スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名前をなくした女神 最終話 あらすじ ネタバレ

名前をなくした女神 最終話 「5人の女 最後の答え」 あらすじ ネタバレ


アンジェラ・アキの 始まりのバラード すごく いいですよね

「世界一 長い夜にも 必ず朝は来る
そう 思いたい!!









明峰 お受験の日 みんなが頑張る中


海斗は 受験会場に居なかった。

空斗の 置手紙

「海斗を 連れてでかけます   空斗」



必死で探しまわる 利華子と 圭

利華子の目の前に 海斗と 空斗が 現れる

「海斗 何やってたの!!」 と 利華子

「おにいちゃんと クレープ食べに行った」 と 海斗

空斗に 言われて、 海斗は家の中に 入る。

「空斗、 どうして?、どうして!!
自分が何をしたか わかってるの?」 と利華子

「わかってるよ」 と 空斗

「何考えてるの どうして」 と 半狂乱の利華子に

空斗は
「ママが健太君の 願書 破いたりするからだ
僕は知ってる 
健太君のママとも 話した
ママが・・・・ママが卑怯だってこと」


そう言われて 言葉がでない 利華子

夫の 圭は
「海斗のやつ 明峰に行きたいかって聞かれて

空斗と 同じ学校に行きたいって言ったんだって」 と 言ってくれるが

「もういいから!!! もう離婚するんだし」 と 切れる利華子


「おれにできることは・・・・」 と 圭


「私がやるから!!!!」と 利華子





発表の日、ママたちは パソコンに向かう

爽は 合格

合格のご褒美に どこかお出かけしようか? どこがいい? と ちひろが 聞くと

「僕、 お父さんと お母さんがいっしょなら どこでもいい 」 と 答える爽



健太も 合格 大喜びの 侑子と 拓水と 健太

だが 彩香は・・・・

それに 利華子は 海斗が言ったことを思い出していた

「健太くんの受験番号 すごいんだよ、おにいちゃんの
お誕生日なの」 と。

空斗の 誕生日は1130

利華子は ある思い切った行動に出る。






利華子の 家 メールに
バイトの 東野るみから

見てみると

”デパートの催事場に出す商品、私の発注ミスで
発注できませんでした 合わす顔もないので辞めます”
 

あわてる 利華子




ちひろは

夫に 爽に たいして いい父親になって くれたことは 感謝し
だが バスの中で見た 女子高校生 への 痴漢行為

忘れてしまいたいけれど それは できない・・・ と 夫に伝える



「なんで ・・・ なんで あんなこと・・・・・・?」

言葉が出ない ちひろの 夫。


ちひろの目にも涙・・・・






利華子は 仕事で失ってしまった 信用を 取り戻そうと 必死。

夫は 家族写真を見ながら 明日離婚届けを 出すという

「子供たちには 私から 話しておくから」 と 平静なふりをする利華子

「結局 利華子が何を考えているのか
何を思っているのかここにいても 全然 わからなかった・・・

ここにいても 俺はずーっと 情けないまんまで
いつの間にか 現実逃避して 自分自身が重荷なんだ


なんか うわっつらだけの 会話というか
本音を言い合えない夫婦だったね

よそをうらやましがってもしょうがないけど

理想の夫婦には なれなかった」


いい夫婦を 演じてただけだったんだね。




彩香は受験に 失敗し 「ごめんなさい・・・・ごめんなさい」 と 泣く

すると レイナは 「彩香 ごめんなさいは 悪いことしたときに
言う言葉でしょ、なんにも 悪いことしてないのに
謝る必要なんて ないわよ おいで」 と 彩香を抱きしめ

