スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名前のない女神 第六話 あらすじ ネタバレ

名前をなくした女神 第六話 あらすじ ネタバレ

ようこそ! ママ友地獄へ!!


侑子(杏)は、真央(倉科カナ)の策略によって、
ちひろ(尾野真千子)からの信頼を失ってしまう。

侑子は、ちひろから夫・英孝(高橋一生)が会社でセクハラをしているらしい、
と打ち明けられていた。

それを、さも侑子がひまわりの子幼稚園のママ友たちにしゃべったように、
真央に仕向けられてしまったのだ。

ちひろはひどく傷つき、「裏切られることには慣れているから」と、
侑子の制止を振り切って立ち去ってしまう…。

(もしも 真央みたいなやつが近くにいて ママ友として 付き合わなければ
ならないとしたら 常に ヴォイスレコーダーを持って歩くとか
なんらかの この 最悪女の 悪事をあばく証拠が必要です。
自分の身は自分で守らないと。)

ちひろの家にも行ってみるが出ない。
簡単にあきらめる侑子、もしも自分なら どうしても誤解を解きたければ
家を出て来るのを待ってでも どうしても わかってもらうしかない。



そんな折 幼稚園から 遠足のお知らせが届く

それぞれの 母親の中に ある考えが浮かぶ・・・・


 ある日曜日、東郷チャイルドスクールでは、
『お父さんのための受験セミナー』が開かれる。

参加した拓水(つるの剛士)、英孝、圭(KEIJI)、功治(平山浩行)は、
塾長の東郷百合子(夏木マリ)から、お受験を控えた
父親としての心構えを説かれる。


セミナー終了後、百合子に呼び止められた英孝は、
爽(長島暉実)がチャイルドスクールだけでなく、
幼稚園にも登園していないことを教えられる。
何も知らなかった英孝は、驚きを隠せなかった。

偶然、その会話を聞いてしまった拓水は、それを侑子に打ち明けた。

それを聞いて ちひろの家に電話する侑子だが 留守電から流れる
侑子の声に ちひろは電話の線を引き抜いてしまう。

それをみて ひどくおびえる爽



受験セミナーは、父親たちにさまざまな影響を及ぼしていた。圭は、
いままで以上に家事に積極的になっただけでなく、
早起きをして子どもたちと散歩すると言い出す。

そんな圭を、利華子(りょう)はほほ笑ましく見守る。

 一方、以前からお受験に懐疑的だった功治は、
塾長の 母親が自分を子供に重ねて無理を強いるという
言葉を まさに 彩香(小林星蘭)に対するレイナ(木村佳乃)の
過度な教育そのものだと思っていた。

「お受験」 「お受験」と 彩香をまるで 自分の操り人形のように
しつける レイナに嫌気がさし、
「彩香 落ちたっていいんだぞ 学歴だけがすべてじゃない
おれは 高卒でここまで来たんだ」 と 言うが
「何をいうの?」と全く取り合わない レイナ
レイナとの溝は深まるばかり


会社から帰宅した ちひろの夫 英孝は 爽を二階へやって
どうして 爽を幼稚園につれて行っていないのかと 問いただすが

「私は 幼稚園には行きたくありません、行きたくない、行きたくない

行きたくない!! 」と 作りかけの料理を英孝に 投げる

ちひろの様子がおかしい



利華子と 侑子が幼稚園の お見送りに行って話していると
爽が 父の英孝に連れられて 幼稚園にやってきた

なんとなく みんなの見る目が 自分に対して冷たいのに
気付く 英孝

英孝は 侑子に
「家内は みんなに嫌われてるんでしょう・・ ちひろはのろくて
鈍感で 何を考えているんだかわからないところがありまして・・」
と 言うと

侑子は
「そんなことありません これ以上彼女を苦しめないで下さい」
と言って 立ち去る

会社に行く途中 近所の主婦たちが 自分のセクハラの噂を
しているのを聞く英孝



侑子は ちひろとうまくいかなくなったのを 悩んでいると
利華子に きにするなと 言われる
また 爽くんママが幼稚園に来るようになったら 普通に
つきあってあげればいいと

