スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅ちゃん先生 第一週 第二回 あらすじ ネタバレ

梅ちゃん先生 第一週 第二回 「あたらしい朝が来た」 あらすじ ネタバレ
昭和20年8月15日  日本の敗戦が国民に告げられた
その日の夜のことです。
林家正蔵のナレーション


「休場前で自決したひとが いるそうです。お役に立てないまま
自分だけ生き残って申し訳ない。 その気持ちはわかります。」と 竹夫

「残ったものがするべきことは いろいろある。」

「責任を取るべきことですか?」

「おまえはそんなこと考えなくてもよい。戦争に負けても医者は必要なんだぞ」と父

梅子は外に出ていて

「おかあさん!! 街があかるいよ!!」

女達は 外に出てみると 各家庭の電球がついていた。

「うちもはずしましょう」

「終ったんですね」 と 母
「いいんですね・・喜んで」と 松子

「いいわよ」 と 祖母

「でも たくさんの人が死んだわね」 と 祖母

「たくさん 家も焼けましたね」 と 母




下村家の朝ごはん

「梅子が早起きしてるのなんて 珍しいわね」 と 松子

梅子は工場に行かなくても済むと思ったら 早く目がさめたのだそうだ

食卓を囲みながら

「それにしても これからどうなるのかしら・・」 と 母

「占領軍が 来るでしょうね」 と竹夫

「アメリカの兵隊がたくさん来るのかしら、松子気をつけなさい、
あ・・・梅子もね」と 母

「あの・・・智司さんはいつごろ帰ってくるのでしょうか?
やっぱり 軍医も捕虜になるのでしょうか?」 と松子

「同じ軍人だ。当然そうだろう」 と父

「大丈夫よ、無事帰ることを信じて待ちましょう」 と母

祖母は花嫁修業でもしていればいいと言う

竹夫は 来年から解剖実習に入ると言う

「私は・・・どうしたらいいでしょう・・」 と梅子

「学校があるだろう」 と 父

「焼けました」 と 梅子

「建物は燃え立って学校は無くなってないだろう?」 と竹夫

「そそ、一回 行ってみなさい」と 母
相変わらず 梅子の扱いは 粗末だ。


家族に言われたように 学校の焼け跡に向かう梅子
梅子は学校へ行ってみましたが
いつ授業が再開されるのか 何もわかりませんでした。
姉や兄と違って これからの自分がどこに向かっていいのかちっとも見えないことが
梅子には もどかしかったのです。
林家正蔵のナレーション


隣の安岡のおじさんは どうせ死ぬからと飲んだくれている。

安岡は 梅子にあたり、
「お先まっくらなことには かわりないよ
あんたのところはいいよ、出来のいい子が二人もいりゃ ばんばんざいじゃないか
万歳、万歳」 と 良い

安岡の妻は
「あんないい方 梅ちゃんが どうでもいいみたいじゃないか」 と
たしなめるが

さっき安岡のおじさんが言ったようなことは
慣れっこになっていました。
(常に 出来のいい 姉と兄と比較される落ちこぼれの梅子)
でも 一人だけ違うことを言う人がいました。
林家正蔵のナレーション


昭和19年春
吉岡智司が家に来た時の話
家族が 松子と吉岡の婚約で盛り上がる中

一人で庭の花に水をやる梅子
「どうしてみんなの所に来ないの? 梅子ちゃん」と 智司

「その名前で呼ばないで、松や竹より下。
いっちばん最後。」 と梅子が言うと

「一番だよ、梅の花は春いちばん。
桜よりも先に咲いて みんなに希望を与える花だ。
君も そんな人になれるといいね」 と智司

「私のこと、知らないくせに」 と梅子

「わかるさ」 と 智司


そんなことを思い出しながら 歩いていると松子が肩を落として
座り込んでいた。

どうやら 誰かの戦死の知らせが今になって届いたと言う。
「捕虜になる心配だけじゃないのよ、もしかしたら・・」
と 松子

「大丈夫よ、智司さんは軍医だから敵の弾が 飛んでくるような
場所にいるわけじゃないんでしょう?」 と 梅子

「病院だって攻撃されたかも・・」 と さらに落ち込む松子

梅子はそんな松子の手を引いて 神社にお参りに行く
お賽銭を払って

「智司さんが 無事に帰って来ますように」 と何度も祈る梅子を

「ありがと、梅ちゃんは優しい子ね」 と抱き締める松子

松子は 配給所へ行ってしまった。神社の石段に腰掛けて
智司がいたころ 兄の竹夫と松子といっしょに歩いたことを
思い出す。
もしかしたら 淡い初恋なのかもしれない。

だが大きな物音がして 賽銭箱が 子供にこじあけられた。

「返してよ、私とお姉ちゃんが 戦地にいる智司さんの
無事をお祈りして いれたお賽銭なの」と 梅子が
訴えると その子は 奪ったお賽銭を 投げつけた



この少年が やがて自分の運命を大きく代えるようになるとは
このときはまだ 気付かない 梅子であった
林家正蔵のナレーション


つづく

梅ちゃん先生 キャスト

下村 梅子     堀北 真希
下村 松子     ミムラ
下村 竹夫     小出 恵介
下村 芳子     南  果歩
下村 建造     高橋 克実
下村 正枝     倍賞 美津子

安岡 信郎     松坂 桃李
安岡 和子     大島 蓉子
安岡 幸吉     片岡 鶴太郎

吉岡 智司     成宮 寛貴



今無料 お試し中!!







ショップチャンネル

ショップチャンネル

ショップチャンネル


宿・ホテル予約ならじゃらんnet
レディースプラン特集


アフィリエイトならリンクシェア



 今日のジェニさん
犬に噛まれた跡が まだ治りません。


場所が場所 手だし せっかく ネイルをして きれいにしている手なのに ショックです。


いくら おばさんの手でも これで料理や家事をするには 日ごろから ゴム手を家の各場所に
配置したり 常にオリーブオイルを塗っていたりと 手入れしていたのに
肝心の手が こんな傷跡じゃ・・・

お仕事 あれから何度もお電話もらいましたが もうお断りしました。

常に人様に噛みついて 文句を言われたら病院代を払う、と それはあまりにも
対応が 誠意がなさすぎだと思うけど・・





ランキングに登録しています。一日一回クリックして頂くと
喜びます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon
最近の記事
家庭でできる岩盤浴
QRコード
QR
RSSフィード
お世話になっているサイト様
 お世話になっているフリー素材サイト様  Special Thanks
 ● Candied様
 ●素材屋カララバ様
 ● Angel様

フリー素材 POMO様
イラストポップ様働く人のイラスト
ハートのラインなどかわいい素材をお借りしています。 素材のプチッチ様
最新コメント
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。