スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ALWAYS 三丁目の夕日’64 あらすじ ネタバレ

ALWAYS 三丁目の夕日’64 3Dで観てきました。

やはり この映画 とてもいいですね、途中、うるうる 何度も来ました。

ドラマや映画の続編って全く視点を変えて・・みたいなものが多いのですが
この三丁目の夕日は違います。

六ちゃんも、一平も、 そして淳之介も そのまま 大きくなり、大人になり
時代は 東京オリンピックの時代を 表現しています。

予告編をご覧になっていない方は こちらから どうぞ。




ALWAYS 三丁目の夕日’64 あらすじ ネタバレ
見たい人だけ ドラッグしてね ↓

昭和39年(1964年)、東京オリンピックが開催されるこの年、オリンピックを控えた
東京は、ビルや高速道路の建設ラッシュとなり、熱気に満ち溢れていた。

そんな中、東京下町の夕日町三丁目では、5年前と変わらず、個性豊かな住民たちが
元気に暮らしている。。

茶川は、ヒロミ(小雪)と結婚し、高校生になった淳之介と3人で仲良く暮らしている。
茶川商店の一角は改装され、ヒロミが おかみを務める居酒屋 「新やまふじ」 が出来、
ヒロミは身重で もうすぐ家族が一人増える様子。
茶川は「冒険少年ブック」の看板作家となって、「銀河少年ミノル」 の連載を続けていたが
新人小説家 緑沼アキラの「ヴィールス」 に 人気を奪われつつあった・・・
編集者の富岡(大森南朋)から 「もっと新しい雰囲気で」 と言われた茶川は
またまたスランプ気味・・・・・

鈴木オートでは順調に事業を拡大し、新しい従業員、ケンジ(染谷将太)も 加わり 店構えも
立派になっていた。 後輩を厳しく指導するまでに成長した六子は、なぜか毎朝おめかしをして
出かけて行く。それは 前、六子が仕事中に腕を怪我したときに 治療してくれたお医者さんで
菊池孝太郎(森山未来)を待ち伏せて ただ 「おはよう」 の挨拶がかわせれば
それで 一日幸せだった。 そんな六子の様子を目撃する たばこやのおばちゃんキン(もたいまさこ)

そんなある日、車の修理依頼が突然来て それは 菊池の車で、六子は汚い作業着姿の
自分を見られてしまい、おまけに 車の油が顔についてしまい、あこがれの菊池に
「たぬきみたい!」 と 笑われてショックを受ける。 だが菊池は お礼にと六子を
銀座へのデートに誘い、初めてフルーツパーラーでスイーツを食べる六子。

一方 茶川に届いた一通の電報。それは 松本に住む茶川の父、林太郎(米倉斉加年)が
危篤だという知らせ。 だが 父から小説家なんぞになるんなら!と勘当を受けていた
茶川は その知らせを受けても 行かないで電報を隠していた。 だがその電報をヒロミが
見つけ、自分は父親が死ぬ時に 行けなかったからと説得し 茶川は松本の実家へ向かう。

父の世話をしてくれていた叔母の 奈津子(高畑淳子)は 茶川を歓迎するが 危篤のはずの
父は 持ち直したらしく 冷たい言葉で 茶川を追い返してしまう。 見舞いに来たのが間違いだったと
後悔する茶川。 そしてそんな茶川にさらなるピンチ、人気新人小説家緑沼アキラのファンレターが
すごいと編集者の富岡に聞かされた茶川は 自分で何通も何通もファンレターを書いて偽造するが
結局jそれは ばれて 連載は打ち切りになり・・・実は自分を苦しめていた緑沼アキラの正体は
東大を目指して勉強しているはずの 淳之介だった。淳之介は 腕試しのつもりで投稿してみたら
あれよ・・あれよ・・と言う間に そんなことになって、 東大へ行って成功して欲しいと思っている
茶川の気持ちを思うと 小説家になりたいとは 死んでも言えないでいた。
だが 茶川の知るところとなり、小説家に なりたい!と訴えるが 茶川は 今の自分の生活を
見て見ろ! と言い、身重のかみさんのヒモだぞ、 小説家なんて良い時はちやほやされても
あきられれば ぽいと捨てられる。 茶川は せっかく東大に入れる頭がある淳之介に
そんな暮らしを して欲しくなかったのだ。 茶川の意思を組んで 淳之介は 連載を辞め
東大への受験勉強に専念する。

