スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイシテル~絆~

アイシテル~絆~ あらすじ ネタバレ

長い苦しみの果てに僕はここに来た
僕を苦しめてきた 兄の存在
今こそ僕はその存在をこの手で消し去る。

(直人のナレーションから 始まる)




「直人 どうしよう」 と 妻の加奈から 着信が入る。

直人が入ろうとしていたアパートには兄の智也がいて
自分が殺してしまった小学二年生の清貴の写真に手を合わせていた。


だが 直人は そのアパートに入らず、
直人が病院に駆けつけると 妻の加奈が流産の
恐れで 入院していた。

反対されると思いだまっていた 妻の加奈だが
「どうしても産みたい」 と言う

だが 直人は 生まれてこないほうがいい命もある
と 言い張る。

心配して病院へ駆けつけてきた 母のさつきにも

「誰のせいで・・・あんたが 俺を 産んだからだ。
帰ってくれ、帰ってくれ!!!」 
と怒鳴り
どこかへ出て行ってしまう。

そんな息子直人を黙って 見つめる母


電車にのりながら 回想する直人

ゆらゆらと体が揺れている
そこに居ると僕はすごく安心するんだ。
そこは暖かくて 懐かしい場所。

母の声がする。
「直人 、生まれてきてくれて ありがとう」

子供の頃の直人が居る。 兄も居る。
「直人、お兄ちゃん急な用事ができちゃったから
直接引越し先に 行くね」 と 兄の声がする。

「お兄ちゃんはね 別々に暮らすことができちゃったの。」
という 母。

「おにいちゃんは いつ来るの?」 と聞いても
母は答えない。

兄は 来なかった・・・
お兄ちゃんなんて 大嫌いだ!


現実の社会

息子直人の嫁加奈のために、安産のお守りをもらいに行く さつき

20年後の冨田にも 待ち合わせをして会うさつき


「直人が自分の子供が生まれてくることを望んでいない。
私が、自分を産んだせいだと言われた・・
私のせいです・・
直人にも 加奈さんにも辛い思いをさせて・・

直人が生まれてきてよかったって思える日がきっと
来るって信じていたい」というさつき。

冨田の息子の健太はアフリカに居る。
青年海外協力隊に採用されて 日本ではフリーターだったが
農業をやって 真黒になって日焼けしている。
子供の人生は子供が決めることだから。
親が 常に 正しいとは限らない という 冨田。

「親ができることは自分の人生を精いっぱい生きるしかない

でも 私は あなたが直人君を精いっぱい愛してきたのを
知っています。ご主人が亡くなってからもずっと。
信じましょう。 きっと伝わっています。」 と 冨田。




森田工房で

「君と 孫の加奈がこの工房を継いでくれたおかげで
夢がかなった。 こうしている時間が一番いい。」と 妻の祖父須磨。

「加奈のこと御心配かけてすみません
全部俺の責任です・・・けど 俺 子供は・・」
と 頭を下げる直人。


「どうだ この絵に 色を乗せて見ないか?」と須磨

「久しぶりなんです。 絵を書くのは・・・
もともと絵が好きで 高校時代まで書いていました。
楽しいこともあったはずなのに 不思議と思いだせないんです」
と 言いながら 加奈の祖父の書いた下絵に
色を乗せ始める 直人。


直人の回想 高校の頃・・

ある時 友達の女の子に言われた。

「ネットで清貴ちゃん事件
もしかして 知らないの? 森田くんの
お兄さん 人殺しだって・・・」


あわてて ネカフェで調べると
そこに 大好きで優しかった 兄の子供の頃の写真が
あった。


仕事から帰った母に

「どうしてだよ、 なんで黙ってた。
兄さ・・・・・あの人が人殺しだってことを。
なんで黙ってたんだよ。
家族全員で おれに隠そうとしてたんだ。
俺は許さない。
絶対に許さないからな。

かあさんのことも、あの人(兄)のことも。

今でも覚えてるよ。とうさんが病気で死んだ時のこと。」

と直人

父の病床で

「とうさん、ごめんなさい、 とうさん ごめんなさい」
と泣いて謝る 兄

子供心に 兄がなぜ 病気で死のうとしていた父に
泣いて謝っていたのか 今やっと理解できた直人。

「あなたに よく説明しなかったのは おかあさんの責任です。
私は智也も あなたのことも ほんとうに愛して来たの。
私と智也は 一生罪を償っていかなければならない。
だけど あなたには 幸せになってほしいの」
と 母のさつき