「彩香は、 なわとびが 飛べるようになった
絵もうまくなった
折り紙も 上手に折れるようになった
お花の名前も たくさん 覚えたね。

大切なのはね、彩香が がんばったってこと
がんばったことは 絶対になくならない

おかあさん ずーーと見てたんだからね。
大丈夫」 と 彩香を抱きしめる



ちひろと 話して 入学手続きが 自分の家だけ来ないと
思う 侑子

手違いがあったら 大変だから早く確認したほうが いいよという
ちひろ




侑子の家の留守電が 光っている。

聞いてみるとなんと 明峰から

合格を辞退したいとの電話があったが 一応確認の電話だと

あわてて利華子の家へ走る侑子

「利華子さん、 健太の入学の取り消しの電話、利華子さんなの?」

(そうです 受験番号は1130)

健太の受験番号教えたのは 海斗くんだけだって

「そう じゃ その時 誰か聞いてたのかもね」 と とぼける利華子
「どうして?? どうしてそこまで???」 と 侑子

「悪いけど 忙しいの」 と 家に入ろうとする 利華子に

「利華子さんがいてくれて ほんとうによかったって 思ってた。

友達だって 思ってた。

ねぇ利華子さん 私が 何かした? 怒らせるようなこと・・」

「してないんじゃない?」 と

利華子は 家に入ってしまう。

だが 振り返ると 空斗が

「どうしてだよ、大好きなママで居てくれよ」 と 号泣する

利華子も 泣く・・・



侑子は 一番信頼していた利華子の裏切りが ショック・・・

ちひろは 夫が名古屋支店に転勤になったと 言う

「いい機会だと思う おまえが 気持ちを整理して
これからのこと 考えていくのに

あの日、銀行で身に覚えのない セクハラの疑惑をかけられて
世界がひっくり返ったような気がしていた。」

(バス停で 女子高生の会話
「なんで あいつが担任なんだよ、ねぇ みんなであいつを はめない?
科学室で 胸触られたって 言えばいいんだよ

多分 クビだよ、」 と 誰かに電話し ケラケラ笑う女子高生)


「自分が陥れられた状況と重なったよ、憎しみが抑えられなかった
だが どんな理由があろうと 許されることじゃない

爽にも おまえにも できるかぎりのことはする」

そう言って 離婚届を 置いていく ちひろの夫。
署名捺印してあった



羅羅の家

あわてて 帰る真央

だが 家にはカギがかかっておらず
夫の靴 なにかが あったような部屋

真央は病院へ駆けだす。

羅羅の枕元で なきじゃくる真央



二人は家に戻って 真央のキャバクラの名刺を見つけ

「どういうことだ!」 と 問い詰める 真央の夫

「だって ここのローンもあるし 羅羅のオーディション代だって」

「そんなことのために さみしい思い させたんか?」 


「だって お受験できないんだよ 特別な思いさせたいじゃん!
せっかく 東京に出てきたのに 馬鹿にされて・・」

そこで 夫の平手打ちが飛ぶ

「現実 見ろよ、そこまでして、 そこまでして 何守りてぇんだよ!」

「なんで 間違ってることに 気づかねぇんだよ」

これで 目が覚めた真央








レイナ家

レイナは おそるおそる 功治に切り出す

「あの・・・どうして何も聞かないの?」

「え? なんだよ?」

「結城先生との・・・こと」

「ああ おまえがそんなことできるわけないだろう
くそまじめで まっすぐすぎるくらいまっすぐで
からまわりするぐらい 一生懸命な
女房を 疑うも何も・・」


「わたし・・・わたし・・」

「仮に ほんのちょっと 心が動いたことがあったとしたら
それは 俺のせいだ
きっと お互い いつの間にかなくしてしまったものを
家の外に 求めてたんだろうな
でも 気がついたんだ、 なんとかなるだろう!!」


