毒姫とわたし 第22話 あらすじ ネタバレ

毒姫とわたし 第22話 あらすじ ネタバレ
 「老いた狐は罠では捕まえられない
時に追い詰めると牙を剥く」




ランキングに登録しています。一日一回クリックして頂くと
喜びます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村


ライン素材は こちらの素材をお借りしました。


毒姫とわたし 第22話 あらすじ ネタバレ
 「老いた狐は罠では捕まえられない
時に追い詰めると牙を剥く」


エリカの事故を起こしたのは 友樹ではなく 母だと
友樹の口から聞かされた哲也

小麦の家で それを忘れようと 小麦を押し倒すが
小麦の父が倒れたと電話が入り 二人で駆けつける。

「哲也さんが居てくれたから・・・」 と感謝する小麦
だが 哲也の頭の中は さっき友樹から聞かされた
告白で いっぱいだった。

小麦の父を見まい 心配する美姫
幸いにも 命に別条はなかったが・・・



母は病室の外に出て 子供の頃、小麦がいじめられた時
父は いじめっこたちを呼んで もんじゃをふるまって
「うちの小麦と仲良くしてやってくれ」 と 頼んで
それから 小麦はいじめられなくなったと 小麦に
話してくれる。


美姫が 君嶋家に戻ると エリカの母、みやびが
エリカの結婚相手が決まったと はりきっていた。


君嶋出版で エリカの電子書籍の売り上げの好調に
うれしそうに 目を細める君嶋。
実は 美薗響子が ゴーストで 描いているとは 夢にも思っていない。

そこへ 妻、みやびが やってきて 美薗響子がそばに
いるのに 明らかに 不快な顔をして

それでも みやびは
エリカが 那珂川哲也と結婚したいと言っている と
大喜び。 那珂川哲也なら 代議士の鈴木佳子の長男で
家柄としても 申し分ない。

だが 哲也の弟 友樹がエリカを事故に合わせた張本人だと
知っている君嶋は 驚く。

みやびは 「女の幸せは結婚」 と 美薗響子に嫌みを
言い放つ。



家に戻った小麦。

哲也からの 別れの手紙を 見つける。

さっき 押し倒そうとした哲也から、別れの手紙。

そこへ 友樹が来て 兄の手紙の文面を見て

「へぇ、 そう来たか」 と言う

何か知ってる友樹 だとは 思うが・・

「小麦さんと兄貴って もっとちゃんとつながってるのかと
思った、結構 もろい関係だったんだね」 と
友樹は そう言う。



哲也は 母に対し マスコミに公表して 友樹の重荷を
降ろしてあげたいと 告げる。

その代わり 自分も小麦と別れて来たと。
家族3人で ゼロからやりなおしましょう。 と。


鈴木佳子に 君嶋からの電話。
エリカが 哲也と結婚したいと言っているが・・と。

鈴木佳子は なんとかこのことを穏便に
すませようと 君嶋に面会を申し出る。



君嶋家

美姫が エリカに 
「結婚するって聞いたで!相手は友樹さんか?」と 聞くと

「哲也さんと 結婚するの」 と エリカ

「ちょっと待てや、意味がわからん」 と 美姫

「哲也さんは 友樹さんのおにいさんでしょう、
だから事故の責任を 哲也さんにとってもらうつもりなの」

「哲ちゃんは 小麦と結婚するんやで」 と美姫

「小麦さんは障害者じゃないから 大丈夫よ、
一生誰かに 面倒見てもらわなきゃならない
私達とは 違うから」 と エリカ

「あんた、 哲ちゃんのこと いつ好きになったんや?」
と 美姫


「好きとか 嫌いとか関係ないでしょ。
結婚なんて 法律上の ただの結びつきじゃない。
利用したいときに すればいいだけでしょう?」
と エリカ

美姫は
「結婚は もっとすごいものだ、
エリカに結婚する資格なんてない
小麦と哲ちゃんの邪魔すんなよ」 

と言うが

「黙れ!美姫!! あんたのせいよ。
いつもそうやって 人を見下して、
バカにして 私はあんたが 嫌いなのよ。
だから あんたから 全部奪ってやることにしたのよ。
だけど あんた 小麦さんを奪っても仕事を奪っても
全然こたえないじゃない だから あんたが どうしても
手に入れられなかった 哲也さんを 奪ってやることに
したのよ、どう 悔しい? 悔しいはずよ
悔しいって 言いなさいよ。」 と エリカ