「ふざけんな こんな家に生まれて どうして
幸せになれるんだよ!!」 
と 直人

「私は あなたを産んで一度も後悔したことない」
という 母

直人は その時家を出た。



大学の頃の直人の回想

「俺の兄貴 人殺しなんだよ」と 友達に告白する直人


「ふうん そっか でも おまえはおまえだろ
関係ないよ」 と 友達は言ってくれた


直人の絵を 子供ブランドのポスターに使用したいと
いうオファーがあったという。

素直に喜んでくれる友達。

「おめでとう!! 森田の絵が採用されたぞ
おめでとう!!」 と言ってくれる友達

母からも うれしい おめでとうと
メールが来た。

だが 会社から採用は取り消すと連絡があり
すると その会社にちくったのは親友だった。

「あの会社におまえのお兄さんのこと 電話したのは
俺だよ。 おまえが採用されてから 事実が知れたら
おまえが かわいそうだからな」 と直人の友達。


「そうか・・・
俺が先にチャンスをつかむのが そんなに悔しかったのか?
おまえは 俺をうらやんでただけなのか?」

「まあ そんなにくよくよするなよ」 と友達

「おまえに 今の俺の気持ちはわからない」 と直人が言うと


「そうだよな俺に人殺しの身うちはいないからな」 と
親友に 言われ 殴り倒す直人。



森田工房

「なんで俺は生まれて来たんだろう。
兄の事件を知ってから いつも考えていました。
でも・・・ 答えは見つからなかった。
加奈と須磨さんに 出会えたことは
幸せだったと 思います。 でも・・」

と 直人

「なんのために生まれてきたのか・・・
僕は君の3倍くらい生きてるけど
僕にもわからない
だから 生きて行けるんじゃないかな?
ただ、君が 生まれてきたことは
間違いなんかじゃ ないさ、
君のおかげで 加奈は幸せになれた
僕もね。
君が 生きていること それだけで
十分なんだよ」

と 言ってくれる須磨


過去の回想
ピザの宅配のアルバイトをしていた時
道を聞こうかと思って入った工房に

一枚の絵があった。

その絵を見て 泣いていた直人

すると 若い女性が降りてきて自分が書いたという。

次に その工房にピザの宅配に来ると

「今日は ピザではなく 君を待ってたんだ、
どうだ? ここで働かないか?」


「なぜですか?」 と 直人が聞くと

「君はこの絵を見て 涙をながした。
答えには なってないかもしれないが
頼む! このおいぼれの願いをかなえると
思って、頼む!」 と
須磨に誘われ 働き始めた直人

「森田くん 筋いいよ」 と 須磨


「美大に通ってたんです。中退しましたけど」 
と 直人

「これでも 持ててたんだよ」 と
祖父の須磨がいうと

「出た! ジジイの自慢話」 と
底抜けに明るい加奈。



須磨の工房で 働き始めて

明るいけど 鳥のお墓を作ってくれている加奈を
見て 惹かれて行く直人。

「直人さん 私が初めて書いた絵をみて 泣いたよね?
どうして?」 と 聞く 加奈


「悲しかったからです」 と 直人

「やさしいんだね
直人・・ まだ巣だけ 残ってる」 と木の上の鳥の巣を指し示す加奈の
腕に たくさんの自傷行為の跡があった。

驚く直人。

加奈は小さい頃 母にDVを受けて
「自分が悪い子だから 母がこうしたんだ」
と 言う加奈をひきとった須磨だったが
中学になったころ 加奈は自傷行為を
繰り返した。

