私が恋愛できない理由 第七話 あらすじ ネタバレ

私が恋愛できない理由 第七話 あらすじ ネタバレ 「恋にさまよってしまったら」

「親友が困ってるから どうしても行かなくちゃいけない」
そう言って 優の元へ かけつけた恵美

武居は 恵美が優の手を握り 眠っているのを見てしまい
恵美に 突然 別れを切り出す。



咲は 拓海が美鈴の夫だと知りながら 好きな気持ちを抑えることが
できない。


真子は 山本から 別れようと 言われてしまう・・



武居の所へ 昨日のこと 謝りに行く恵美だったが
武居の 気持ちは変わらない

職場へ戻ると 優が
「昨日は 悪かったな・・
気付いたら寝ちゃっててさ さっき 目覚めたよ」
 と 後片付けをしていた。
優は 恵美が 優の手を握って眠っていたのを 知らない。


真子は 職場で 派遣の契約を切られ

同僚達が 「真子って 山本さんと 木崎さん 二股かけてたらしいよ」
と言うのを 聞いてしまう。



一方、ネットで 男性の不妊治療を検索していた 咲は

拓海に 二人でよく行く海の写真を送る。

その写真に癒される拓海

そこへ 美鈴が入って来る。

大きな仕事を取って来たようだ。
こんな 大きな仕事 どんどん やったほうがいいよ という
美鈴

舞い上がっている美鈴と 対照的に 拓海の表情は
暗い。

拓海は 外へ出ようとするが

「最近 忙しそうだね、この前もずっと 朝まで帰って来なかったし・・」
と 美鈴

「仕事が 急にとらぶって」 と 拓海

「じゃあ 検査の結果 聞けてないんだ」 と 美鈴

「うん・・まだ・・・」 と 拓海は ほんとうのことが言えない。


恵美が 家に帰ると 真子は お料理を作っていなくて
ファーストフードを 咲と 並べていた。

「山本さんにフラれて 仕事も契約 切れた」 と 
真子

「ハァ? 何やってんの?」 と 恵美

「なんか・・うまくいきません 先輩がうらやましいです。
手に職あるし 恋もうまくいってそうだし・・」 と 真子

恵美は 武居に別れを切り出されたことを
二人に話す。

「何それ?」 と 咲

「昨日、優がさ、結婚破談に なったとか言って飲んでて
で・・武居さんの大事な試合 途中で抜けて 私
出てきちゃった」 と 恵美

「そいで 優さんところに行っちゃったんですか?」
と 真子

「うん・・・」 と 恵美

「どうして!!!」 と 咲

「自分でもよくわかんないんだけど 咲や真子が困ってたら
とんでくのと 同じように・・・」 と 恵美

「武居さんに そう説明しました?」 と 真子

「事情説明してないの?」 と 咲

「謝りには 行ったんだよ、でも説明するのってさ
いいわけしてるみたいで」 と 恵美

「事情を伝えるのは いいわけじゃないです。
もう一度ちゃんと 話したほうが いいです」 と
真子


「うん・・・」 という 恵美に

「難しいね 恋愛って」 と 咲が めずらしく
そんなことを 言うから

「あれ? 今日は言わないんですか?
だから 駄目なんだよ 藤井先輩は!! って」
と 真子

咲は 自分も今 さまよい中だと言う

真子は
「私たち それなりに普通だと 思うんです。
なのに・・ こんなに恋愛できないって なんなんでしょうね」
と言う

「なぁんでかなぁ・・
やっぱり 恋愛よりも仕事のほうが 私は
性に合ってるのかな。」 と 全くわかっていない恵美



「代々木でライブの仕事が決まった」 と 拓海から聞いて
大盛り上がりの スタッフ達。

「今回はスターライツと 共同でやる」 と 拓海

スターライツとは 今 急成長している照明会社


チーフは 恵美に決まった。
先方からも 恵美が指名されたそうだ。

高橋は 藤井さんの初チーフを祝って
藤井さんちで 決起集会で 鍋パーティをしようと
提案。

みんなも それに乗るが
拓海は 咲もいっしょと聞いて 断る。


真子が 会社を 去る日

木崎が追いかけてきて 桃子と連絡が取れないと言う。

「桃子と付き合ってたんじゃ ないんですか?」と 真子

「そうじゃないんだよね
とにかく ごめん じゃ 元気で」 と それだけ言って
木崎は 去って行く。

その様子を見ていた 山本

真子は
「いろいろ お世話になりました」 と 礼を言うが

山本は
「やっぱり 木崎さんと・・契約が切られたのも
男にだらしないからなんだってね?」 と言う

「違います、ただの噂です。」 と 否定する真子だが

「まさか その噂 僕が流したなんて 思ってないよね?