美姫は エリカを殴ろうとするが

そこへ 小麦が来ていた・・・

「そういうことだったのね? バカじゃない?
そんなんで 幸せになれるわけ ないじゃない」
と 小麦はエリカに言うが

二人を不幸にするために 哲也と結婚すると言う
エリカ

哲也を信じてる という小麦





「ウチの せいやな・・・・ウチが エリカをあんなふうに
してしもうた・・」 と 美姫

美姫のせいじゃない、大丈夫
私は 哲也さんを信じてる という小麦


鈴木佳子事務所

君嶋が 現れて

哲也に
「エリカのためなら なんでもするって 言ってくれたね
それなら エリカと結婚してやってほしい
それが娘の幸せなら 父親として 願いをかなえてやりたい」
と言う

哲也は 母に
「これが かあさんの答えですか? 僕がエリカさんと結婚すれば
事故のことを 公表できなくなるとでも 思ったんですか?
言ったはずです。 すべてを捨てて ゼロからやりなおす
覚悟はできている」 と 言い

君嶋は 友樹のことをもみけしたことを言っていると
思っていたようなので 哲也は 事故を起こしたのは
母だと 告げる。

君嶋は 驚くが 友樹を救いたいと言う哲也に

「改めて 娘と結婚してやって欲しい。
犯人が誰だろうと エリカの足は戻らない。
公表すれば友樹くんは救われるかもしれないが エリカはまた
あの事故のことに 引き戻されてしまう。
エリカを もう一度 あの地獄に突き落とそうというのか?
自分の家族さえ 救えれば それでいいというのか?」
と 説得する。

結局 エリカとの結婚を承諾する哲也



君嶋は エリカに 気持ちを確認するが

友樹を好きだが 友樹は 自分を好きではないから
哲也と 結婚する というエリカ

「なんで 事故を起こしたのが 友樹さんだったのよ?
どうして 他の誰かじゃ なかったの?」
と いう エリカ

君嶋は 違うと 言いたかったが 結局
娘をこれ以上 傷つけたくなくて 何も言わなかった。



小麦の家

夕食 3人分用意してある。 哲也と友樹の分だ。

「兄貴、エリカちゃんと結婚するんだって、
なんだ もう知ってるんだ」 と 友樹

「哲也さんを 信じてる」 という 小麦

「お世話になりました、 おねえさん」
と 嫌みを言って 出て行く友樹



独りでやけ酒を 飲む 哲也。
公表したくても エリカのことを思うと 公表できない
ジレンマ

小麦からの着信にも 出ない 哲也


何度電話しても出ない哲也。

だが 哲也とのことを 思い出す小麦

思い出の場所に来る 小麦

すると 哲也も 来る

「いっしょに 乗り越えたい、哲也さんと
いっしょに居たい」 という小麦

哲也は何も言わずに 去って行く


つづく

毒姫とわたし キャスト
小山 小麦     -櫻井 淳子
桜井 美姫     -黒川 芽衣

君嶋晋一郎    -国広 富之
君嶋みやび    - いとうまいこ
君嶋 潤      -加藤 和樹
君嶋 エリカ    -早織

那珂川哲也    -渋江 譲二
那珂川友樹    --藤沢 大悟
鈴木 佳子     -相本 久美子

美薗響子      -荻野目慶子




ご家庭でできる 岩盤浴 只今無料 お試し中!!
    




ショップチャンネル

ショップチャンネル

ショップチャンネル


 




骨盤ベルトとパワーネットのWの引き締め♪





【かにまみれ】業界最高水準「4特」毛ガニを

ぜひ一度味わってみてください。










関連記事

コメント

その勇気…

嬉しくなります。

ワタシも急いでたりしたら、
声かけられただろうか…

自分の生き方を肯定的にするには、
日頃からの行いが大事だと言うことですね。
非公開コメント

Amazon

QRコード

QR

お世話になっているサイト様

 お世話になっているフリー素材サイト様  Special Thanks
 ● Candied様
 ●素材屋カララバ様
 ● Angel様

フリー素材 POMO様
イラストポップ様働く人のイラスト
ハートのラインなどかわいい素材をお借りしています。 素材のプチッチ様

最新コメント

アクセス解析