それで納得してしまう 侑子
(私、 こんなところが 嫌いです。 ほんとうに 自分が
傷つけてしまったのなら どうやっても 誤解を解いてあげるべきだと
思います。 自己中の人って 人の痛みに鈍感だと 思いますよ)



病院に 功治の母の見舞いに行くと、病室から母の笑い声が
見知らぬ女と 親しげに 話している
加藤弓恵 功治の幼馴染だった。
ものすごく 親しげな二人 なんとなく違和感を覚えるレイナ




真央は 羅羅ひとりに お留守番をさせて どこかへ出かける

「パパには 内緒」 と 言われる羅羅



ちひろは 夫の英孝が帰って来て 爽を連れてないことに 驚く

「爽は? あなたが 迎えに行ってくれるって」 

「恥かかせやがって お前が行け!」 と 怒鳴る英孝

爽は 誰も迎えに来ない幼稚園で 一人で心細くしていた

ちひろの顔を見て 抱きつきなきじゃくる爽
心細かったに違いない



羅羅は ひとりで パンを食べていた
足音がして パパが帰って来た

寂しかったので うれしい 羅羅だったが パパは忘れ物を
取りに来ただけ。 「ママは?」 と 聞くパパに

羅羅は 一瞬考えて 「お買いもの」 と 嘘をつく

パパは そうかと 仕事に行ってしまう



ちひろは 英孝に どうして 爽の迎えに行かなかったのかと聞くが
幼稚園で 噂になってる 
「俺だって ぬれぎぬきせられて迷惑してるんだ」 と 英孝

「秋山さんにも 嫌みを言われた。 どうして幼稚園で噂になってる?」

「あの人が・・みんなに言ったから 信じてたのに

あの人・・・ あの人のせいよ」 と ちひろ
英孝の顔にも 憎悪が浮かぶ。



健太は 侑子に 「爽くんのおかあさんとけんかしちゃったの?」 と聞くが

「けんかなんか してないよ、爽くんのおかあさんに間違って
伝わっただけだから 心配しないでいいよ」

拓水は 懸垂を健太に教える だんだんできるようになる健太を
二人で見守る。


散歩に出た 利華子の夫と子供たち

「ママ 最近うれしそうだね」 と 海斗が言うと 
「そうだな、 みんなで仲良くしているのが うれしいんじゃ
ないかな」 と 圭 
圭は 利華子が 浮気を疑ってるのを 気付いていない

そんな空気を察してか 長男の空斗は
「ずっと 続くといいな・・・・」 と つぶやく



ちひろは 幼稚園にも行けず 家で勉強している爽に
「遠足 行きたいよね」 と 聞くと
「行けるの?」 と うれしそう


レイナは 夫の功治が DAYという雑誌で大きく取り上げられているのを
見て満足そう だが その記事には レイナが書いて欲しくないことも
書いてあった

「社員に学歴は問わない 社長の俺が高卒だからね」

そんな功治は 母の見舞いに 彩香を連れて行く

そこへ 幼馴染の 弓恵が彩香と同じくらいの
女の子を連れて登場

「あら、 彩香ちゃん? 御行儀がいいのね」 とゆみえ

ゆみえは 「功ちゃん ちょっとお願い」と
子供を 功治に抱かせる

功治も 抵抗なく 抱っこする

ゆみえは 功治の出ている雑誌を 母に届けに来ていた

「やめろよー」 と 功治

「功治もこんな顔するんだ」 と 母
なんとなく 楽しそうなやりとり
レイナママとの 間にない雰囲気は 彩香にも伝わった



真央は たまたま DAYを見て 
「彩香ちゃん パパ 大学に行ってなかったんだって」 と
侑子にまた いいふらすが

「それは関係ないと 思いますけど
彩香ちゃんのパパ、成功されてるし」 と 侑子

「ふざけんなよ」 と 真央の侑子への憎しみは
つのる

(ここでまた この真央を野放しにしていると
また 侑子が レイナの夫の高卒を言いふらしたことに
なりそうです。 だから こんな最低女は早くやっつけなくちゃ
なんです)