涙を いっぱい ためて ほほをぬらしながら

レイナは 功治の横に座り

「私、 私ね あなたのそういうところが 好きだと
思い出しちゃった」 と 功治に抱きつく
功治も レイナを 抱き寄せる


ちひろの夫は 名古屋へ向かおうとしていた

家から 爽が 出てきて

「おとうさん」 と 声をかける

ちひろも 出てくる

「待ってるから ここで 爽と待ってる

お父さん 「いってらっしゃい」

笑顔で 「いってらっしゃい」 という ちひろ

「行ってきます」 と 何度も 振り返りながら
タクシーで 行った ちひろの夫


真央の 手作りのお弁当

羅羅は 言う

「羅羅 入院してよかった ママがいつもいっしょに居てくれるもん」




拓水は なんとか 仕事に就く
望んだ仕事ではなかったけれど でも 一歩前進



羅羅の 引越しの日、みんなが来てくれる

「栃木に帰るんですってね 」 と レイナ

「ほんとうに すいませんでした」 と頭を下げる 真央

「私 学歴もないし 家も貧乏だったので 羅羅には あこがれの東京で
いい人生を 送らせてやりたかったんです。

でも 頑張っても 頑張っても無理なんだって 思い知らされて

それで・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


だけど 羅羅を つらい目に 合わせてしまって
目が覚めました」 と真央

「まぁ いろいろあったけど 子供がいなかったら
友達になってなかったかもしれないわね 私たち」 と レイナ

「でも 一緒に 子育てしてきたのよね」 レイナが言い
子供たちを見守る ママたち

みんなから お手紙をもらう 羅羅


「これからは 大切な家族を幸せにする方法を考えます」
と 真央は言って 栃木へ帰って行った。

「トラック かっこいいね」 と 海斗が言う。


「うん、 パパのトラックだよ」 と 羅羅は自慢そう

健太からの お手紙を読んで
「健太君 羅羅のこと 忘れないでね」 という羅羅

「忘れないよ」 と 健太


そして 羅羅のパパのかっこいいデコトラは 去って行った



じゃあ また と ママたちが 去り
侑子と 利華子だけになった

利華子は

「ごめんなさい 願書を出さなかったのも 辞退の電話も 私」

「どうして?」

「嫉妬してたから、 私が なくしたものと 私がないものを持ってる
あなたに 気が付いたら嫉妬してた

仕事、 夫、 つらい時に 辛いと 言えること。
他人をねたんで こんなことしてしまうなんて
自分でも 恐いと思う。
いつのまにか 自分が 思いも不安も 誰にも言えなくなってた」


「さびしい・・・・ね」 と 侑子

「そうだね さみしい・・・・・」 と 号泣する利華子


「でも 利華子さんには 空斗くんと 海斗くんが いる」 と 侑子



「引っ越して一年か なんかいろいろあったな」 と 拓水

「うん・・・私 ここにきて 初めて ”健太くんママ”って 呼ばれたんだ
なんか自分がなくなっちゃうような 気がしてた」


「どんな時でも 侑ちゃんは 侑ちゃんだよ

健太がさ 大人になったら 健太くんママって呼ばれてたって
侑ちゃん 恥ずかしく思うんじゃない?」


「そうだね、 今は 悩んだり 考えたり、毎日が精いっぱいだけど
振り返ったら あっという間なのかもね
大きくなっていく 健太に いろいろと 教えられてんだな」と 拓水

