スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江~姫たちの戦国~ 第42回 「大阪冬の陣」 あらすじ ネタバレ

江~姫たちの戦国 第42回 あらすじ ネタバレ 「大阪冬の陣」
慶長19年(1614)11月、いよいよ大坂冬の陣が始まった。
江戸城の江(上野樹里)は、ただ皆の無事を祈るしかない。



徳川方は優位に戦いを進め、豊臣方は籠城へと追い込まれる。


家康の前には 真田丸が立ちはだかる。

真田幸村だけは あなどれないという家康。

家康(北大路欣也)は次なる一手として和睦を提案。
大坂城内では、秀頼(太賀)が和睦の申し入れに応じようとするが、
徹底抗戦を貫く構えの淀(宮沢りえ)は、それを制し、
「この戦終わる時 それは 家康が死ぬ時じゃ」 と 淀。

家康の忠告を聞かず 徳川勢は 真田丸に攻めよせた。

怒涛のごとく 徳川勢を引き寄せては 一気に押しつぶす真田丸。

それを聞いて 家康は 退却を命ずるが
徳川勢は 大きな痛手を負った。



初は 「戦がお嫌いだったではありませぬか」 と 淀に
戦いを辞めるように 進言するが

「もう あとへは 引けぬ」 と 淀。

真田丸の戦いで 勢いづく 豊臣勢。
大野治長は いまこそ 秀頼様ご出馬の時、
というが 淀の方は 

「ならぬ!」 と 一喝。

「よろいを持て」 と 大野治長に命じ

自らが鎧を着て 大名達の元へと 行く。

「皆、皆、御苦労であった。
知っての通り この城は 秀吉公が築かれた
難攻不落の城。
敵方が この城に指一本触れることすら
できぬ」 と 告げる。

大名達は 
「なぜ 秀頼公が 出てこない?」 と いぶかるが
真田幸村は 
「この戦に 勝つことだけを考えればよい」 という。



一方 江戸城では

竹千代が 「豊臣など 滅びればよい!」 と言っていた。


江は 竹千代に
「豊臣には そなたの叔母上、姉、も おるのじゃぞ」 
と 叱るが

ふくは そんな 江を 睨みつけ

豊臣に滅ぼさせし者の目だと言い 御台所様も
徳川の人間である以上、そのような 目を お持ちなさいませと
逆切れ。



秀忠は 幸村との 戦いに自分が 行くという。

元豊臣 家臣の片桐 且元は 家康に 大阪城の見取り図を
持ってきていた。

淀殿が おられるのは どの場所じゃ? と聞く
家康。

秀忠は そんな父を とがめるが

「お命を 奪うつもりはない。 ただ 脅かすだけじゃ」 と 家康。

「その場所に 大砲を 向けよ」 と 家康。
 


家康の命令で 大砲が 撃ちこまれる。
居所に 大砲が撃ち込まれたのでは たまらない。

そんな時 家康から 和議の申し入れが。

淀は 反対するが、 大野治長や
秀頼の説得で 和議を 受け入れる淀。

講和の交渉には 豊臣の代表として 初が 向い
徳川の使者は 阿茶局(あちゃのつぼね)

