スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう一度君に、プロポーズ 第六話 あらすじ ネタバレ

もう一度君に、プロポーズ 第六話 あらすじ ネタバレ

「僕は今でも、今だからこそ、姉はその人と一緒になるべきだと
思うんです」と 裕樹に言われた波留

そして、可南子の荷物を届けに行った可南子の実家で 、裕樹の言ってたその人、一哉と
偶然あってしまう波留。 自分とは違いシューっとしたエリートサラリーマンの一哉
可南子の家族とも それぞれ仲がいい。 そこに居たのは 今まで波留がみたこともない
可南子だった。

修理から帰って来たハト時計を見てそれぞれに思う様々な思い

一方 桂はタケルに指摘され いつの間にか波留のマンションの前へと

波留の家のチャイムが鳴り、入って来たのは 水島と桂だった

可南子の実家

裕樹が洗い物をしている。 母と姉に 「裕樹が洗い物なんて 珍しい」 と
言われながら 「ねえちゃん・・なんか・ごめんな・・」 と裕樹

「ほんとだよ!」 と茶化すように答える可南子


一方 波留の家では 宴会たけなわ

ひとしきり飲んで、波留は元気のなさそうな桂に
「大丈夫だよ」 と優しい言葉をかける


万里子はメンタルクリニックを訪ね、娘の状態はいつ改善するのか尋ねるが
医師にもそれはわからないという。

医師は 記憶を無くしたことも含めて今の可南子を受け入れて欲しいとアドバイス


図書館で
ハト時計の修理依頼票を眺める可南子。自分が波留のために依頼したものなのだ

そこへ同僚がやってきて、元彼と会ってそれを隠していたのは最低だともめている
まるで自分のことを言われているように感じる可南子

そこへ館長

館長は可南子が持っているハト時計の依頼票、 葵井堂 の文字を見て
それは波留のためにハト時計を修理したがっていた可南子のために
自分が紹介したものだという館長



裕樹は会社でほされていた。 コピーなど雑用をさせられている。
それを遠くから眺める志乃


波留と可南子の家に尋ねて来る万里子

万里子は昨日、一哉と鉢合わせしたことを気にして 説明に来たのだ。
波留がたいして気にしていないとわかって ちょっと安心する万里子

しかし、このままではいつになるのかわからないから 波留自身の幸せも
考えて欲しいという万里子



バーでお酒を飲む桂とタケル

「ごめんなさい」 と大声で謝り 他に好きな人が居ると告白する桂

「その人の前だと自分らしく居られて、タケルくんの前だと無理しちゃう」 と桂

「最初から??」 と タケル

「そうだったのかも・・」 と 桂

「楽しかったよ、俺は、じゃぁね」 と タケルは帰って行く

そんな様子をカウンターで見ていた裕樹に、トイレに立った桂とウェイターが
ぶつかり裕樹はびしょぬれに。

「すいません! クリーニング代弁償します」 と 謝る桂に

「ミズシマオートの方ですよね、僕波留さんの義理の弟です。
前に波留さんといっしょに居るとこ 見かけて」 と 裕樹

そんな二人は一緒に帰りながら
波留のことをべた褒めの桂と そうではない裕樹

もめているうちに桂の好きな人が波留だと裕樹に見抜かれてしまい
否定していた桂だったが

「残念だなぁ、協力しようと思っていたのに。 いいんだ、不毛な方思いのままで・・」
と いう裕樹の言葉に心が動く桂

波留の父は重い病のようだ。 まだ波留には言っていない。


そのころ 可南子はさっき一哉からもらったメールに書いてあった
昔懐かしい 丸岡食堂に来ていた。

食堂のおばちゃんは なつかしみ 「待ち合わせ?」 と聞く
促されたほうを見ると 一哉が。

二人でおいしい定食をほおばり、時間がまるでタイムスリップしたかのように
仲がいい二人

「ちゃんと過去の男だって説明したか? 俺、嫌だよ、ドロドロしたのに
巻き込まれるの。 可南子さ、俺が携帯届けたの旦那さんに隠してただろ。
ああいうの男ってなんでもない顔してるけど 結構傷つくんだぞ」

「だって、やっぱり申し訳なくて言えなかったの」 と可南子

「なぁんだ、夫婦してるじゃん、罪悪感があるってことは
ちゃんと夫婦してるってことだろ? 少なくとも他人ではないと思ってるってことだろ?」
と 一哉

「そうなのかな・・」 と 可南子

ミズシマオートに仕事から戻ると 可南子が来ていた。 ハト時計を届けに来たのだ。
みんな仕事も辞めて 可南子のようすを見ている。

ハト時計は波留の産みの親が、波留といっしょにオヤジに届けて行った奴だという。

帰ろうとする可南子に 行きつけの飲み屋の店長リッキーからの結婚式の招待状が
届いていた。 

宮本波留様 可南子様 と書いてある招待状 可南子は困惑している。
理想の夫婦だから やはり一緒に来てほしいと願って 招待状を
出してくれたらしいのだが。

波留は出席しなくていいという、可南子のことを考えてのことだ。

波留の父は 波留を呼び出し、可南子のことで何を悩んでいるのか
父に相談しろ と言う でなければ死んでも死にきれないと。
病気のことはまだ言わない父

波留がこの家に来たとき、猿みたいだと思ったそうだ
だけど その猿を守ってやらなくてはと思い
今はこうして 酒飲んでる と笑う父


リッキーの結婚式で 波留は可南子との結婚式を思い出す。

誓いの言葉を言う新婦が可南子と重なる

可南子は図書館の仕事が早めに終わり、(多分館長が気を聞かせてくれたと思うが)
普段着のままで せめてお花だけでも届けようと 結婚式にやってくる。





波留は祭壇の前に立ち、可南子が誓いの言葉を言う時 大声で

「誓いまーーーす!!」 と 叫んで かわいかったことを 可南子に告げる

恥ずかしいですね・・という可南子に


波留が言った言葉は

「可南子・・離婚しよう」





続く


テラヘルツ鉱石の家庭でできる岩盤浴
頭痛・不眠・冷え性・めまい・耳鳴り・などの体調不良




 只今無料 お試し中!!家庭でできる岩盤浴、テラ鉱石ブレスレット

ショップチャンネル










ランキングに登録しています。一日一回クリックして頂くと
喜びます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは♪

こちら今朝は晴れていいお天気です^^
自治会の集会がありましたから朝から出かけていました。

もう一度君に、プロポーズ 、結構人気がありますねぇ
昨日録画したぶんは未だ観れてません^^;

いつもありがとうございます。
素敵な週末を!☆☆
Amazon
最近の記事
家庭でできる岩盤浴
QRコード
QR
RSSフィード
お世話になっているサイト様
 お世話になっているフリー素材サイト様  Special Thanks
 ● Candied様
 ●素材屋カララバ様
 ● Angel様

フリー素材 POMO様
イラストポップ様働く人のイラスト
ハートのラインなどかわいい素材をお借りしています。 素材のプチッチ様
最新コメント
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。