平清盛 第十八話 あらすじ ネタバレ「誕生、後白河帝」

平清盛 第十八話 あらすじ ネタバレ 「誕生、後白河帝」
平氏の棟梁となった清盛に立ちはだかる帝のお世継ぎ問題。

鳥羽法皇と得子の子、近衛帝が病に倒れ、都は急に騒がしくなる。
まだ世継ぎが居ない近衛帝、次の世継ぎは崇徳上皇の子、重仁親王

しかし鳥羽法皇と崇徳上皇の対立から、事は容易には運ばない。

鳥羽院は崇徳を祖父、白河院の子ではないかと忌み嫌い、長く政治から
遠ざけてきた。

重仁を帝につけ、ついに崇徳上皇の世となるのか・・・
清盛決断の時・・・


鳥羽院は病の近衛帝を、自分の因果なのではないかと家成に漏らす。

強引に崇徳上皇を遠ざけ、近衛帝を帝にすえたことから・・・

伯父子といじめぬいたkとの因果かも・・・・・
と 鳥羽院

藤原家成が倒れ、清盛が見舞いに来る。

家成は、清盛の手を取り、

「どうか・・・どうか・・これより先も、法王様をお頼みします。
たとえこの身がどうなろうと、息子たちに何なりと
申しつけて欲しい」 と 家成

「承知つかまつりましてござりまする。万事われらにおまかせくださりませ。」
と 清盛

「感無量にございます。たくましき、野良犬の吠える声に
いまや朝廷 御自ら、耳を傾けるようになったのですからな・・」 と 言って
家成は、この世を去る


崇徳上皇と重仁様の前、清盛が控えている。

「帝のご容体かんばしからず、このままゆけば次の帝は重仁様になろう。
そしてそれを院としてお支えになるのが上皇様」 と 教長。

「そのあかつきには 朕に力を貸せ。
いまや政に 平氏の力は欠かせぬ」 と崇徳上皇

「身に余るお言葉なれど、その儀ばかりはお受けいたしかねまする。」
と 清盛

教長は、「どなたに向かって物申しておるか!!」 と。

清盛は 「われら平氏は、鳥羽の上皇様に忠義をつくす身。
そのお方と仲悪しきかたに力をお貸しするなどとてもかなわぬこと。
御用がそれだけでござりまするなら、これにてご無礼を」 と 清盛が
帰ろうとすると