僕のせいじゃ ないからね」 と 山本は
去って行く。


恵美は 武居を呼び出し この間のこと もう一度
ちゃんと謝りたいな と 思って と 言うが

武居は 「謝らなければ ならないのは 僕のほうですよ、
恵美さんは 僕のこと 好きですか?」 と 聞く

答えられない恵美

「変なこと聞いてすみません。 焦って形だけ 求めてしまって
すいませんでした。 正直 付き合い始めてから
恵美さんの心をつかめれば いいと 思っていました。
でも それは 無理みたいです。
恵美さんは 恵美さんの一番の人のところに向かって下さい。
もし 僕のことが一番な日が 来たら またお付き合いする
っていうのは どうでしょうか?」 と 武居

「すみませんでした・・」 と 恵美

「謝らないでください。 告白を取り消すなんて ほんと
すいませんでした」 と 武居はどこまでも いい人。



真子は 傷ついて 帰る途中

素敵なワインバーのお店を見つけて 入ってみる。

「お勧め ください」 という真子に

オーナーシェフの 榎本信司は
「全部お勧めですけどね」 と 言いながら
おいしい お料理を作ってくれる。

口に運ぶと

「おいしい・・・」 涙がこぼれる真子

シェフの榎本が 心配して声をかけると

「すみません・・ どんなにみじめでも
おいしいものは おいしいんだなって・・・」
と 真子は 涙ぐむ

食べながら 泣いている真子に
そっと おしぼりを 渡し

「泣くか食べるか どっちかにしたら?」
と シェフ



代々木のライブの打ち合わせ

スターライツの野口を連れて 美鈴が入って来る

名刺を渡す恵美だが 野口は
「前に コンサートの現場でご一緒しましたよね
あの時から センスいいなぁって思ってて
今回 是非 チーフにって 白石さんに
お願いしたんですよ」 と言う



咲にキャバクラから 電話があるが 今日は予定があると
断る 咲



スターライツの野口との打ち合わせが 終わり

野口は 恵美に
「藤井さん 一緒にいいもの作りましょうね。
女性の照明チーフと仕事ご一緒するの
初めてなんで 楽しみにしてます」
と 言ってくれる。

打ち合わせを終えて 帰ろうとする拓海を呼びとめる美鈴

「拓海、今日も遅いの?」

「あぁ・・・ じゃね・・」 と 拓海は
美鈴の顔も見ないで
エレベーターに乗り込み ドアを閉める。



恵美が職場に戻ると 優が

「プライベート うまくいってっから 仕事も
乗ってきたんじゃ ないの?
武居さんの おかげだよ」 と 言う

「そんなんじゃないし」 と 恵美

「俺も落ち込んでる場合じゃ ねぇな」 と 優


美鈴のところに 拓海の手帳が 届けられる

会議室に おきっぱなしになっていた と言う。




そのころ 拓海と 咲は 屋台で おでんを食べていた。
仲良く ウィンナーを 取り合って
拓海も とても リラックスしている。

美鈴から 電話があるが 拓海は 無視する。



拓海の車が 会社に着く。 もちろん助手席には 咲。
手帳を忘れたから 取って来るという 拓海
咲は 助手席で 待つ

そこへ 美鈴がタクシーで やってくる

会社から出て来る拓海を見て 声をかけようとする美鈴だが
拓海は 車の中にいる誰かに
「見つからなかった どこ行ったんだろう」 と 
そのまま 車に乗り込む

とっさに 陰にかくれる美鈴

助手席には 拓海のそばで にこにこ笑っている咲が居た。

なんとなく 気づいてはいたものの ショックを受ける美鈴


恵美の家で 鍋パーティ

咲狙いの 高橋は 咲に ハートのパズルをプレゼント

パーティは 盛り上がる

優と片づけものをしながら 真子は 恵美が武居に
優のことで ふられたと 話す。

「あの日・・・」 と 優

田村の妻から電話が入り あわてて帰る男たち

帰り際 優は 恵美に 何か言おうとしたが・・・

「また 明日」 と 言って別れる

ソファーで 寝てしまった 咲のために 咲の部屋に入って
毛布を取ろうとして 鉛筆立てをひっくりかえした恵美

すると その中に 白石拓海のボールペンが・・


翌朝 高橋は 出勤してきた拓海に
「咲さんに 好きな人がいるみたいなんです」 と言う

恵美は 機材をチェックしながら 優に 聞かれる

「あのさ 俺のせいで 武居さんと別れたの?」

「あぁ もしかして 咲か真子から なんか聞いた?
ほんと 優のせいじゃないから 別れることに
なったのは 私のせいだから。
武居さんのこと まだちゃんと好きになって
なかったから」 と 恵美



