平清盛 第十三話 あらすじ ネタバレ

平清盛 第十三話 あらすじ ネタバレ 「祇園闘乱事件」

白河法皇と 鳥羽院によって乱れた世の中に不平を言う勢力 神、仏を奉じる寺社の勢力

時には 神輿(しんよ)を担ぎ出し、武器を片手に争うこともいとわなかった。

鳥羽院は 平氏に強訴の山法師を撃ち払えと命じ、
武力対 武力の 対決

それゆえ寺社勢力は 平氏を快く思っていなかった

そして今 さらなる 対決が


1147年 6月15日 清盛一党は 祇園社にいた。

一門の繁栄を祈願するため 田楽を奉納しに来ていたのだ。

(はずであった・・・)

(源頼朝のナレーション)


祇園社

田楽法師の警護にあたる清盛一党の前に 寺社のやからがたちふさがる。

「どけ!」 という 兎丸をみて 「兎丸!」 とそれを制止する 盛国

すると寺社のやからが 声をかける

「兎丸?おまえあの 兎丸か?」

(幼馴染の金覚 と 銀覚に 親の敵の 平忠盛の息子、清盛に仕えているとは!
と 馬鹿にされ 喧嘩になってしまう 兎丸)


これが平氏の存続をゆるがす 一大事の始まりであった。
(源頼朝のナレーション)

祇園社を支配下に置く 比叡山延暦寺にことの次第が伝えられ
日ごろ平氏をうとましく思っていた 比叡山延暦寺の明雲が
鳥羽院に訴えを起こした。

「清盛 一党には弁明の余地もございませぬ、厳罰を!」 

鳥羽院は 「あいわかった」 という


忠盛の館

「すぐに 盛国たちを 検非違使に差し出すのじゃ」 という 忠盛

だが 清盛は 「すぐに助けだすゆえ・・」 というが

兎丸は 牢屋暮らしは慣れていると言い
盛国は 「われらのことよりも 北の方様のことを・・
もうすぐ お子が生まれるのですから」 と言う


しかし 神輿(しんよ)を 立てに 清盛らの厳罰を願って
強訴を強硬する 山法師達

「おおかた 忠盛の入れ知恵であろう、忠盛、清盛もろとも
刈り取ってしまえ!」 と 命を出す 明雲

鬼若は 「強訴じゃ 強訴じゃ 」 と騒ぎ立てる


比叡山延暦寺は 目の上のこぶだった平氏の力をそぎおとすべく
神輿をかついで 強訴に及んだ。
(源頼朝のナレーション)


それを知った鳥羽院は 源氏に鎮圧を命じられた。
父為義とともに 制圧に向かう義朝
だが 山法師達は 神輿を立てにし

「神輿の前では武力は 無力ぞ」 と 鬼若が 源氏の矢の前に立ちはだかる。

為義は 神輿にひるみ、神輿を 避けて矢を射るのじゃ と言い、
為義の命に 従う義朝

だが 一本の矢が神輿を射抜いた。

明雲は 大騒ぎ 「誰じゃ、神に矢を向けたは誰じゃ?」 と。

清盛だった。




白河法皇の御代、時の関白 藤原師通は比叡山の求めに応じず
武力で撃ち払ったのちに 急死した。
人々はこれを 神罰と恐れ続けてきた。
神輿には神が宿ると言われており その神輿に矢を向けるものなど
現れるべくもなかった。
(源頼朝のナレーション)



平氏一門の会議

弟 家盛は 「兄上とて わざと神輿を射たわけでは ありますまい」
というが 

忠正は 故意に射るばかが この世におるか! と 怒りまくる。

だが 清盛は たまたまではなく 狙った と言う。

「あんなものは箱、神など宿ってはおらぬ!」 と 清盛

神罰に震える家臣たち・・・
忠正は 清盛を 災いの種と言う

家貞は 「とにかく わざと射たなどと 知られては ならぬ。
鳥羽の院とて かばいきれなくなる、すなわち 殿と清盛様に
流罪の裁きが下ると 言うことじゃ」 と言う

忠盛は 清盛を 殴りつけ

「宗子 支度せよ、蟄居するのじゃ」 という 忠盛


父と二人で 蟄居して

清盛は 「父上、申し訳ござりませぬ」 と 詫びるが

「加茂川の水、すごろくの賽、山法師を 亡き白河院は
”天下の三不如意”と 仰せであった」と 忠盛

「白河院さえ 手を焼いた 比叡山の強訴、わしらがあわてふためいたって
どうすることも できぬわ」 と 忠盛は 腹をくくっている。

鳥羽院は 藤原摂関家 信西入道らと 平氏の処罰について 詮議中

清盛を 快く思わない藤原頼長は
「神輿に矢を射るなど 言語道断。流罪が相当。
山法師の訴えが しごく最も
法王様が 今 なされるべきは 白河院が敷かれた道を
しかと立ちきることと存じまする」 と 一方的


