カーネーション 第20週 あらすじ ネタバレ 「あなたを守りたい」

カーネーション 第20週 あらすじ ネタバレ 「あなたを守りたい」
昭和36年5月、 

この4月から 東京の百貨店で店を始めた直子が 毎晩のように
電話をかけてくるようになった。 相手をする千代

電話代を心配する糸子に 千代は こう毎晩電話をかけてくると
いうのは よっぽど仕事がきつくて へこたれているに違いない
だから 糸子に一度東京へ様子を見に行ってみたらどうか というが

「あのへそまがりが うちが 行くちゅうて ほいほい喜ぶかいな!」
と 言った糸子だったが ためしに翌日 行くというと

「・・・うん・・・ ええよ、うちは・・・」 との返事

「え?! ええんか? ほんまに行くで?」 と 糸子

「うん、待ってるわ」 と 直子

(こりゃ、よっぽどへこたれているに違いありません)
by 糸子


(東京まで こだま という特急電車で 東京まで7時間
世のなか ほんまに便利になった もんです。)
by 糸子



直子のお店をそっと 覗く糸子
すると 表のディスプレイに 何やら 意味不明な 鉄くずが・・・

驚く糸子だったが さらに 百貨店の人が来て

「小原君、言ったろう、この 鉄クズ 奥へ下げたまえ!」

「いや、けど これは・・・」 と 直子

「いいから 下げなさい! アートだかなんだか知らんが
汚らしい 目障りだ ここは百貨店なんだy、もっと品のある
店づくりをしたまえ」 と 百貨店のえらいさん。

「手伝うて!」 と 店員に言う 直子

「だから 言ったのに(笑) 」 と 店員にも バカにされる直子

糸子は店に入るタイミングを失って もう一回りしてくることに・・

そう思って また 一回りして戻ってきたら

同じ百貨店のえらいさんに 岸和田弁を 治されていた直子

「どうもありがとうございます」 と 百貨店の男

「ありがとうございます」 と 直子

何度も なんども 練習させられていて、 また 糸子は 入る
タイミングを失い もう一回りしてくることに・・



そんなこんなで百貨店を 3周ほど してから 店員さんらに
挨拶をし、 店に入って来る糸子

「そやけど あんた ほんまに 立派な 店やんか」 と糸子

すると
「うん・・まぁ・・上司も うちの才能、認めてくれて
好きに やらして もろうてるわ」 と 見栄を張る 直子

そこへ お客様 どうやら 先日買ったパンタロンが
履きにくかったらしい。

「ちょっとさぁ 作りなおしてよ、歩きにくいったらないんだから。
あんた よくこんな不良品でお金取れるわね、
どういう神経してるの? 信じられない!」 と ぼろかす

凹む直子

「見せてみ」 と 糸子

「あんた こら 無茶や、 別珍 こんな縫い方して
そんでまた こんなとこポケット付けたら そら歩きにくいわ。
とりあえずこのポケット 取り! そんで ここを・・・」と糸子が
言うと

「わかってへんな おかあちゃん、 そのポケットが肝心なんや
このデザインは そのポケットがついて 初めて完成するんや」
と べそをかいている直子

「あほか!服がポケットで完成するかいな! 服っちゅうのはな、
買うた人が 気持ちよう着て 初めて完成するんや、
ほれ やりなおし! 手伝うちゃるさかい」 と 糸子


直子のアパート
源太らも 集まって来ている

糸子は ”握りの松”を5人前注文するように言う。

どうやら ごちそうしたがり は 血すじのようだ
(千代のこと、言ってたけど どうやら自分もそのようだ)

源太が
「おれのオブジェ 評判どうだ?」

「ああ あれ あんたが こさえたんかいな?」 と 糸子

「え? おかあちゃんいつ 見たんよ?
あこの支配人に 汚い手作り 置くな 言われて 片づけた」
と 直子

糸子は 自分にも 鉄くずにしか見えなかったけれど
若い子のやることは 自分にわからなくても
間違っているとは 限らない と 最近は理解していると言う。
要は 外国語と 同じで それで通じ会っている人がいることは
わかる。 