家で ハートのパズルを作る真子に 妹の桃子から電話

「派遣切られたって ママから聞いた。」

真子は桃子と ランチして

「どうして 木崎さんと連絡取らなかったの?」
と 聞くと
「好きじゃなかったから、 ただ おねえちゃんのもの
取ってみたかっただけ・・
おねえちゃん そんなに にぶいから 私みたいなのに
いじわるされちゃうんだよ」 と 桃子

「そうか・・ そうだね、 私って 仕事も恋愛も
器用にできないんだね」 と
妙に納得する 真子

「うん そうだよ、鈍いし不器用だし とろいし
とりえなんて 料理しかないじゃん。
ママにしかられるたびに ホットケーキ作って
くれたでしょ、 あれ食べると 即効
涙止まったんだよね。」 と 明るく笑う桃子

「また 作ってあげようか」 と 真子



恵美が 打ち合わせから戻ると 職場に ひかりが復帰していた。
どうやら お見合い結婚も 順調にすすんでいるらしい。

ひかりと お茶する恵美

ひかりは 
恵美と優の仲のよさが ずっとうらやましかった。 だから自分も
優とそうなりたいと思ったが、でも 自分には 無理だった
焦って結婚したいって騒いでおいて 自分で駄目にして
優ちゃんに悪いことをした。 と言う

「藤井さん 今でも 優ちゃんのことが好きですか?
優ちゃんのこと よろしく お願いします」
と ひかり


優は 武居を呼び出して 恵美と 仲直りしてほしいと
頼むが

「怒ってるわけじゃなくて 悪いのは自分だ。
勝手に一人で 盛り上がって付き合い始めちゃって・・・
優さん 僕 恵美さんを真剣に好きでした。
だから わかります。
恵美さんの中で 一番は 今も 優さんです」
と 武居は 言う


恵美の家

美鈴が 咲を 訪ねて来る。

何の用かは わかっている恵美

「知ってるんでしょ? 拓海と咲ちゃんのこと・・」 という美鈴

「いや、でも ほんとに詳しいことはわからなくて」 と 恵美

美鈴は 二人が一緒に居る所を見て
どうしたらいいのかわからなくて 咲に会いに来た。
世間の妻は どうするのか?怒鳴るのか? 泣き叫ぶのか?

恋愛経験のない恵美に 何か言ってあげられるはずもなく・・



そのころ 拓海と咲は 拓海が初めて咲を連れて来てくれた
あの きれいな夜景の海が見える場所に居た。

「よし! 特等席!」 と うれしそうに座る咲

「そこが お気に入りの席なんだよね」 と 拓海

「いいなぁ 会社にちゃーんと自分の席が あって」

「立派じゃないよ」

「私の席は どこにあるのかなぁ なんか こんなに断られ続けたら
なんか 世界中から おまえは いらないって 言われてる
気がしてさ」 と 咲

「おれも 同じだよ、頑張ってやってきたつもりだったが
結局は 美鈴が 用意した席に座ってるだけだ」 と 拓海


「美鈴さんに まだ 話せてないんだ」 と 咲

「前はさ、 いらない人間なんて いないってそう思ってたけど
そんなことないね、悲しいけどいるんだね、そういう奴は
どこに行けばいいんだろうな」 と 拓海

「ここに来ればいいんじゃない? 大丈夫だよ
要らないって言われても 私は 要るから」 と 咲は
拓海と 手をつなぐ。



咲の帰りを待つ 恵美 
真子も 起きて来る

そこへ 咲が戻って来る

恵美は いきなり 咲に
「咲の好きな人って 社長なんだ」 と 言う

「だったら どうなの?」 と 咲

「美鈴さんのだんなさんだよ!」 と恵美

「信じてもらえないかもしれないけど
やましいことは してないよ」 と 咲

「美鈴さんを 裏切ってるんだよ 傷つけてるんだよ
それでも 奪っていいの?」 と 恵美

「じゃ 藤井先輩は 優のことを 奪いたいと思ったことは
ないわけ? ひかりちゃんと別れたんでしょう?
だったら いいじゃん ほんとは チャンスとか
思ってるんでしょ」 と 咲

