泣き止んだんです。だから宮本さんにあなたと一緒にあの鳩時計を。

あの時私は15歳で、未熟で自分一人ではなんにもできなくて
あなたを育てることはできないと思いました。

一度手放した以上、あなたの両親は宮本夫妻ですから、
自分はもう会えないと思っていました、でもあなたの幸せを願わない日は
ありませんでした。 勝手ですね・・ごめんなさい」

と 泣き出す母

波留は 「謝らないでください」 と言い
家の裏の神社に母を連れて行く

「大事な話はたいていここで、本当の親がいるっていう話も
ここで聞きました。 俺、幸せでしたよ。
ほんとうに奇跡だって思ってました。
あんなおやじに育ててもらったこと、
でもそうじゃなかったんですよね、おやじはきっと
あなたの気持ちを引き継ぎたかったんだと思います。

だから、どうもありがとうございます」 と 頭を下げる波留

実家の可南子

母の万里子に
「前さ、結婚した理由よりも何年も続いた理由のほうが大事だって言ってたでしょう?」

「そんなこと言ったっけ?」 とはぐらかしながら

家族だから。 という万里子


波留は、母に太助と一緒に写った写真を手渡し、これ・・持っててもらえませんか?
また来てください、待ってます という

握手をする波留と母  

「大きい手・・・」 と 母

「いつかおやじみたいな父親になりたいと思います」 という波留

涙をこぼしながらうなづく母


可南子を訪ねる波留

可南子の母、万里子が 可南子は 「スタート地点に戻るとか言って出て行ったけど」 というと

波留はバイクをどこかへ走らせる。


波留はチャペルに来てみた。
結婚式の時 「誓いまーす」と 大声で言った可南子を思い出す。

だが、可南子もそこにいた 可南子はまたうたたねしていた。

「昨日一晩中日記を読んでいて、幸せそうでした・・日記の中の私。
不満とか不安とかそれなりにあっても 100点満点の旦那さんじゃなかったみたいですけど」
と 可南子

幸せそうだと思ってもらえたんなら、すごくうれしいという波留

「幸せでした、だからわかる範囲で

そんなふうに小さな幸せに気づける可南子のことが俺は好きだ
2年後も10年後も 
だからこの先もずっと俺の妻でいてくれないか?」

「はい」 

可南子の指に結婚指輪をはめる波留

「てれますね」 という可南子

「一つ提案していい? 敬語やめない?」 と波留

「急には無理・・波留さん? 波留?
やっぱり急には・・・」 とうれしそうな可南子を
抱きしめる波留

可南子も抱きつく



一哉は裕樹から、可南子が元さやに戻って幸せそうだときいて
安心する。

裕樹は、元カノと別れて当分ないかな・・って言ってる



朝食を食べている波留を可南子が急がせる

遅れそうだから乗せてってくれという。
バイクの後ろにしっかりつかまって図書館まで送ってもらう

「いってらっしゃい、いってきます」 と波留

「いってきます、いってらっしゃい」 と照れながら可南子

6年後
海をみつめる可南子と波留

「パパー ママー!」と声がして、男の子が走ってくる

抱き上げる波留

終わり


テラヘルツ鉱石の家庭でできる岩盤浴
頭痛・不眠・冷え性・めまい・耳鳴り・などの体調不良




 只今無料 お試し中!!家庭でできる岩盤浴、テラ鉱石ブレスレット

ショップチャンネル










ランキングに登録しています。一日一回クリックして頂くと
喜びます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
関連記事

コメント

こんばんは~

ホントにほのぼのしたドラマでしたね^^
今期ので取ってあるのは、このドラマと『パパドル!』です。
でも、『パパドル!』の方は1話目をちゃんと観てなかった気がするからで、観たら消しちゃうかな。。。

今日の分Pしたか忘れちゃったので・・・ポチッ☆
いつもありがとうございます!(^^)!

こんにちは^-^

こんにちは^-^
今週もお疲れさまでした。
お天気もいいですし、
素適な週末を、
お過ごしくださいね~^0^
私も元気にお仕事します♪

☆P

No title

今気づきもう一度君にの最終回を見逃しているのに・・・。
ネットで検索をしたらこのページに辿りつき読ませてもらいました。
すごく丁寧に書いてあって映像が思い浮かぶぐらい。
少し涙もでました。

最終回見逃してすごく残念に思ってたのですが見た感じがして、内容もすごくわかったので助かりました。

ありがとうございました(_ _)
非公開コメント

Amazon

QRコード

QR

お世話になっているサイト様

 お世話になっているフリー素材サイト様  Special Thanks
 ● Candied様
 ●素材屋カララバ様
 ● Angel様

フリー素材 POMO様
イラストポップ様働く人のイラスト
ハートのラインなどかわいい素材をお借りしています。 素材のプチッチ様

最新コメント

アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。