「信西入道、 なんとする?」 と 鳥羽院

「さすが 内大臣様。 整然たる見事なお説。
されど 賛同は致しかねまする。

白河院が敷かれた道にて この何十年
国は治められ 形作られて参った。

その中で 上は公卿から武士 山法師
下はまずしき 民草に至るまで それぞれの生きる道を
探ってまいりました。
今更無しにするなど 治天の君が 何よりも なさっては ならぬこと」

藤原忠実は 「法王様の御代は 長くは続きますまい。
この忠実 神に矢を射ることの恐ろしさ 誰よりも存じておりまする。
神罰にて 父 師通を亡くしておりますゆえ。
ここで 清盛を庇護なされば 必ずや 災いが 及びまする」
と 流罪に賛成

詮議が終わり 藤原頼長は 
なぜ 自分の意見に反対したかと 信西入道に 尋ねる

「すべて まことの思い。 私が目指すは 新しき政による 
新しき 国づくり。
藤原摂関家による古き 政への立ち帰りではござりませぬ。
俗世にて 我が勤めを 果たす所存に ござりまする。」 と 信西入道

頼長は 信西入道を見送りながら

「流罪じゃ、何としても流罪にしてやる!」 と 強くつぶやく


なかなか 裁断が下らぬことに業を煮やした比叡山の大衆が
再び 強訴を行う動きを見せた

(源頼朝のナレーション)


その強訴を制圧するよう 命じられた源氏一門

源氏の家臣 鎌田通清は 

「忠盛親子が流罪となれば 源氏にとっては もっけの幸いだと言うに
これを阻むのが われらの使命とは・・」 と 嘆く

源氏の棟梁 為義は 確かに因果なことだが 死力を尽くして
これを阻む 。
源氏の武が 平氏に劣らぬところを見せ付けるのじゃ!

義朝は 「誰が清盛を流罪になんかさせるものか、こんな形で 俺の前から
姿を消させてたまるか!」 と

宗子は蟄居中の 忠盛に 着替えを届けさせる
家貞が まだ論がまとまっていないと 二人に伝える。

が 家貞は 時子からは 着替えではなく 違うものを預かっていて

「あの バカ! 何を考えておる!」 と 清盛

夫が蟄居中だと言うのに すごい食欲の時子
あきれる侍女

忠正は 時子の所へ来るが どうやら時子が産気づいて
忠正は 清太と清次の小守をすることに

清太は 忠正に尋ねる
「もしもおのこが 生まれたら どうなりまするか?
母上は 私や清次よりも ご自分の子ばかりを
ござりませぬか?」 と 小さな胸を 痛めていた

忠正は 「さようなことはけしてない。
誰も好き好んで 血のつながりがあるなしでは 争わぬ。」
と 言って聞かせる


蟄居中の二人は サイコロばくちを している。

ずっと 忠盛の負け

なぜ自分を引き取ったのかと 聞く清盛

「いつか こんな日が、平氏に災いする日が来ると
思わなかったのですか?」 と

忠盛は
「舞子という名前であった。
白河院という巨大なお方に たった一人で 盾をついた
強気おなご。
それが おまえの産みの母じゃ。
陰陽師の世迷いごとなど ものともせず
お前を 守り抜いた。 その身を呈して。

わしは この時が来るのを待っておった。
舞子より生まれし おまえが
当てにもならぬ 迷信のごときものに 立ち向かう時を。
清盛。 おまえは なくてはならぬ男だ。
平氏にも。 これからの先の世にも」
と 忠盛の言葉に こぶしを握り締める 清盛


藤原頼長は 強く 忠盛親子の流罪を主張

兎丸が海賊だったと 鳥羽院に告げる 藤原頼長

信西入道は 海賊は 知恵も力もある者たちだと言う。
それらを家来とし 法王様をお守りするに役立てるとは
これぞ清盛殿ならではの 才覚。 と 清盛をかばうが

どうしても 流罪にしたい頼長は 鬼若を 呼んで居た。

鬼若は 神輿の先頭に居て
源為義が 神輿を外して矢を射よ というのを
平清盛は まっすg 神輿に向かって矢を射たと
証言する。

頼長は 勝ち誇ったように わざと神輿に矢を射るなど
不作法すぎると 強く流罪を主張

だが信西入道は 清盛が世にかかせぬ男と主張

決断のつかない鳥羽院に 得子が

「平氏なくしては 法王様の世は続きますまい」
と アドバイス

鳥羽院は 得子に
「朕も 璋子を亡くしてこのかた思うことがあるのだ。
亡き白河院は 死してなお、朕を振りまわし続けた。
落としだねと 言われる清盛が騒ぎを起こし
朕を追い詰める
今も世を治めておるのは 白河院のような心地さえする。
今 迷いなく忠盛親子を救うことは この身に流れておる
白河院の血に操られて おるように感ずるのじゃ」
と 告げる