こうやって 2日に及んだ 和議の協議は成立する。

1か月に及んだ 大阪冬の陣は こうして 終わった。



初が 和睦の使者となって喜ぶ 江だが

大阪城の外堀を埋めていると聞いて 嫌な予感がする。

以前、秀吉が 生きているころ、家康に
大阪城を 城を攻め落とすとしたら どうする? と 亡き豊臣秀吉が 言っていたのを
思い出した江。

秀吉は言っていた。
「一旦和議に 持ち込んで 外堀を埋めてしまえばよい」 と
言っていた。

「まさか・・・」 と 江。

淀は なぜ 家康が 外堀を埋めているのか 徳川家康という男を信じられない。

それでも 家康のやりかたを黙って見ているしかない 豊臣。





秀忠は そんな 父のやり方を 非難するが

家康が 豊臣を 一気に追い落としたい強い願いは 強くなっているようだ。
 

秀忠は 大阪城を 立つ前に 本田正勝に 頼みごとをする。

秀忠は 淀と 秀頼を訪ねていた。
人払いをしてもらい 

「父 家康は なんとしても 豊臣をつぶすつもり、
一刻も早く この地を離れ、この城を明け渡して頂きたい。
お命が 危うい。

お二人には なんとしても 生きていて 頂きたいのです」
と 秀忠が 説得する。


淀は 「豊臣の世は 終わっていた・・・
それが ようわかった。

この城を明け渡すつもりは ございませぬ。
秀忠殿は
危険を冒して ここまで来て下さった。
お帰りになりましたら 江に よろしゅう お伝えくださいませ。」
と 秀忠に 伝える。

秀忠は 帰る途中 別室に呼ばれる。

危険を顧みず 行ってみると
秀頼が待っていた。

「私の文は 届いておりましたでしょうか・・」 と秀忠。

「はい、お返事も書けませんで・・」 と秀頼。

「もう一度 母上を説得してください。 それがおできになるのは
貴方様しか いらっしゃいませぬ」 と 秀忠

秀頼は
「なぜ 母が この城にこだわるのか 今まで わかりませんでした。
でも この城のありようを見ていて ようやくわかりました。

城が壊されて行って・・・ 私は この城から出たことがありませぬ。

城は 私自身なのです。」


「そうではない! 城の外にも 未来はある!」 と
秀忠

「城を出たら 私は死ぬんです、 徳川には負けませぬ」
と 秀頼

「あなたと 話ができたこと うれしかった。されどこれからは
敵どうしに ございます。」 と秀頼。



秀頼の元を 去る 秀忠が 真田幸村に 出会った。

だが 幸村は 何もしなかった。

「戦は 戦場(いくさば)にて つかまつりまする」 と 幸村。

 

江は 埋められて行く外堀を見ていて

「わたくしは 間違っておるのか・・されど 秀頼だけは 救うつもりじゃ」
と 淀


秀忠は 江戸に帰還。

江が 迎える。
江の前で崩れ落ちる 秀忠

「江、すまぬ、 すまぬ・・」 と 秀忠。

次なる戦いはすぐそこに迫っていた・・・・



つづく





  






ご家庭でできる 岩盤浴 只今無料 お試し中!!
    




ショップチャンネル

ショップチャンネル

ショップチャンネル


 




骨盤ベルトとパワーネットのWの引き締め♪





【かにまみれ】業界最高水準「4特」毛ガニを

ぜひ一度味わってみてください。




ドラマは見ないよって方のために(今日のジェニさん)



富士山が大好き!

でも 現物を見るまでは なぜ富士山なのか 
理解できませんでした。


四季の富士さん 忍野

若い頃の ドライブの定番は 横浜なので
箱根、伊豆、三浦海岸、湘南海岸、鎌倉、
だいたい こんな物でしょうか・・・

冬のある日、ボーイフレンドが 降り始めた初雪の日に

「雪 見に行こう!」 と言って
フェアレディZで 連れてってくれたのが 箱根
乙女峠からの 富士山でした。

トンネルを抜けると 眼下に広がる 雄大な富士山を見て
思わず息を飲む 迫力でした。

田舎育ちで 山なんか たくさん見ている私でしたが
やはり 富士山は 違いました。
それ以来 すっかり富士山のファンです。

上の写真は忍野からの富士山 見る場所によって形が
違うのも また魅力の一つでしょうか。

少し元気になってきたので 山中湖あたりに 行ってみたいなぁ・・








ランキングに登録しています。一日一回クリックして頂くと
喜びます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ワンバンコです。。。、、

いつもありがとうございます。
今宵も遊びに来ましたよぉ~。
ドロンシマス |・_・) |_・) |・) |パッ *
Amazon
最近の記事
家庭でできる岩盤浴
QRコード
QR
RSSフィード
お世話になっているサイト様
 お世話になっているフリー素材サイト様  Special Thanks
 ● Candied様
 ●素材屋カララバ様
 ● Angel様

フリー素材 POMO様
イラストポップ様働く人のイラスト
ハートのラインなどかわいい素材をお借りしています。 素材のプチッチ様
最新コメント
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。