加奈も家族のことで 悲しみをかかえてきたのだ。



直人の 兄の事件を 知り おばさん生徒達が
「彼(直人)を辞めさせてほしい」 と 言いに来るが

加奈は 

おばさんたちに
「ちょっと待った!! 彼を辞めさせるつもりはありません」 と
きっぱり。

須磨も
「辞める必要はない」 と言う

直人は 迷惑をかけるから 辞めようとするが

加奈は
「あのね、私と このジジイを みくびんないで くれる?」
と 直人に言う。


「君の抱えてきた悲しみを100%理解できるとは
思っていないが 寄り添うことぐらいは できると
思う 」 
と 言ってくれた須磨

「私もジジイも 直人が 大好きなの。
だから 辞めちゃ駄目!!」
という

「俺、生きてていいんだ・・・って今日やっと」
と 直人

「あたりまえじゃん」 という 加奈

二人は 愛し合うようになる。

直人と加奈の結婚の祝いに
須磨は 自分の工房を

”森田工房”と して 贈ってくれた。



現実の世界

加奈の おなかのエコー

「大丈夫 赤ちゃんは順調ですよ」 と先生

「私の子ですから その辺の赤ん坊より
根性あります!」
と言い切る 加奈は 頼もしい。

だが 加奈は 思い出す
結婚するとき 直人が言っていた。


「兄のことを知ってから 人と深くかかわりあわないように
してきた。 だから 誰かを愛して結婚するなんて
思いもしなかった、 加奈を幸せにしたいと
思っている。
だけど ひとつだけ 俺 子供を作らないと
決めてる。
この苦しみは 俺で終わりにしたいんだ。
それだけは どうしても 受け入れてほしい
ごめん・・・・」 


それを思い出し 標準より小さな赤ちゃんの
エコー写真を見て

「この子を守れるのは 私だけ・・・」 

決意し 勝手に退院してしまう。

加奈を見まいにきた直人は

看護婦さんに 赤ちゃんのエコー写真を
見せられる。




加奈に電話する直人

「買い物して帰るから心配しないで」 という加奈は
さつきの働くお弁当やに来ていた。

加奈を みつける さつき。

「加奈さん?」と さつき。




さつきに 直人と子供は作らないと約束していたこと。

それは自分に母親が居ないから・・・

だけど 「授かっちゃいました」 という 加奈

「自分が 母親になったと思ったら どうしても
会いたくなったんです。
直人を 産んでくれた人。
やっと 会えた・・」 
と加奈。

「私も ずっと 会いたかったの」 と さつき

「彼はずっと 苦しんでいます。
この子は 生まれてくるべきじゃないって・・・」

と 加奈

「私が 直人を産んだことは 間違いじゃなかったし
今でも そう信じてる。
重い十字架を背負って生まれてきた あの子には・・

でも 生きて あなたみたいな素敵な女性にあって
人を愛することを知ったんだと 思うわ。
だから きっと 直人はわかってくれる」
と さつき


「おかあさん 私はこの子を産んで その幸せを
直人といっしょにつないで行きたい。
でも それで 直人が辛い思いをするんだったら・・」

と 加奈。


直人は 土手に座って エコー写真を見て

須磨の言葉を思い出していた。

「君が生まれてきたことは 間違いなんかじゃ
ないさ」





結婚後 直人の革製品の個展を開催して
直人は幸せを かみしめていた。


「直人、私にもご褒美」

「何がいい?」

「子供、もしかして、 気が変わってないかなぁって
思って」 と 加奈。

ギャラリーに携帯を忘れたと言い 加奈と別れて
ギャラリーに戻って行く直人。

だが 入口で 兄の姿を見た
毎日 、毎日 花を一輪届けていたのは
兄だった・・・

兄のあとをつける 直人。



工房へ帰ると 加奈が 「おかえり」と 迎えてくれる。

花瓶にさっき兄が毎日おいて行った花が 飾られてた。

それを 花瓶から 抜き去る直人。

「こんな花 受け取れないんだよ。
あいつは 逃げたんだ。
俺に 殺人犯の弟と言う レッテルだけ
残してな
やっと やっと 忘れられたんだ。
なのに なんで また現れるんだ」