「思ってないよ!」と 恵美

「かっこつけないで 奪えばいいじゃん」 と咲

「そんなこと できるわけないじゃん」 と 恵美

「なんでできないの? うじうじして 仕事に逃げてさ」 と 咲

「仕事もしないで 恋愛に溺れてるより ましだよ!」 と 恵美

「しょうがないじゃん!!! どうしていいかわかんないんだから!
初めてなの、全然 気持ちが止まらない
好きになっちゃった・・ ただそばに居たいの
ねぇ これって不倫になるの?
ならないよね?」 そう言い残して 部屋へ入ってしまう咲

真子は

「あんな 咲先輩 初めて見ました。」

「うん・・・」 と 恵美

「いつも クールに恋愛のこと 語ってたのに」 と 真子

「自分のことになると 見えなくなるんだね
ほんとに 恋すると」 と 恵美

「恋愛って パズルみたいですね 慎重にはめていっても
なかなか ピースが埋まらない
もしかしたら 私の パズルには 恋とか結婚とかいう
ピースがないかもしれません。
だったら 一人で 生きて行くピースを見つけないと」
と 真子


拓海は 荷物をまとめていた

「何してるの? 拓海」

「俺達 いっしょに 居ないほうがいいかもしれない
俺は 美鈴にとって 必要のない人間だ
俺には 子供が作れないらしい。
俺じゃ 美鈴の夢 かなえてやれない
美鈴のこと 幸せにしてやれないよ
ごめんね・・・・・」 と 言って出て行く



翌日 真子は この前 入ったワインバー ランコントルの前に居た

キッチンスタッフ募集の張り紙

真子は 中へ 入って行った



恋にさまよってしまったら 恋以外の何かに目を
むけてみるといい

見失ったパズルのピースが きっと見つかるから



優は スターライツの野口と打ち合わせに行く恵美に
声をかける

「藤井! 俺にできることあったら 言えよ」

つづく


私が恋愛できない理由 キャスト
藤井恵美(香里奈)
長谷川優(田中圭)

小倉咲(吉高由里子)
白石拓海(萩原聖人)
白石美鈴(稲森いずみ)

半沢真子(大島優子)
木崎俊哉(中村竜)
山本正(平岡祐太)
半沢 桃子( 剛力彩芽)

高橋健太 (中尾明慶)
田村淳一 (勝村政信)
前田ひかり(倉科カナ)
川端亮一(KEIJI)
武居 大介 (小柳友)
丸山 ルミ (加賀美セイラ)

榎本 信司 (青柳翔)
野口 進 (永井 大)


青柳翔 のブログ


ドラマは見ないよって方のために(今日のジェニさん)



昨日は イギリス人の先生との スカイプ英会話の時間でした。

アメリカ人の先生と 朝食を取ったところまでは 先週お話できて
いましたが 昨日は その続き・・ 話しても いい?

って 聞くと もちろん! 

いつもは 言いたいことを 言って 先生に直してもらうのですが
昨日は あらかじめ 言いたいことを メモ帳に書いて
それで 先生に原稿を渡して 私が 読み上げます。

 American teacher has gone to Houston on Nov.25th.

これが 私が 最初に書いた文章。

意味はなんとなく わかりますよね。
きっと これでも 通じるんです。
でも 正しくは

My American teacher went to Houston on Nov.25th.

もしも 日付が入っていなかったら
My American teacher has gone to Houston.

で いいのだそうです。

こういうのって 学校では 教わりませんよね。

定冠詞の使い方も いまいち どっち? みたいなところが
あったんだけど 最近 少しわかって来ました。

email は an email, 院大生は a graduate student,
朝食は a はいらなくて 
先生と朝食を食べたは、 I had breakfast with my teacher.