しかし そんな茶川に届いたのは 「チチシス」 の電報だった。
ヒロミを伴って 父の葬儀に行くが ふてくされている茶川に 叔母の奈津子が
茶川の父、林太郎はいかに茶川のファンで、茶川を応援していたか、そして
いつ帰って来てもいいように 茶川の部屋もそのままにしてある と 言った。
あわてて 子供の頃の自分の部屋に入る茶川。 そこには茶川の連載の本が
全部並べてあって 父の一言が 必ず添えられていた。
叔母の奈津子によると 小説家なんて なまやさしい 仕事じゃないだろうから
あえて 心を鬼にして 茶川を突き放したのだという。
茶川も 何度も 小説家を辞めようと思ったが そのたびに 小説家と言う仕事を
認めない父のことを考えて 見返してやろうと思って 頑張って 今の茶川が
あるのだ。 だが・・茶川は どうすればいいのだろう、病床の父に悪態をついて
それが 最後の別れとなってしまった。 応援してくれていた父に お礼の
一言も言えなかった・・・・ 父の深い愛情を やっと知る茶川


一方 六子は菊池からバカンスに誘われる。 一泊で旅行しようと言うのだ。
それを聞いて 煙草屋のリンは 菊池の悪い噂を 六子に伝える。
女癖が悪く それで前の病院もクビになり 今でもやくざとつきあいがあるという・・・

悩む、六子。どんなに悪い噂を聞いても 菊池の後をつけて 怪しい場所に入って行って
水商売の女に囲まれているのを見ても、初めて会った時、六子が治療して
もらっている時、「これは傷が残るかも・・」 と 言いながら、仕事でできた傷や
しみやしわは その人の生きた証だから 嫌いではない と言った菊池の言葉が
嘘だとは 思えなかったのだ。

六子は ヒロミに相談すると 「それは 六ちゃんが決めること。六ちゃんはどう思うの?」
と 聞く。 ヒロミの言葉で 六子は 菊池とのバカンスを決意する。

鈴木オートで バカンスに行きたいと言うと トモエが六ちゃんも たまには息抜きしなきゃ
と言い、バカンスの許可が出る。

だが 菊池の車に乗り込む所を丸山(マギー)と 吉田(ぬっくん)に見られ たまたま
そこに居た鈴木オートに 「六ちゃんといっしょに車に乗った男は誰だ!」 と言い、
それは 六子を娘のように思う鈴木オートにとっては 寝耳に水の言葉。
鈴木オートでは 六子を大心配する。
翌日 送られて帰って来た六子の前に 一平とケンジが現れ 「バレてるよ、
二人とも 来いってさ」 と 言いに来る。
鈴木オートが怒ると どんなことになるか・・・殺されるかもしれないと 思った
六子は 「菊池さん 逃げて!」 と言うが
菊池は 逃げることなんてない! と 鈴木オートの前に行くが
地響きがして・・・・・ 当然 菊池はぶん殴られる。

みんなで止めに入る。身重のヒロミまで 「自分が余計なことを
言ったから・・」 と鈴木オートに近づくと ヒロミは転んでしまう・・

激怒する 鈴木オートに ヒロミの様子がおかしいのに気付いた
トモエは 「あなた! ヒロミさんに 何したの!!」と
大騒ぎになり 茶川は産婆を呼びに行き、一平は宅間先生(三浦友和)を
呼びに行き その間 産科の経験もある菊池が 様子を見ることになる。

菊池のことで 事なきを得、宅間先生は菊池と知り合いで
実は 菊池は 無料診療を続けているという。
ボランティアで医療を受けられない人、時には水商売の女たちや
やくざまで とにかくそういう活動をしているのだが 大学病院では
そういう活動を禁止している。 だから それがばれて 前の病院も
クビになったと言う。

六子から事情を聞く 鈴木オート 「みんなが心配しているようなことは
何もない、菊池さんの実家に連れて行かれた」 という六子

菊池は 六子と結婚したいと親に紹介しに行ったのだ。

だが六子に断られたと言う。 「お世話になってる社長さんに
鈴木オートを立派な会社に育てると約束したし 今、ケンジでは
まだ役にたたないし 仕事を辞めることはできない」 と 六子


