もう一度君に、プロポーズ 第五話 あらすじ ネタバレ

もう一度君に、プロポーズ 第五話 あらすじ ネタバレ
たいして興味のある映画ではないのに、どうして行きたかったのか・・
館長にそこにヒントがあるかもしれないと背中を押され、映画に行ってみると
やはり興味のない映画で、途中可南子は眠ってしまった。
だが映画が終わると、そこに波留も来ていて、波留も眠ってしまったという。

可南子は、この映画を見たかったのではなくて、二人で出かけたかったんだということに
気がつく

すこしだけ、前向きになった可南子を見て波留はうれしい。
だが、可南子の弟 裕樹は
「姉を幸せにできてたと自信を持って言えますか? 姉にはもっとふさわしい人がいた
姉はそのひとと一緒になるべきだった。」
と波留に厳しく詰め寄る

波留自身、そのことで悩んでいた。
おれはきちんと可南子を幸せにできていたんだろうか・・・

気分が少し上がった可南子に同級生の繭子や美緒らから急な呼び出し。
行ってみると、可南子の元彼一哉(袴田吉彦)だった。

一哉はいきいきと仕事をこなし、今回も栄転で帰ってきたという。

繭子らは、「焼けぼっくりに火がつくのでは?」 と心配する。

だが、一哉は結婚していた。
可南子のことを 「デカイ魚逃した女発見!」 と言いながら近づいてくる一哉
一哉は相変わらずの自信家だ。

桂は波留に心を残したまま、ボーイフレンドのタケルとデートをしていた。

途中 手をつないでくるタケル

可南子の家、
帰宅が遅い可南子を心配する裕樹

裕樹にメール。志乃からのランチの誘いだった。
返信もしない裕樹


同窓会に居る可南子は、久しぶりに一哉との会話を楽しんでいた。

可南子が結婚指輪をしていないこと、旦那はどんな人?と尋ねる一哉


波留の家

管理人が可南子宛ての荷物を届けに来る。
可南子に電話をかける波留だが可南子は気付かない


同窓会が終わり、一哉は可南子を実家まで送って行く

「なんでじぶんち帰らないの?」と 一哉に聞かれ

ごまかす可南子だが・・・

降り際に携帯をタクシーに落としてしまい・・

家に帰った可南子に裕樹は、同窓会どうだった?と尋ねる
可南子は裕樹には一哉に会ったことは言えない


ミズシマオート 

波留はいきなり桂に手を見せてみろと言い 手をよく見る。
ドキドキする桂 そんな気持ちに気付かず
手がきれいすぎる! という波留
そう言いながら 新しい仕事をおまえにまかせるという波留

ちょっとうれしい桂

図書館の可南子に一哉から電話

携帯を忘れて行った可南子に届けてくれると言う。

職場の仲間にからかわれながら、一哉に会うと

波留からの着信で、なんとなく不審な態度をとる可南子

一哉はなんで そんな態度? と 聞く

そんな二人があっているところを桂と同僚に見られてしまう可南子



一方可南子は記憶がないことを、一哉に告げる

それで実家暮らし・・と納得する一哉は自分も離婚したと告白する。
可南子は、一哉にはなんでも話せる。


ミズシマオートでは社長がまた奥さんと喧嘩して 今日は呑もうと言う話に。

浮気した娘のだんなの味方をして、奥さんに嫌われたらしい。

浮気について、飲みながら語る男たちと桂

だが話の途中で可南子が男とお茶していたと耳にする波留

帰りに可南子から電話があり、 波留は宅配が届いていたことを告げる。
昨日は携帯を忘れたから、返事が遅れたと可南子

携帯は、昼休みに友達が届けてくれて、美緒っていう子だと
とっさに嘘をついてしまう可南子

波留はさっき同僚から聞いた男だと思ったが何も言わなかった。

翌日、波留は仕事に集中していた。まるで他のことを考えたくないように。

昨日、可南子が男とお茶してたと言ったせいだと反省する者、社長のとどめのせいだとも
みんなは心配する。


裕樹は任されていた大きな仕事から降ろされることになった。

先輩の長谷川にさらに嫌みを言われる裕樹

落ち込む・・・会社を出ると志乃が寄って来る。
だが 裕樹は志乃といっしょにいたい雰囲気じゃない

街を歩いていると 一哉に呼び止められた

頑張ったな!と言ってくれる一哉。
だが今仕事降ろされたばかりで・・と裕樹
この間あった時可南子から記憶喪失の話を聞いているので
おまえがささえなくちゃという一哉に
可南子が一哉に会ったこと・・何も言わなかった・・と 裕樹