「相手がどのくらい本気か 気持ちを込めて言っているかは
わかる。 あの鉄クズは 本気なんやな 思うたで」 と 糸子に
言われて 喜ぶ源太

そこで 糸子は 若いデザイナーの夢を聞く

みんなプレタで 世界に出ること が 夢なんだそうだ。

直子は 東京を今のパリみたいにしたい! と 目を輝かせる

東京が流行の発信地になって 東京コレクションを開く

(若い子らの夢の形は おもてもみんほど、広々と・・
どこまでも高うて 聞いてるこっちまで 飛んでいけそうでした。
夢は 大きいほど 壊れやすいかもしれんよって
どうか・・どうか・・守っていけるように
とりあえず おなかいっぱい 食べさすんが
やっぱし おばちゃんらの役目やな・・・)
by 糸子

糸子は岸和田に帰って いそいそとうれしそうな千代とともに
東京の直子や直子の友達に せっせと 食糧を送る。


喫茶 太鼓を譲り受けた 木之元のおっちゃん
昌ちゃんが カウンターに。

北村が客で着ていて そこへ糸子と聡子も合流する。

「なんや、話て?」 と 糸子

「おまえよ、聡子を 俺に預けへんけ?」 と 北村

これからプレタポルテをやりたいと思うが
有名どころは もう契約済み だから 若い子を集めて
一流のデザイナーに育てたいと言う。

「そいで 聡子を? あんたな、手当たりしだいもいいとこや」
と 糸子

「手当たりしだいちゃう、こいつかておまえの娘や」
と 北村

「けど・・・うち・・・」 と 聡子

「おう、興味あるか?」 と 北村

「うん!!ないことない」 と 聡子

「あかん!!この子は洋裁なんかせーへん。
あんたな、デザイン画の一枚でも自分から
描こうとしたことあるか? そんな甘いもんとちゃう。
中途半端なこと 言いな!!!」 と 糸子


つづく





カーネーション キャスト
周防龍一役の綾野剛さん素敵すぎますね。 今までこんなイケメン 見逃していたのか!と 思いましたが
やはり 仮面ライダー系でしたね。 しかも今までの綾野剛さんは 髪が 長く イメージも
どちらかというと 暗い役柄が多かったのかな?
綾野剛さんの公式サイトは こちら
絶対、絶対、今みたいな短いヘアスタイルが素敵です。



小原 糸子  ----  尾野真千子
尾野真千子さんは名前をなくした女神で ヒロインの秋山侑子の中学の時の同級生、安野ちひろ役をやった女優さんです。
小原 善作  ---  小林薫
小原 ハル  ---  正司照枝
周防 龍一   --- 綾野剛


















ショップチャンネル

ショップチャンネル

ショップチャンネル

京王百貨店
【京王百貨店】バレンタインフェア

【京王百貨店】バレンタインフェア



宿・ホテル予約ならじゃらんnet
レディースプラン特集


アフィリエイトならリンクシェア





 今日のジェニさん
昨日は 一歩も出ず でも 青竹踏みと 椅子スクワットを 何回かやりました。

まだ 基礎体力を つける段階ですから 体重の変化はありません。

一か月 500g減 を目指します。









ランキングに登録しています。一日一回クリックして頂くと
喜びます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
関連記事

コメント

非公開コメント

Amazon

QRコード

QR

お世話になっているサイト様

 お世話になっているフリー素材サイト様  Special Thanks
 ● Candied様
 ●素材屋カララバ様
 ● Angel様

フリー素材 POMO様
イラストポップ様働く人のイラスト
ハートのラインなどかわいい素材をお借りしています。 素材のプチッチ様

最新コメント

アクセス解析