スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

華和家の四姉妹 第七話 あらすじ ネタバレ

華和家の四姉妹 第七話 「妹の恋人との一夜」 あらすじ ネタバレ

ほんとうは 克彦とやり直したいと 思っていた 竹美。
お金持ちでなくていい、 知り合ったばかりの時の
たこ焼きをくれた ビンボーな 克彦でいい。
ただ 他の男のように自分の外見を 見ないで
好きで居てくれたら・・・

だが やり直したいと プロポーズした克彦は
竹美を思うあまりに 仕事が手に着かなくなり
自分が自分で居られなくなると言う。
そんなとき 悪魔のささやきが。
(秘書の綾子、多分お金目当てだと 思うのですが
自分といると 楽でいい という克彦に
結婚は そんな相手とするものでは? )
結局 見る目がない 克彦は 
秘書の綾子と結婚するので 竹美へのプロポーズはキャンセル

雨に振られて ジュースを売り歩いていた竹美は
克彦と綾子が 一つの傘に 寄り添って入り
そのまま 車に乗って 行ってしまうのを見て

泣いて・・・ 泣いて・・ ママに電話をしていた。

「一人には 慣れてるけどさ こんな日は ママに会いたいよ」
って・・・・

正三郎は 泣いている 竹美を見て
後ろから抱きしめ 竹美を守りたいと言う。

それを見てしまう 桜子

「何してたの? 正ちゃん 竹美ちゃんもどういうこと?・・」
 と 桜子

「あんたの彼氏 ビビりだね、雷鳴ったら 抱きついて
来ちゃって、 送ってくれて サンキュー
タオル取ってくる」 
と 竹美

翌朝 華和家のまわりを うろつく 怪しい男

4姉妹の 父 大悟だった。


竹美のスーパーエロパワーは 車の販売員になっても
すごい、
小さな子供まで 鼻血を出している。

そこへ 克彦が来て 「俺も 一台もらおうかな」 と。

「竹美 携帯の番号変えたよね?」 と克彦

「何? 結婚するって 報告にでも 来た?」 と 竹美

「?? なんでわかったの?」 と克彦

「元嫁の勘!!」
 と 竹美

「式 いつ? 私と子供たち 呼んでもらえんのかな?」 
と 竹美


「今度 あらためて 綾子を紹介するよ。
だから 子供たちには・・・」 と 克彦

「私から 話すよ」 と竹美。



藤子は 小野寺に 婚約指輪を 渡される。

ハリー・ウィンストンの 豪華な指輪

「藤子さんは 有名雑誌の編集長だから 恥ずかしいものは
贈れないと 思ったんです」 と
指にはめてくれる 小野寺

藤子が 左手の薬指を ちょうど 「映画 三丁目の夕日」 の
小雪さんのように かざしていると 
そこへ 秋元が。


「以前 私の上司で」 と 小野寺に紹介する 藤子

「大昔の話です。 今じゃすっかり 立場が逆転してます」 
と 秋元


小野寺は 藤子と婚約していますと 挨拶。


秋元は 結婚決まったんだね? と 藤子に。

なんとも歯切れの悪い藤子の返事だが。

「披露宴には 是非 来てください」と 小野寺

すると 秋元は
「いやいや、 縁起悪いでしょ かみさんと 別居してる男なんかが
のこのこ 行ったら」 と言う。


秋元は 「おめでとう」 と 言って 立ち去る。

「別居中か・・ まぁ あんな人だから きっと奥さんに
逃げられたんだろうね」 と 小野寺



うめは 吉安に 「卑怯だね 隠し撮りして、 見損なったよ」 と
嫌われてしまい 頭にかぶりものをして
大学へ 行く。


「正直 ずるいかもって 思ったけど 浮気してる人のほうが
卑怯じゃん!」 と うめ。

うめは 文化祭の作品が まだ仕上がっていないが
吉安先輩と会うぐらいなら
一生 座敷牢に 閉じ込められたほうが ましだと言う。


吉安は 相変わらず ミスキャンの ゆかりを連れて歩いている。
(いろんな男と ラブホに入ってるのに)