崇徳上皇は 面白く生きよと言ったのは清盛じゃないか! と言う。

確かに昔そんなこともあった・・・

帰りに雅仁親王に出会う。

雅仁親王は、一介の武士をお頼りになるとは、おちぶれたものじゃ、
と 崇徳上皇を批判。

だが、清盛は、変わったのはわれら武士の役目だと言う。

雅仁親王は、清盛を一瞥し、そのまま去って行く。

平氏一門の会議。 盛国が発言すると家貞は立派になったと涙をこぼす・・

上皇様についたほうがいいと言うもの、両方に適当にというもの
いろいろと意見が出た。

興味深く見ている池禅尼と時子

清盛は、みんなの意見を聞き、法王様と上皇様に仲良くしてもらうと言いだす。

忠正は、批判的。

だが、平氏は上皇様と法王様の溝を埋めるために働く!と決断する清盛。


そのころ、京より遠く離れた鎮西の地で
源八郎為朝が暴れていた。

為朝は、為義の8番目の子。無双の弓矢の達者であったが、その素行の悪さゆえに
鳥羽法皇の怒りを買い、為義は左衛門大尉のつとめを解かれるはめになった。

為義が頼れるものは、いよいよ、藤原摂関家のみとなった。


左大臣頼長の御前。為義が比叡山の鬼若らを捕まえてきていた。

「100叩きの刑に処せ」 と頼長

だが、鬼若は 「おい! 悪左府殿、見忘れたか?
いつぞや、祇園社の争いにておぬしに力を貸してやったは、この鬼若ぞ!
見忘れたか!」 というと

「200叩きにせよ」 と 頼長

頼長に頼るしかないのか?と鬼若にバカにされ為義は

「帝の御容態かんばしからず、近いうち、頼長様の世も夢ではないのだ!」と
言いながら鬼若を叩く


だが、藤原摂関家の長、忠実は頼長をすこしうとましく思っている。

だが、父の言葉にも
「私の政を解さぬ愚人に貸す耳はござらぬ。
今度要らぬお口出しなさることあらば、父上といえども容赦はいたしませぬ」 
と言ってかえす。

このころ帝のお妃、呈子(しめこ)様はついにご出産ならぬまま、内裏に戻られていた。

信西は、藤原忠通がこのまま近衛帝が亡くなれば、重仁様が帝になり
崇徳上皇の世となろうと言うのを聞いて

「それは困りましたのう・・上皇様はあなた様や美福門院様を
お恨みにござりましょうから。」と言う。

信西が家に戻ると、雅仁親王が来ていて、妻の朝子を借りるという。
美濃の青墓宿へ行くので供をしてもらいたいと。

青墓とは、芸事が盛んな土地らしいが、信西は帝のご容態かんばしからず、
いつどうなるやもしれぬのですぞ。 と雅仁親王に。

だが雅仁親王は「私にはかかわりのないこと」 と言う。


得子は必死で近衛帝の平癒を祈る。護摩をたき、僧を集め・・・


一方、清盛は鳥羽院に上皇様に詫びるようにとすすめていた。

「いまさら、むしがよすぎるだろう」 という鳥羽院に

自分も平氏の子ではないが、みんなで向き合い乗り越え
今はこうして平氏の棟梁となっている。 と言う。

なにより鳥羽院自身がそれを望んでいるはずと。

一方、青墓へ行った雅仁親王は、美しい声の女に出会う。

乙前という白拍子の歌う歌にひかれ、もう一度歌ってくれと
雅仁親王。

都へ来て、歌の師となってくれ と 雅仁。

だが固辞する乙前

♪ あそびを せんとや~♪ と その白拍子の歌を歌いながら

「この歌のように面白う 世を生きておる男がおる。
重き重荷を背負うておりながら この天下の一大事に
上皇様や法王様でさえもあの男を頼っておる。

それに比べて私はどうだ? だれも私を見てはくれぬ。
声のかれるほど歌うておっても。
生まれてこずとも 何の障りもなかった者なのじゃ。」
雅仁様は 泣いたり 笑ったり・・

乙前は
「声をからして歌われるは、貴方様のうちに 何か正体の知れぬ力が
みなぎっているからにござりましょう。
ただ、貴方様はその力のやり場を見つけられぬだけ。
いつか 貴方様の内からなにかがあふれてくる。
それはきっと 世をおおいに動かすものにござりましょう。」 と。

「まことか? 乙前?」 と雅仁様

うなずく乙前。 乙前のひざで眠る雅仁様


得子の祈りもむなしく、近衛帝は17歳の若さで崩御された。


清盛は御所へ行くという。

「これは争いの始まりではない。法王様と上皇様が歩みよられる機会なのじゃ」 と
清盛



この数日前、悪左府頼長様は妻を亡くし喪に服していた。
このことが頼長様の命運を大きく動かした。
(源頼朝のナレーション)


近衛帝崩御の知らせを受けて御所にあがろうとするが、頼長は服喪中のため
遠慮してほしいと藤原家成の息子に言われる。

しかたなく下がる頼長

だが、裏では信西が動いていた。議定の場を警護していたのだ。
もめにもめている議定の場

清盛は御所に上がると、雅仁親王に出くわす。

雅仁は 「あんなにも望まれて生まれた なりひとがあんなにもはよう
はかなくおなりとはのう・・

やはり人は生まれいずることがすでにばくちじゃ。

だが、産まれて来なければ 勝つも負けるもない。

それではおもしろうない!!」 と言う。

もめている議定の場。

鳥羽院は 「重仁を即位させる、いやいっそ上皇を再び即位させてもよいと
思うておる。朕は今こそ上皇に詫びたいのじゃ。
なんの罪もない上皇を、朕は伯父子と疎み、政の場から
追いやった。心より詫び、ともに政をおこなってまいりたい。」

雅仁親王は ♪あそびをせんとや うまれけん、戯れせんとや生まれけん♪と
乙前に教わった歌を、清盛の前で歌う。



続く

平清盛キャスト

平清盛    松山 ケンイチ
平忠盛    中井 貴一
平家盛    大東 駿介
平忠正    豊原 功補
池禅尼     和久井 映見
平盛国    上川 隆也(鱸丸)
平盛康    佐土井 けん太
平家貞    中村 梅雀
明子     加藤 あい
時子      深田 恭子
平時忠    森田 剛

源義朝    玉木 宏
源為義    小日向 文世
常盤御前   武井 咲
源頼朝    岡田 将生
北条政子   杏

鳥羽院    三上 博史
崇徳上皇   井浦 新
璋子      壇 れい
堀川局    りょう
得子      松雪 泰子

佐藤義清   藤木 直人

藤原忠実   國村 準
藤原忠道   堀部 圭亮

藤原家成   佐藤 二郎
藤原家保   渡辺 哲
高階通憲   安部 サダヲ

兎丸      加藤 浩次

  