蟄居中の忠盛親子を 鳥羽院が尋ねて来る・

平清盛。 そちに尋ねたき 儀がある。
そちが 神輿を射たは わざとか?
手違いか?」

サイコロを握りしめ いちかばちか
清盛は
「わざとにござりまする。」 と 答える

動揺する鳥羽院は

「射てみよ。 神輿を射ぬいた時のごとく 朕を 射てみよ」
と 鳥羽院

清盛は 立ちあがり 矢を射る恰好をして 矢を放つ(エア矢)

鳥羽院は 矢を射抜かれたあたりをさわり 笑い転げる。
「血が 噴き出ておる。
わが身に住まう 白河院の血が。
一滴残らず 流れ出ておる。 
平清盛。そちこそが 神輿を射ぬいた矢 そのもの。
白河院が・・ 朕が・・乱しに乱した 世に報いられた
一本の矢じゃ」 という。


忠正の所へ 忠盛親子が 流罪を免れたと知らせがはいり
時子の子が生まれる。


願いが叶わなかった藤原頼長と 対照的に 願いがかなった信西入道

清盛が起こした騒動をきっかけに 次第に世は二つの勢力に
別れていくことになる。
(源頼朝のナレーション)



宗子は 忠盛が帰ってくると聞いても 浮かぬ顔
家貞が 尋ねると 宗子は 仏壇から 鹿の角を出す

「前の奥方様にゆかりの品であろう
この亡き御方は 今も殿にとって 格別のお方。
それゆえ 殿はなんとしても 清盛を守ろうと
なさるのであろう」 という宗子の嘆きを

耳にしてしまう 家盛


時子の産んだ子は 清三郎と名づけられた。

「恐かった」 と 恨みごとを言う時子に

「俺はどこにも行かぬ。 まだ勤めがあるのじゃ
この京において、平氏の子としてな」 と 清盛

「心配かけて悪かった ようこらえてくれた
よう産んでくれったな 時子」 と 清盛

だが家盛が やって来たと 盛国が伝えに来る。
弟が来て 飛んで行く清盛だが
家盛は もう兄を嫡男とは思えない。
これより先は 私が一門を背負うてまいる所存。

突然の家盛の宣戦布告だった。


続く

平清盛キャスト

平清盛    松山 ケンイチ
平忠盛    中井 貴一
平家盛    大東 駿介
平忠正    豊原 功補
宗子     和久井 映見
平盛国    上川 隆也(鱸丸)
平盛康    佐土井 けん太
平家貞    中村 梅雀
明子     加藤 あい
時子      深田 恭子
平時忠    森田 剛

源義朝    玉木 宏
源為義    小日向 文世
常盤御前   武井 咲
源頼朝    岡田 将生
北条政子   杏

鳥羽院    三上 博史
崇徳上皇   井浦 新
璋子      壇 れい
堀川局    りょう
得子      松雪 泰子

佐藤義清   藤木 直人

藤原忠実   國村 準
藤原忠道   堀部 圭亮

藤原家成   佐藤 二郎
藤原家保   渡辺 哲
高階通憲   安部 サダヲ

兎丸      加藤 浩次

  




今無料 お試し中!!







ショップチャンネル

ショップチャンネル

ショップチャンネル


宿・ホテル予約ならじゃらんnet
レディースプラン特集


アフィリエイトならリンクシェア



 今日のジェニさん
今日は春の嵐が吹き荒れましたが 早咲きの桜が散らないかと心配でした。


さて、死ぬまでに一度は見てみたいと言われている 日本五大桜

あなたは いくつ見たことがありますか?

大正11年、山高神代桜(山梨県北杜市)、根尾谷の淡墨桜(岐阜県本巣市)、
三春の滝桜(福島県田村郡三春町)、狩宿の下馬桜(静岡県富士宮市)、
石戸の蒲桜(埼玉県北本?市)の五本の桜が国の天然記念物に指定されました。

この五銘木を日本五大桜と呼ぶそうです。


私は まだ ひとつも クリアできず・・・






ランキングに登録しています。一日一回クリックして頂くと
喜びます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
関連記事

コメント

No title

こんばんは!

いつもありがとうございます。
日本五大桜、私もひとつもクリアできてないです。
それにしても静岡より西にはひとつもないんですね・・・

それでは、また★P

4/2おはようございます♪

いつもありがとうございます。
★アイ☆p~push\(*^o^*)/push~p☆サツ★

今日は出勤です。
4月に入りましたね。新年度ですね。
新入社員も入る予定なので、また新鮮味がある月になりそうです。
と言っても私も転職して2ヶ月ちょっとですが。。。(苦笑)
今月も宜しくお願い申し上げます。

”今日も頑張りましょう~!”

No title

清盛…
ウチのママさんも観てますよ。

ワタシはお付き合い程度ですが…(^_^;
非公開コメント

Amazon

QRコード

QR

お世話になっているサイト様

 お世話になっているフリー素材サイト様  Special Thanks
 ● Candied様
 ●素材屋カララバ様
 ● Angel様

フリー素材 POMO様
イラストポップ様働く人のイラスト
ハートのラインなどかわいい素材をお借りしています。 素材のプチッチ様

最新コメント

アクセス解析