可南子はメンタルクリニックへ行って同窓会で楽しかった。
元彼ともあって、今も好きとかではないけど 気がとてもらくだった
だけど うしろめたさもある・・と 相談する。

波留は宅急便で、可南子の荷物を送ろうとして、宮本・・と書いて消し、だけど
旧姓を書く気にもなれず 結局キャンセルする。

志乃は気にしないというが、彼女にやさしくできないのは嫌だと
裕樹は 志乃に別れを切り出す

波留はバイクを飛ばして可南子の荷物を届ける。

可南子は覚えがないというが、開けてみるとそれは
波留と可南子の家にあった鳩時計だった。
壊れて修理に出していたのだ・・・

夕食食べて行きなさいと万里子が波留に言い、
いつもの位置に座らせる。

そこへ裕樹が一哉を連れて戻ってくる。

「よっ!」 と 一哉

そのころ、夜景デートの桂とタケル

キスしようとするタケルを避けてしまう桂

「あのさ、俺と居て楽しい? 桂っていつもほかのこと考えてるよね」
と 図星のタケル


可南子の実家

裕樹は万里子に何で波留が居るんだ! と怒り、万里子も突然一哉を連れて来た裕樹に文句。

キッチンでもめている二人をよそに、覚えている元彼と 覚えていない主人とを
引き合わせる可南子

「可南子とは高校の同級生で」 と言いながら名刺をスマートに出す一哉

「すみません、俺、名刺持ち歩いてないもんで」 と波留

一哉は自己紹介が済むと、可南子の父の仏前に手を合わせる

「ご無沙汰してます」 と 一哉

複雑な波留


万里子の手料理を楽しみながら

「で・・どれぐらいぶりなんですか?」 と一哉に聞く 波留

「7年ぶりですかね、この前同窓会で会って」 と 一哉

一哉と可南子には、波留の知らない思い出があった。
一哉と裕樹の会話を聞いていて、一哉が可南子の家と
どんなに溶け込んでいるか わかった波留。

居心地が悪い可南子・・・

「携帯忘れて誰が届けたんだっけ」 と 一哉に言われ

繭子に届けてもらったと波留に嘘をついてしまった可南子は
一哉を睨む

波留が帰り、一哉は裕樹と酒を飲むようだ。

可南子が外まで送ってくる。

「あの・・すみませんでした。嘘をついてしまって・・・」

「ああ 携帯の話? いいよそれぐらい。
崎野さん いい人だね、さすが可南子の元彼だ。
すぐわかったよ。」 と 波留

「でも もう終わったことですから。 同窓会で会ったのも偶然で」 
と 可南子

「いいんだよ、そんな否定しなくても、
今日は来てよかった。 俺の知らなかった可南子が見られて。
じゃ おやすみ」 と
バイクにまたがり 帰っていく波留

可南子はなぜか 泣いて座り込んでしまう。

一哉が家から出てきて、帰るという

一哉も

「ほんと やさしい人じゃん」 と 言う



一人っきりの家に戻り、顔を洗う波留
多分 帰る途中泣いていたのかもしれない。
でも 涙を洗い流し さっきの鳩時計を見たときの 可南子の
表情を思い出して 可南子の日記を読んでみる。

波留が大切にしている鳩時計だから、修理に出した二人

「この時計には私の知らない波留の時間が詰まってる。
波留の大切な思い出が詰まっている。
直してあげたいなぁ

私にはどうすることもできないけど きっとどこかに
直せる人がいるはずだ」 

可南子の日記は波留に対する愛であふれていた。



一方 さみしそうに帰って行った波留のことが気がかりで
泣いてしまう可南子

可南子は愛し始めたのだろうか・・・


タケルに痛いところを指摘された桂は 波留の家に向かう。





続く


テラヘルツ鉱石の家庭でできる岩盤浴
頭痛・不眠・冷え性・めまい・耳鳴り・などの体調不良




 只今無料 お試し中!!家庭でできる岩盤浴、テラ鉱石ブレスレット

ショップチャンネル










ランキングに登録しています。一日一回クリックして頂くと
喜びます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
関連記事

コメント

非公開コメント

Amazon

QRコード

QR

お世話になっているサイト様

 お世話になっているフリー素材サイト様  Special Thanks
 ● Candied様
 ●素材屋カララバ様
 ● Angel様

フリー素材 POMO様
イラストポップ様働く人のイラスト
ハートのラインなどかわいい素材をお借りしています。 素材のプチッチ様

最新コメント

アクセス解析