レイナは 彩香から 功治の母の見舞いに行った話を聞く

「ご飯おかわりしてたよ」

「え? 病院のご飯を?」

「ううん お客さんが持ってきたの お父さんのこと 功ちゃんって
言ってた」

(子供はよく 見ています)

面白くない レイナ



真央は 買い物の途中に 千尋を見つけ
「もう引っ越しちゃったのかと 思いました
全然 幼稚園来ないんだもの」

「でも 明日の・・・・」 と ちひろが 言うと


「遠足ですか? まあ あんなことが バレちゃったら どのつら
下げてって 感じですよね
塾はどうしてるんですか? お受験 あきらめたんですか?」

「そういうわけじゃ・・」

「へぇぇぇ でも あのことが ばれたらやばいですよね
いやだぁ 私は言わないですよ、うち お受験関係ないし
でも あの人は わからないけど
セクハラのこと みんなにばらしちゃったぐらいですから
ココだけの話 すっごいうわさになってますよ」

真央にそう言われて せっかく明日の遠足に 爽を行かせようと
していた ちひろは 考え直す・・・

翌朝 ちひろの作るおいしそうなお弁当を見て すごくうれしそうな
爽 御天気もいい

だが・・・・・

爽は 遠足に行けなかった ちひろと二人で庭で食べる
お弁当

大好きなからあげも 食べたくない

爽は 涙をいっぱいこぼし

「やっぱり おとうさんの言ってた通りだ
おかあさん 嘘つきだ
なんで? なんで 僕はおかあさんの子供なんだよ?」

と 泣きわめく

そんな 爽を見て 大きなショックを受けるちひろ



一方 遠足に出かけた 侑子らは 利華子たちといっしょに
お弁当

健太は 遊びに出かけた

利華子と侑子が 子供たちを探しに行く

海斗たちは マジックショーの所に居た

他の子供たちもいるが 健太の姿だけが見えない

必死で探し回る侑子・・・・

健太にしのびよる影・・・

ちひろだった・・・・

ちひろは 健太をどこかへ 連れ去る




 














名前をなくした女神 キャスト
秋山家
秋山 侑子(28)/杏 秋山 拓水(33)/つるの 剛士 秋山 健太(5)/ 藤本 哉汰

安野家
安野 ちひろ(28)/尾野 真千子  安野 英孝(32)/高橋 一生 安野 爽(5)/長島 暉実

沢田家 
沢田 利華子(39)/りょう 沢田 圭(27)/ KEIJI(EXILE) 
沢田 海斗(5)/内田 淳貴  沢田 空斗(11)/今井 悠貴

本宮家
本宮 レイナ(33)/木村 佳乃  本宮 功治(35)/平山 浩行   本宮 彩香(5)/小林 星蘭


深沢雅美 安達祐実
加藤弓恵 中島ひろ子


ランキングに登録しています。一日一回クリックして頂くと
喜びます。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村






関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

昨日、金沢から戻ってきました~。
不在中も訪問、コメントありがとうございます♪(*’-^)-☆
しばらく旅行記がメインになりますが、
どうかお付き合いいただけたらと思います。。。m(_ _)m

たまに・・・

コメントがエラーではじかれます・・・禁止用語みたいだけど。
どれか、よくわからないの??

このドラマ、怖いよね

こんばんわぁ^^

コレは毎度見てしまってます^^
最初は見るつもりなかったのですがぁ~~
自分の知らない世界です!!
Amazon
最近の記事
家庭でできる岩盤浴
QRコード
QR
RSSフィード
お世話になっているサイト様
 お世話になっているフリー素材サイト様  Special Thanks
 ● Candied様
 ●素材屋カララバ様
 ● Angel様

フリー素材 POMO様
イラストポップ様働く人のイラスト
ハートのラインなどかわいい素材をお借りしています。 素材のプチッチ様
最新コメント
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。