走って逃げる うめを 目で追う 吉安。



正三郎の家。 料理作る桜子

桜子は 正三郎に
ほんとうのことを 聞きたくても 聞けない。

「正ちゃん 昨日の雷すごかったね、 
正ちゃんが こわがりだなんて知らなかった」
と ごまかす 桜子


「俺さ、 桜子に無理させてない?」 と正三郎

「私 全然 無理なんて!」 と 桜子

正三郎が 何か言いだすのが恐くて
桜子は コンビニにビールを買いに行くと言って 出る

冷蔵庫を開けると ビールがたくさん 入っている。
正三郎も 桜子が 何か言いだせなくているのを
知って なんとか しなければと 思っているのだが・・・

だって 今のところ 正三郎の気持ちは 竹美にしか
ないわけで・・・


竹美と 子供たち

「式 いつ? 私と子供たち 呼んでもらえるのかな?」と
聞いたのを思い出す 竹美

子供たちは そんなことも知らずに

「パパと結婚して 守ってもらえば?」 と言う。



翌朝 起きてきた うめを見て

「あんた昨日 泣いてたね? ひょっとして あこがれの
先輩かなにかに 振られた?」
 と
図星の 竹美

真夏の朝ごはんに おでんを用意している竹美の神経を
疑う 藤子と うめ

藤子は ハリー・ウィンストンの婚約指輪を見せて

「推定 500万ってところかな」 と 竹美が言う。

この家をどうするか、 外科医の小野寺と結婚するかも
しれない と 言う。

「そうすれば 私の夢が近くなる。 この家を外国人
の男限定の 下宿にするの、
外科医って 指の動きが 絶妙なんだよね・・」 と 竹美

「猛獣!!」 と うめ。
うめは 竹美を毛嫌いしている。


うめは もうたまらなくなって

「藤子ちゃん 置いていかないで!」 と言う
「桜子ちゃんの彼氏の次は 藤子ちゃんの婚約者」 とうめ

「竹美 お願いだから 彼にまで 色目使うの
辞めてちょうだい」 と藤子

「やーだ、向こうから 言い寄られたら 断る自信ないなぁ」
と いつも こういう反応しかできない かわいそうな竹美。

「ま とりあえず おめでと!」 と 竹美


藤子も
「桜子はともかく うめのことは 考える」 
と言う。


会社で 正三郎のことを 相談する 桜子

「雷が怖くて 思わずその女に抱きついたって?」

「桜子、 もしかして それ 信じたの?」

そんなの大ウソに決まっていると 言われ

桜子は 二人で裸で寝ているのを見ても きっと

「何もない」 って 言うんじゃないかって言われ

「桜子、一番 たちが悪いの その女じゃない?
あの お姉さんに 頼んで シメてもらったら?」

みんなも それがいいと言うが・・・・


「張本人なんだってば・・」 と 言いだせない桜子

すると 先輩から
「男の浮気は 本気になるよ、やばいよ なんとか
しないと 」
 と 言われる


正三郎は 職場で 生き生きとしていると言われ
そんな気にさせる 女は よっぽどいい女と
恋愛してるんだなって 言われる。

「俺をその気にさせる女なんスよ」 
正三郎。


そこへ 桜子が来て 一緒に帰ろうって言うが
「俺は アシスタントだから ごめん、いっしょに
帰れない」
 と言い

桜子も
「私こそ ごめん・・・」 と 消極的。


正三郎は 初サラリーで ごちそうすると 竹美のところに
飛んでくる。 

「俺が アシスタントになって 根性入れなおした記念の金」
と 正三郎

「あんたにゴチられる 理由もないし・・」 と はっきりと断る竹美

「竹美さん 以外の女は けじめつける。
桜子のことは いい子だとは 思うけど」 と 正三郎

「けじめなんか つけられるのかね?」 と竹美

「一番 そばに居てほしいのは あんたなんだ」
と正三郎

「十分 そばにいるじゃん! 彼女のおねえだよ」 と
竹美

「俺 これから ガンガン仕事して もっと稼いで
竹美さんに釣り合う男になるよ」 と正三郎