「親も 子供に 育てられてるよね」

どこまでも 仲良しの 秋山家



彩香は レイナと 父とに 手をひかれ
山吹へと入学する


「おかあさんも この道 通ったの?」 と 彩香はうれしそう





利華子は 海斗と 空斗と 三人で 仲良くやっている

海斗は おにいちゃんと いっしょの学校でうれしそう。





羅羅 が 只今と 帰る

両親は 畑で 作業中

「今日のおやつは にんじんケーキだかんな」 と 真央

「にんじんさんはな ベータカロテン とか言って 美人さんに
なれんぞ」 と 父

「美人さん」 と 羅羅は うれしそう

統合チャイルドスクール

「 いやがらせに お受験当日に 消防車を呼ぶ
合格取り消しの電話を 勝手に入れられる

誰も知らないはずの家庭の内情を学校側にリークされる

そういった事件が 毎年 あるんですね

大切なのは 他人との 比較ではなく お子さん、ご主人、
そして ご自身とどれだけ真摯に向き合えるか

お子さんを守るのは お母さん あなた方です」



明峰幼稚舎で ある雨の日


「侑子さん」 と 声をかけられる

「ああ ちひろさん こんにちわ」 と 声をかける

「週末に 爽連れて名古屋に行ってくるの
おみやげ 買ってくるね」 と ちひろ

「ありがとう ご主人にも よろしくね」と 侑子

「来週 初めての保護者会だね」 と ちひろ

「ああ また 新しい出会いがあるんだね」

「うん」 

ようこそ! 新しいママ友の世界へ!!
ショップチャンネル


ショップチャンネル:TV放送を見る ショップチャンネル:インジュヴ ショップチャンネル:小林照子のハッピーメイク


ショップチャンネル


日本直販オンラインのビューティ・美容 日本直販オンラインのホーム用品・家事・雑貨


QVCジャパン

icon
icon






名前をなくした女神 キャスト
秋山家
秋山 侑子(28)/杏 秋山 拓水(33)/つるの 剛士 秋山 健太(5)/ 藤本 哉汰

安野家
安野 ちひろ(28)/尾野 真千子  安野 英孝(32)/高橋 一生 安野 爽(5)/長島 暉実

沢田家 
沢田 利華子(39)/りょう 沢田 圭(27)/ KEIJI(EXILE) 
沢田 海斗(5)/内田 淳貴  沢田 空斗(11)/今井 悠貴

本宮家
本宮 レイナ(33)/木村 佳乃  本宮 功治(35)/平山 浩行   本宮 彩香(5)/小林 星蘭

進藤家
進藤 真央(倉科 カナ)  進藤 陸(五十嵐 準士) 進藤 羅羅( 谷 花音)


深沢雅美 安達祐実
加藤弓恵 中島ひろ子


ランキングに登録しています。一日一回クリックして頂くと
喜びます。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

チラチラっと見ていました。
陰湿な大人のイジメですよね。♪♪

No title

私の周りには、こんなこと聞きませんが、実際にはある話なのだろう…と観ていました。

最後の塾の先生のお話
怖かったです。

こんにちは!

今日の札幌はまたまた曇り。厚い雲に覆われています。
青空は期待できませんが、それでも27度まで気温が
上昇するとの予報です。

これから北広島市まで出かけます。夜には帰ってくる
予定です。

いつもありがとう。ポチ応援完了しました(●^o^●)

お疲れ様です^0^♪

こんにちは^^
このドラマ、ドロドロ凄くてみれてません(笑
やはり、内容が濃いですね~><(笑

今日も、少しお天気がいいようで♪
でも、湿気は相変わらず凄いですね><
お家、ドライかけてます^^;
節電しないといけないし、
クーラーはまだ我慢しようと思って♪
では、鬱陶しい気候ですけど、
気分だけでも明るく頑張りましょう^^♪
今日も素敵な一日を~~~♪

☆P

No title

こんにちは!

いつもありがとうございます。
このドラマ、また続編がありそうな終わり方でしたね。
本当にママ友の怖いこと・・・

それでは、また★P

こんばんわぁ^^

なかなか凄いお話でしたぁ^^;
でもぉ・・・次は小学校でのママともが待っているのですねぇ・・・
ちょっとホラーな終幕でしたぁ!!

いつもありがとうございます!

No title

名前をなくした女神は、毎日見ていました。感動しました。確かに
イジメは、よくないと思います。止めた方がいいと思います。そしたら、いいと思います。来週、また、見るね。よろしくお願いします。
今度新しい名前をなくした女神、やりますか、教えてください。
宜しくお願いします。
Amazon
最近の記事
家庭でできる岩盤浴
QRコード
QR
RSSフィード
お世話になっているサイト様
 お世話になっているフリー素材サイト様  Special Thanks
 ● Candied様
 ●素材屋カララバ様
 ● Angel様

フリー素材 POMO様
イラストポップ様働く人のイラスト
ハートのラインなどかわいい素材をお借りしています。 素材のプチッチ様
最新コメント
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。