みんなが帰った後、トモエは 六子の結婚を認めてあげようと
鈴木オートを説得する。

二人を呼んで、「結婚を認める」 と 言いだせない鈴木オート
トモエが代わりに 結婚しても 鈴木オートで 働いて欲しいと
提案する。 
鈴木オートは 「六子を不幸にしたら お前を殺す!」
と言う

一平から 「どうして 父さんと母さんが六ちゃんの結婚を
認める権利があるんだ? 決めるのは六ちゃんのご両親では?」
と 言われ

二人とも それはそうだ!と  やっと気付くが

六子は 「社長さんと奥さんは 私の東京のお父さんと
おかあさんです」 と はっきり言う。

時は東京オリンピック、茶川の家では やっと白黒テレビを
買ったのだが 鈴木オートには カラーテレビが 入っていた。
ヒロミは 「みんなで応援しよう」 と 鈴木オートに 淳之介と
茶川を 伴って カラーテレビを見に行くが・・・
産気づいてしまい みんなオリンピックの応援どころでは
なくなり 産婆が呼ばれ・・・・・

かわいい女の子が誕生した。
茶川は 生まれたての女の子を抱き 「お父さんだよ」
と 言い、淳之介を呼んで 「おまえの おにいちゃんだ」
と 言う。

菊池と六子の結婚式。 きれいなきれいな花嫁さんは
鈴木オートとトモエに 「今までお世話になりました」
と 礼を 言う。 涙ぐむ 二人
二人の結婚式は教会で行われ おみやげだと思っていた
ライスを 投げつけ・・・
「何で 米を投げるんだ?」 と 鈴木オート

二人を新幹線の駅まで 送って行く

新幹線こだまの中で 六子は 大好きな 夕日を眺めていた。


一方、茶川は 編集者の富岡に会い、 淳之介を
待ち伏せしているらしいな・・と言い
すると 富岡は「事情を知らなくて スミマセンでした。
淳之介くんを 引き取られたそうですね、彼は
とてもそれを恩義に感じていて、おじちゃんを
裏切ることは 絶対にできない と 言われたので
もう あきらめました」 と言う

そんな富岡に 茶川は 一芝居打ってもらうように
頼む。

茶川の家、富岡が尋ねてきて 淳之介に 会社に
一部屋用意したので いつでも その部屋を使ってもらっても
いい と 言いだす。

茶川は 淳之介を呼び、 まさか まだ小説を書きたいわけじゃ
ないだろうな! と 悪態をつき、 おまえには ほとほと
愛想がつきた と言い 淳之介の荷物を 外へ放り出す。

頭をふかぶかと下げて 出て行く淳之介
編集者の富岡は 茶川に一礼して あわてて後を追う。


車で 富岡と雑誌社に向かう途中 淳之介は 何かがないことに
気付いて 車を停めてもらい また家に戻る。

一方茶川も 淳之介の部屋で 初めて買ってあげた万年筆を
見つけ それを持って 走り出す。
戻って来た淳之介のポケットに それを 入れてやる茶川

「これが おまえの原点だろう」 と 言い
後ろを向いて 家に帰る 茶川

「僕、 わかってますから。 おじちゃんの気持ち 全部
わかってますから」 と 淳之介の声が後ろから
追いかける・・・



茶川とヒロミは 新しい命といっしょに 夕日を見つめていた。

「おまえが大きくなっても 夕日がこんなにきれいに
見えればいいなぁ・・・・」


見たい人だけドラッグしてね ↑ ここまで
終わり






今無料 お試し中!!
    




ショップチャンネル

ショップチャンネル

ショップチャンネル


 




骨盤ベルトとパワーネットのWの引き締め♪


 







ランキングに登録しています。一日一回クリックして頂くと
喜びます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

こヾ(^o^-) ん(o^ー^)o ばo(^0^o*) ん(o^-^)ヾわ(*^〇^*)ノ”

いつもありがとうございます。
今夜も遊びに来ましたよぉ~。
|≧∇≦)ノ |∇≦)ノ |≦)ノ |ノ パッ *
Amazon
最近の記事
家庭でできる岩盤浴
QRコード
QR
RSSフィード
お世話になっているサイト様
 お世話になっているフリー素材サイト様  Special Thanks
 ● Candied様
 ●素材屋カララバ様
 ● Angel様

フリー素材 POMO様
イラストポップ様働く人のイラスト
ハートのラインなどかわいい素材をお借りしています。 素材のプチッチ様
最新コメント
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。