「あのさ 私に釣り合う男って どんな男?」
と 竹美

「俺の胸で泣きたいって 思ってもらえる男」


「もう3つもあるんだよなぁ そういう胸なら」
と 竹美は3人の 子供たちを 見る

「せっかくだけど ありがた 迷惑」 と 竹美



一方 竹美の父(大悟)は ひったくりとぶつかり
たまたま 服が煮ていたことからひったくりと
間違われて 警察につかまり、 克彦に来てもらう。

竹美の父だと知り、竹美に言えなくて 克彦に
来てもらってるのは 怪しいと 舘と柴田

だが 疑いは 晴れる。



竹美は子供たちに パパは 今度結婚する って報告して

「パパとママは お友達で居たほうがいいし みんなのパパだと
言うことは 変わらないよ」 と。

「1か月に1回しか 会えないよ・・・」 と 子供たち。



竹美の父、大悟を 一晩家に泊める 克彦

豪華な家、若い彼女、綾子、 はしゃぐ 竹美の父。

克彦の再婚相手、綾子は 大悟を迷惑がるが
克彦は 綾子を家に返して 竹美の父と 二人。

「克彦君が 竹美をもらってくれた時はうれしかった。
よく 家にも来たよな、 幸子の手料理も食べたし

あの頃は よかったなぁ
ほんとに 幸せだった」 
と 大悟


藤子の友達が 華和家に来る。

小野寺病院をネットで調べ 「この病院も 将来は藤子のものか」
と言う


友達は 秋元の噂話を・・

秋元は 数千万の借金があるらしい


竹美は 偶然 ひったくりを捕まえる。

タッチ(舘)と柴田は (アブ刑事かよ) 竹美の父を間違って
ひったくりと思って捕まえたと知ったら 今度こそ
離島行きだなって噂をしていると

竹美が タクシーでひったくりを 運んでくる。

焦る二人・・

二人は 間違えて大悟を逮捕してしまったこと。
大悟は 娘たちに会わせる顔がないから 克彦に迎えに
来てもらったと 白状する。

克彦の家で のんびりしている父を捕まえて

今まで どこに居たんだという 竹美

「北海道。ママと行く予定だった。
おなかに藤子が居て 行けなかった」 
と 大悟。

竹美は 大悟の携帯を 手に取り 自分の
新しい携帯番号を。

「これあたしの 新しい電話番号、
用があったら 連絡する、 着信拒否しないでよね」
と 竹美


藤子は 小野寺 の両親と会い、式を早めるように
言われる。

大悟のことは 海外に出張中と 言ってあるようだ。

仲人は衆議院議員、招待客は 医師会500人ほど・・
小野寺は 母が ベッキーのファンなので
招待客に ベッキーを呼べないかと 言う。



心がまだ 秋元にある藤子は 返事に困る。

そして 秋元を呼び出して いっしょに酒を飲んで

「このままどっかに 逃げちゃう?」 って


「頭では わかってんのよ、秋元さんと 私 たった
3回で 終わってよかったって。

私のママ パパの浮気で死んじゃった。」と 藤子

「運のない男とかかわってると 幸せが逃げるよ。
華和編集長は これからの人だ。」 と 秋元


藤子は 秋元と飲んでいる場所を 出て ベッキーに
電話する

「個人的なお願いがあるの」 と・・・


桜子は 遊ぶ気になれない。

正三郎から メールが届く

「今日 桜子に話がある いつものカフェに
8時に来れる?」 


そのころ正三郎は 克彦のオフィスビルに居た。

「 また ”別れよう” って メールかよ?
一体 何人の女と 付き合ってるんだか?」 と同僚。

「それにしても でっかいビル、一体何やったら
こんなビルが建つんだか」 

すると 現れたのは このまえ竹美と会っていた
克彦だった。





大悟は 幸子の遺影に 北海道へ行ったことを 報告して
「今日は33回目の 結婚記念日だ、 できるなら
もう一度 やりなおしたい。 4人の娘たちの
いい父親に なってみたい。俺さ
そのためだったら 死ぬ気でがんばってみる。
さっちゃんのためにも・・がんばってみる。
さっちゃん・・・・」