泣いて苦しむ直人をやさしく抱きしめる加奈



翌日 加奈が 花瓶にいけてくれた その花をみて
また花瓶から引き抜く直人

「許せない」 と 言って 直人は出て行く

冒頭のシーンにつながる。
兄を殺しに 出かけたのだ そして流産しかけた
加奈




現実

病院を退院した加奈から 連絡が入る

「いいもん買ってきたから 早く帰っておいで。」

それは 写真立てだった。
家族3人の写真を 貼りたいという加奈。

加奈の告白

「自分は生まれてきたことをずっと後悔していた。
母親を恨んでいた
なんで 自分は生まれて来たんだろって。

だけど 直人と出会って やっと生まれてきたことを
感謝できるようになった。

この世に送りだしてくれたことを 感謝できるように
なった。

そうでなきゃ なんにも始まらなかったんだよ?
直人と出会うことも・・・

苦しいことは いっぱいあったけど 
今は 生まれてきてよかったって思える。」



「直人、お兄さんの存在を消すことなんてできないんだよ、
だってさ 家族なんだよ」 と加奈


直人の回想

兄とキャッチボールをやったことを思い出す直人。


智也は 直人とキャッチボールをしながら
殺してしまった 清貴くんのグローブを
思い出していた。
でも 頑張ってそれを克服して 直人に
ボールを投げてくれたんだ。

「直人 がんばれば なんでもできる。」

「おにいちゃんの 夢なんか ないの?」

「夢か・・・」
このあと おにいちゃんは 何で言ったのか思い出せない。


現実

兄の部屋をノックする 直人。

兄が出てきて驚く。

何の用だと そっけない 兄。
おまえと 俺はもう関係ないと 兄。

「もう いい加減に消えてくれよ。」と 直人


「俺が消えてもおまえの苦しみは永遠に消えないだろう。
俺は生きていかなきゃいけないんだ。約束したんだ。
清貴くんのおかあさんに。俺を一生恨み続けて生きてくれ」
と 兄


「あんたを恨み続けることが どんなに苦しいか

初めて売れた俺の・・」
 と言いながら
兄を殴り倒す 直人。 だが 兄の部屋の隅から
自分と 兄の写真が出てくる。


「ずっと俺を見てたんなら なんで あの時消えたんだよ。
途中で優しくするぐらいなら・・」


「20年だよ、おれはほんの少しでも幸せを感じちゃいけないんだ
笑うことも許されなくて、おまえが笑えば おれも笑える。

おまえが未来を語れば 明日を生きようと
思えた。

おまえは おれの希望だった。
は幸せになっちゃいけないんだ。

清貴君はもう二度と笑うことも 泣くこともできないんだ。おれのせいで。
だから俺は 泣くことも許されない。 だけどおまえが個展を
開くと聞いたら 俺は居てもたってもいられなくて・・・・

すまない 直人」


という 兄。



回想シーン キャッチボールを終えて
「じゃあ 後でな 直人」 と 智也

「おにいちゃんは 夢とかないの?」 と 聞く直人に智也が答えたのは


「夢か おにいちゃんの夢は 直人の応援団だ。」

思い出した。 あの時 兄が言ったのは これだった。


「おまえが居たから 生きてこれたんだ。
おまえが居たから・・・・」



「俺が生まれてきたことにも 意味があったんだな・・
答えは一生みつからないかもしれない。
俺も・・だから」


「もう二度とおまえの前には現れない 約束する。」

「たとえ二度と会わなかったとしても 俺たちは
家族だ。。
それは 誰にも変えられないんだ。
おれは もう逃げない。

兄さん・・父親になるんだ。」という 直人



「そうか・・・」と何度もうれしそうにうなづく智也
号泣しながら ・・・


直人の顔は 晴れ晴れしていた。

工房に戻り 加奈が おかえりと迎えてくれる。

加奈を抱きしめ、「3人の家族写真 撮ろう。」と 直人

「うん」 と 加奈。



子供が生まれる

ゆうたを抱きながら 

ゆうたに 話して聞かせる直人。

「とうさん 昔から 同じ夢を よく見るんだ。

ゆらゆらと体が揺れている
そこに居ると僕はすごく安心するんだ。
そこは暖かくて 懐かしい場所。」




公園で さつきと 加奈と ゆうたと 直人

「かあさん おれやっと わかったことがあるんだ。

かあさんや とうさんや にいさん
加奈にも 俺 たくさん 愛されてきたんだね。

ごめんね かあさん 俺を産んでくれて ありがとう」

と 言う直人。


ゆらゆらと体が揺れている
そこに居ると僕はすごく安心するんだ。
そこは暖かくて 懐かしい場所。

僕を大きな愛で包んでくれた家族の愛の記憶だ。


2009年4月に放送された アイシテル~海容の あらすじ ネタバレは
こちらから


 








ご家庭でできる 岩盤浴 只今無料 お試し中!!
    




ショップチャンネル

ショップチャンネル

ショップチャンネル


 




骨盤ベルトとパワーネットのWの引き締め♪





【かにまみれ】業界最高水準「4特」毛ガニを

ぜひ一度味わってみてください。




ドラマは見ないよって方のために(今日のジェニさん)



台風お見舞い申し上げます。

みなさんのところは いかがでしたか?