 只今無料 お試し中!!家庭でできる岩盤浴、テラ鉱石ブレスレット

ショップチャンネル






 今日のジェニさん
昨日、嵐かも・・・なんて日記を書いたのですが、嵐ではなく竜巻でした。

これは映画の情報なので、確かかどうかはわからないのですが
竜巻が近づいて、もう逃げても間に合わないと思ったら

外人は地下室があれば地下室にみんなで入り、
それが無い人、逃げ遅れた人はクッションみたいなのを持って
頭を保護して、バスタブに入る
のです。

映画でも見たし、海外ドラマでも見たので多分少しは信ぴょう性があるのかもです。

窓を開けてみようとしてガラスが割れ大けがをした男性もいたけれど

やっぱり、竜巻が来るってわかったら、とにかく家で一番安全な場所に。

と、考えると、風呂桶が一番確かですかね・・・

でも家の土台から根こそぎとか言うと、やはりどこかに非難シェルターを
作ってもらう必要があると思います。

今まで竜巻は無縁と思っていたけれど、空が真っ暗になり積乱雲が発生し、
雷、雹が振るなどのことがあったら竜巻の起こる可能性があるそうです。

車まで舞い上げますからね、恐いです。

落雷でも、重体の方がいらっしゃるそうです。 私も小さい頃、家の前で
落雷で人が亡くなり、それ以降、カミナリはすごく恐いです。

木の下に逃げ込んだ親子も重体とか。
カミナリは木の下は一番危険と何度もテレビで放送してるけど
まだいきわたってなかったかと思うと残念でなりません。

地震や津波が恐いのは昨年思い知ったけれど、やはり自然は恐いです。
政府でも もっと広報活動をするべきではないでしょうか。

カミナリがひどく鳴っている時に、犬の散歩で小学生の女の子が重体とか。
避けられたはずなのに。と 思うと残念でなりません。 どうか助かりますように。







ランキングに登録しています。一日一回クリックして頂くと
喜びます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
関連記事

コメント

No title

いつもありがとうございます。
途中に小雨が降ってきたけど
GW最終日の楽しいゴルフラウンドでした♪
感謝ありがとうエール送ります!

No title

こんばんは!

いつもありがとうございます。
竜巻の力ってすごいですね。
日本でも竜巻、ここ近年起こりますよね。

それでは、また★P

No title

連休キャンプ初日も雷が鳴ってましたが、
周囲の状況を見て…
サイト内には低い立木だけになっており、
逆に周囲の林は高い木立だったので大丈夫と判断しました。

キャンプ場自体が山間の谷間だったので、
あの地形なら安心でした。

5/7おはようございます♪

いつもありがとうございます。
★アイ☆p~push\(*^o^*)/push~p☆サツ★

今日は出勤です。
あっという間にGWも終わりましたね。
実家に帰省して、タマネギにタケノコ、ネギ、青物など、沢山の野菜を収穫してきました。
やはり獲り立ては新鮮で美味しいです。
また今日から気を引き締めて頑張って働きますよー!

”今日も頑張りましょう~!”

No title

5月7日の応援、完了です。

こんにちは^-^

バスタブにというのは、
私も聞いたことあります。
木の枝とか飛んでくるので、
バスタブに入ってれば、
そういう物が身体に刺さるのを、
避けることができることができるかも
ということで、バスタブらしいです^^
自然の力は怖いですね><

☆P

こんばんは♪

いつもありがとうございます。

GW中は3日間休みでしたが、どこにも出かけぬまま終わってしまいました。

こヾ(^o^-) ん(o^ー^)o ばo(^0^o*) ん(o^-^)ヾわ(*^〇^*)ノ”

いつもありがとうございます。
今夜も遊びに来ましたよぉ~。
( ̄ー ̄)クル(  ̄ー)(  ̄)( )( )() * パッ

こんばんわぁ^^

ゴールデンウィーク終わってしまいましたぁ(>_<)
また大型連休まで(お盆休みまで)がんばろうぉ・・・

いつもありがとうございます!!

No title

こんばんは!

いつもありがとうございます。
GWも明けてしまいましたね。
今日から平常モードですね。

それでは、また★P

No title

いつもありがとうございます。
竜巻怖いですね!
GWも終わり!
今日から元気に頑張りましょう♪
感謝ありがとうエール送ります!
非公開コメント

Amazon

QRコード

QR

お世話になっているサイト様

 お世話になっているフリー素材サイト様  Special Thanks
 ● Candied様
 ●素材屋カララバ様
 ● Angel様

フリー素材 POMO様
イラストポップ様働く人のイラスト
ハートのラインなどかわいい素材をお借りしています。 素材のプチッチ様

最新コメント

アクセス解析