克彦は 帰ろうとしている 正三郎を 呼びとめる。

「まってくれ 君はどういうつもりなのかな?
桜子ちゃんが いるのに 竹美と ・・・


君は 僕と 竹美が 釣り合わないと言ったね

君たち二人は よく似ているから 
ぶつかり合うのは 目に見えている」

と 克彦

「まじ 余計なお世話だ」 と正三郎





「只今、 ママ、 私ね 今日 正ちゃんに 話があるって
言われてるんだ、 もしかしたら別れようって言われちゃうのかな・・

ほんとに 竹美ちゃんのこと どう思ってるのか・・・
恐いよ ママ、 私 どうしたらいい? 」 と桜子



そこへ 竹美が トイレから 出てくる

「竹美ちゃん もしかして 勝手に聞いてたの?」と
桜子


「あんたこそ! 私のこと ママに告げ口?
文句が あるんなら 面と向かって 言えばいいじゃん!」


「言ったって 竹美ちゃん お構いなしじゃん」と 桜子

「別に 信じなくてもいいけど あいつとは
何もないから」
 と 竹美

「嘘、 竹美ちゃんのことだけは 信じられない!」

と 桜子


「桜子って 昔からそう、いつも 私のせいにして
勝負降りてる。 私が ちょっかいかけなくても
あいつ 女癖 悪いよ 。

いっそ 別れちゃえば?」
 と 竹美


「竹美ちゃんとは 違うの デキ婚して、 子供 ポンポン作って
別れて 男なら 誰でもいいんでしょ?

私、 毎日毎日 彼のこと 考えてる。

生まれて初めて この人ならって 思える。

ううん、 正ちゃんじゃなくちゃ だめなの
私 これから 一生 竹美ちゃんの言うことなんでも 聞くから
お願い 正ちゃんだけは 取らないで。」と 桜子


「だったら 奪い返すのね。 あいつが たったひとりの
運命の相手だと 思うならさ どんなにみっともなくても
あいつに  しがみついて
離さなきゃいいじゃん。 ここであきらめたら
一生 他の女にも負けっぱなしだよ、
もちろん この私にもね」 と 竹美


二人の会話を 表で聞いている 大悟。


「もう2度と 彼に近づかないで。
私 本気で何するか わからないから」 と 桜子



ケアハウスで 働く 竹美

正三郎が 入ってくる。

「今日 山根って人に あったよ、 竹美さんの元だんな。

この前 竹美さんが泣いてたわけ あいつのせい?
まだ あいつのこと 好きなんだ?

あんな いけてない オッサンのどこがいいの?
金? でっかいビル持ってるから?