でも 同じお話のなかで また 院大生(同一人物)を言う時は
the graduate student

学校でも 同じように習ったのかもしれないけれど
テストのためだけの英語だったような 気がします。

私は満足でした は
I was enough. と 書いていたら
それは 食べ物を食べて もう満足と言う時に
Enough! と 言うけれど
人に対しては enoughは 使わない

I was content. と 通常は 言うそうです。
満足するは satisfyと 言うような気がしていたけれど
satisfy は 他動詞で 満足させる なんですね。

と 言うように 予習してから 英会話のレッスンすれば
その場で 自分の書いたテキストを修正し
言いたかったことを ネイティブ風に 言うことができて
昨日のレッスンは すごく有意義でした。

先生も この方法はいいね! って すごく 楽しんで
やっていました。

25歳のイギリス人の先生は 日本の高校や中学で
英語を 教えています。

でも 先生のお部屋には お習字とかが 貼ってあって
昨日は 「木」 という 漢字を書いたんだって
見せてくれました。 とっても上手に書けていました。

おうちにいながら スカイプで 英会話の勉強ができる。
ほんとに 便利になりましたね。
もちろん ビデオは つないでいます。
時々は ゼスチャーも加えて 必死で私は 言いたいことを
説明しています。










ご家庭でできる 岩盤浴 只今無料 お試し中!!
    




ショップチャンネル

ショップチャンネル

ショップチャンネル


 




骨盤ベルトとパワーネットのWの引き締め♪





【かにまみれ】業界最高水準「4特」毛ガニを

ぜひ一度味わってみてください。










ランキングに登録しています。一日一回クリックして頂くと
喜びます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
関連記事

コメント

No title

こんばんは!

いつもありがとうございます。
今日は意外と暖かい一日でした。

新しい週の始まり、今週もよろしくお願いします。
それでは、また★p

No title

いつもありがとうございます。
焼き鳥で一杯やってます!
寒いので燗酒ですね!
感謝ありがとうエール送ります!

日本の英語教育は実践的では無いですね!

こんにちは!

定冠詞や前置詞の使い方は学校で習いますが
実際の会話では良く分かりません。
日本の英文法の教え方は形式的で実践的ではありません。
私が英語を習ったのは古い時代なので、今は
変わっているかな?!

言語は会話があって、そして文法を考えることが大切なのかな。
赤ちゃんは文法を知らなくとも言葉を覚え、やがて会話ができる
ようになりますものね。外国語は苦手です!

いつもありがとう。
ポチ応援完了しました(●^o^●)

No title

aとtheの使い方…
ためになります(^。^)

スカイプ、いいものが出来ましたよね!!

おはようございます

いつもありがとうございます^0^

出張でみれないので、
録画してきました^^
帰ってから楽しみます♪
解説読ませていただいたので、
もう、みた気分ですが^^(笑

☆P

こんばんは。

最近の学校英語教育はどうなのか知らないけれど、とにかく私の時代は、文法第一でしたね。。。
英文解釈、なんてのもあったし。
そんなのよりホントは生の英会話の方が先なのに、と思いますが(^_^;)

結局、社会人になってからNOVAに自分で通い、そこそこになったっていう感じです。。。

いつもありがとうございますP☆

No title

スゴイなージェニファーさん!
どんどん吸収していってますねー

私、英語が一番苦手だったから、もぉ一度ちゃんと勉強したいな~って思うけど基礎ができてないからムリだろうな~って思います^^;

こんばんわぁ^^

社会復帰1日目 無事完了です!!
たまった仕事をヤッツけるのに一苦労^^;
明日からが心機一転スタートです。

いつもありがとうございます^^

こヾ(^o^-) ん(o^ー^)o ばo(^0^o*) ん(o^-^)ヾわ(*^〇^*)ノ”」

いつもありがとうございます。
今夜も遊びに来ましたよ~。
│出口│ヽ(^ ∇^* )ツ....... バイバーイ♪

No title

こんばんは!

いつもありがとうございます。
11月29日のご挨拶にうかがいました。
今日は暖かかったですね。
今もエアコンなしで大丈夫です。

それでは、また★P

No title

いつもありがとうございます。
今日は、年賀状を買ってきました!
さてさて、早めにプリンターで印刷です!
感謝ありがとうエール送ります!

No title

おはようございます。
薪で炊いたお風呂は温かいと思いますよ。

五右衛門風呂ということになると思いますが、
対流の仕方が違いますからね。
非公開コメント

Amazon

QRコード

QR

お世話になっているサイト様

 お世話になっているフリー素材サイト様  Special Thanks
 ● Candied様
 ●素材屋カララバ様
 ● Angel様

フリー素材 POMO様
イラストポップ様働く人のイラスト
ハートのラインなどかわいい素材をお借りしています。 素材のプチッチ様

最新コメント

アクセス解析