私は 今日は 針治療の予約で とても 傘をさして
歩けるような状態ではないので 車で出かけたのですが

恐かった!

揺れました 風で!!

帰りはさらにひどくなり 道路にものは散乱してるわ、
木は 幹から折れて 飛んでくるわ・・
マジ やばい状態で 愛車プリたんを はげましながら
無事 到着








ランキングに登録しています。一日一回クリックして頂くと
喜びます。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いつもありがとうございます。
日本直撃、ひどい台風ですね!
これから北海道に上陸です!
気合を入れて頑張ります!
感謝ありがとうエール送ります!

おはようございます^-^

いつもありがとうございます^0^
しまった~~><
初回見逃しました。。。
でも、こちらで、解説読んだので、
2回目からちゃんと楽しめます♪^-^

☆P

一度に

二度も三度も来るのです。
インフル複合予防接種受けたのにAB両方罹ったり、
今回もおたふく予防接種済みなのに貰ってます。

こんなに体弱いのは誰に似たのか…
ホント、悲しくなります…

No title

こんばんは♪^^
昨日、出かけられたのですね~、ご無事で何よりでした。
首都圏直撃でしたものねぇ 大きな街路樹が倒れ、タクシーが下敷きになってるところのニュースを観ました。
運よく運転手さんはご無事でしたが~ 怖いですね。
今日は台風一過、気温がぐんと下がり過ごし易くなりました。
今朝は少し寒いくらいでした。
これからは風邪を引かない様に気をつけないと~ですね^^
では応援して行きますね。
いつもありがとうございます。P☆☆

ワンバンコですよ!!

いつもありがとうございます。
今宵も遊びに来ましたよぉ~。
|≧∇≦)ノ |∇≦)ノ |≦)ノ |ノ パッ *

No title

このドラマは録画してまだ観てないから楽しみにとっておきますね^^

台風の中、車の運転、大変でしたねー
特に関東方面は影響が大きく出たみたいですもんね。
とにかくケガなく、事故なくおうちに戻れてなによりです^^

いつもありがとうございます(=´ー`)ノ
゙(*・・)σ【☆】

No title

こんばんは!

いつもありがとうございます。
そちらは台風かなり強かったようですね。
木が幹から折れて飛んでくるってすごい力ですよね。
無事につかれて良かったです。

それでは、また★P

こんばんわぁ^^

台風すごかったですねぇ!
自分は、営業車で集団帰宅したのでぇ
そんなに遅くならずに帰れましたぁ^^

帰ってからのWIMAXが使えなかった方が
なんかシンドかったです^^;

いつもありがとうございます!

No title

いつもありがとうございます。
暑さも和らぎ
ぐ~と寒さが増してきましたね!
感謝ありがとうエール送ります!

こんにちはです

いつもありがとうございます。
今宵も遊びに来ましたよぉ~。
ドロンシマス |・_・) |_・) |・) |パッ *

こんにちは

いつもありがとうございます^0^
今日は、とってもお天気がいいですね。
でも少し寒くて、カーディガン
朝ははおりました^-^;
お風邪ひかれないように、
気をつけてくださいね^^!

☆P

No title

いつもありがとうございます♪(*’-^)-☆
ご挨拶に伺いました♪
三連休は天気がいいみたいですね~(^^)
楽しい連休をお過ごしくださいね☆

ご心配をおかけしました!

こんにちは!

体調を崩していてここ何日かは更新していませんでした。
お陰さまでだいぶ良くはなってきましたが。

いつもありがとう。
ポチ応援完了です(●^o^●)

No title

こんばんは!

いつもありがとうございます。
今日は芸術の秋を楽しんできました。
オノ・ヨーコ展とスキタイ黄金美術の煌き展の2つハシゴして来ました。

良い休日をお過ごしください。
それでは、また★P
Amazon
最近の記事
家庭でできる岩盤浴
QRコード
QR
RSSフィード
お世話になっているサイト様
 お世話になっているフリー素材サイト様  Special Thanks
 ● Candied様
 ●素材屋カララバ様
 ● Angel様

フリー素材 POMO様
イラストポップ様働く人のイラスト
ハートのラインなどかわいい素材をお借りしています。 素材のプチッチ様
最新コメント
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。