なんで 俺じゃ 駄目なの?
俺 竹美さんがそばに居てくれたら 生まれ変われると思ったんだ。

今まで撮れなかった写真も これからは 撮れそうな
気がした。

あんただけは 特別だと 思ったんだ。」 と 正三郎


「勘違いしまくり!
私が いつ 自分のこと特別だって言った?
あんたの写真だって ほんとは 一度もピンと来たことないんだよね。

おせじに決まってるじゃん 妹の彼氏なんだから。」 
と 竹美


「最低な女!」


「やっとわかった? 今度来たら おまわりさん 呼ぶよ」



大悟は 夜の街を歩き 東京タワーに向かっていた。

ママが持って帰って来た エッフェル塔のおみやげを
握り閉めて。



桜子は 待ち合わせの場所に居るが 正三郎は現れない。

正三郎を見かけたという 友達の話から
クラブへ 行く


正三郎は クラブで 別の女と 荒れていた。

「なんで ずっと 連絡くれなかったの?
みさき 正くんと 絶対 別れない」
と 女は言う。


「俺 今 そんな気分じゃないんだ、 みさきもさ
俺のこと 忘れたら?」 と 言い

表に出た正三郎は 元カノの男たちに襲われる。

ぼろぼろの 正三郎は 薄れ行く意識の中で
暴漢たちを 追い払う 桜子を見ていた。
ただ・・・桜子と認識していたかどうか・・・

「正ちゃん、しっかりして、死なないで」 と叫ぶ
桜子



明日 二人だけで 会いたいと 克彦から
連絡がくる。

「今日一日だけは
待ってくれ 」 と 克彦は 綾子に謝る。

綾子は おなかを 触りながら

「ありがとう。 私たちのために」 と言う。

桜子は 正三郎の仕事先に電話。
休ませてほしい。 どうか 首にしないで 欲しいと頼んでいる。


うめは 一人で 文化祭の作品を作っていて カッターで 手を怪我する。

バンドエイドを バックから 出したら バンドエイドが 飛んで行った。

それを拾って 吉安が うめの 手に 貼ってくれる。

「ゆかりの浮気 ずっと知ってた、知ってたけど 嫌われたくなくて
卑怯なのは 俺だ。 痛い?」 と 吉安。

泣きながら うめは

「全然、 ここ(胸)がズキズキ 痛いです」 と うめ。



「桜子、 なんでそんなに 俺がいいの?」

「正ちゃんが 誰を好きでも 一番でなくても 構わないの。
正ちゃんが 生きててくれただけで ほんとに神様に
感謝だから、 ごめんね また うざく思われちゃうね」


正三郎は 今までの桜子が してきたことを思い出す。
自分を こんなにも大好きで居てくれる 桜子。

新人賞取った自分をほめてくれた桜子
家事が上手な桜子
いつもそばに居て 支えてくれた。
そして 今回は あんな暴漢たちにも 立ち向かった桜子

正三郎は やっと 桜子の大切さを 知り

「教えてあげるよ、写真。 今度は桜子が 撮ってよ。
俺だけじゃなく 俺たちの家族の写真」

「それって・・・・」 と 桜子

「これからは 桜子だけを 大事にする。約束する。」

正三郎は 桜子を抱きしめる。



「何? 子供たちの話しって」と 竹美

「綾子に泣いて頼まれた これからは 生まれてくる
子供にだけ 愛情そそいでくれって。
君に渡した 子供たちには もう会わないでくれって」

克彦は 最低です。



続く

華和家の四姉妹 キャスト

山根竹美 (31) … 観月ありさ
華和桜子 (25) … 貫地谷しほり
華和うめ (19) … 川島海荷
  ○  
益子正三郎 (26) … 加藤成亮 (NEWS)
  ○  
華和大悟 (56) … 遠藤憲一
  ○  
華和幸子 (54) … 宮崎美子
  ○  
華和藤子 (32) … 吉瀬美智子

山根克彦               田中哲司
吉安コージ              勝 信
畑野ゆかり              鈴木ちなみ
柴田 恭造              水上 剣星











ご家庭でできる 岩盤浴 只今無料 お試し中!!
    




ショップチャンネル

ショップチャンネル

ショップチャンネル


 

QVCジャパン










オゼック酸素マスククレンザーセットツヤグラプロ













ランキングに登録しています。一日一回クリックして頂くと
喜びます。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
関連記事

コメント

No title

ご無沙汰してました。

昨日キャンプから戻りましたけど、
雨と寒さでたいへんでした(^_^;

しかしライジャケ…
このタイミングであんな事故が起きるとは…
ビックリしました(^_^;

こんにちは^-^

昨日は、最後むかつきました><!
克彦さん最低~~~
あれだけ子供らのこと話してて
大事に思ってるようなこといってて
新しい女に子供ができたらもう会わない?
勝手ですよね~~><
子供たちが可哀そう。。。
というか、あの女、怖いです。。。
大人しそうな顔してて
実は凄く腹黒い~~~><!
次回が怖いです^^;(笑

お天気悪いですので、お出かけの際は
足元きをつけてくださいね^-^
いつもありがとうございます。

☆P

最低ですよね~

ジェニさん

こんにちわ
本当に最低ですよね~。
早く子供作りすぎなんだよ(狙われてたのか?)

酷いです~。悔しかったのかな?
若い男が相手に居るって。

あまりにも、竹美ちゃんが可哀想でした。

こんばんは♪

いつもありがとうございます。

今日も曇りで時々雨が降るお天気。
とても過ごしやすい一日でした。
今週もよろしくお願いします。

No title

おっと!このドラマは今日見る予定なので応援だけしていきますねー^^(笑)


☆いつもありがとうございます(´ー`*)
週末は全国的に大荒れになったようですね。
寒暖差が大きな地域もあるようなので体調管理には気をつけてくださいね^^

゙(*・・)σ【☆】

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
非公開コメント

Amazon

QRコード

QR

お世話になっているサイト様

 お世話になっているフリー素材サイト様  Special Thanks
 ● Candied様
 ●素材屋カララバ様
 ● Angel様

フリー素材 POMO様
イラストポップ様働く人のイラスト
ハートのラインなどかわいい素材をお借りしています。 素材のプチッチ様

最新コメント

アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。