スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江~姫たちの戦国 第十八話 あらすじ ネタバレ 「恋しくて」 

江~姫たちの戦国 第十八話 あらすじ ネタバレ 「恋しくて」

秀吉(岸谷五朗)は、江(上野樹里)たちの前で、
帝を補佐する太政大臣となり、豊臣の名も賜ったことを報告。
さらに九州攻めを決め、出陣命令を下す。
そんな秀吉に対して唯一思ったままを口にする快活な秀勝(AKIRA)の姿に、
江は興味を抱く。

 一方、初(水川あさみ)は、大坂城内で見慣れぬすてきな男子を目撃。
その顔立ちと立ち姿に一目ぼれをする。

なんとも 涼やかなお方・・・一人で声はかけられぬと
江をさそって 城内を探し回ると

京極龍子と いっしょに居る男が そのひとめぼれの
相手だった。

なんとも涼やかなるお方・・・それは 自分の出世のために
姉を 秀吉に差し出した駄目男 と 初が言った
京極龍子の弟、京極高次(斉藤工)だった。

一目ぼれしたお方が 駄目男・・・
としって 倒れそうになる初を ささっと
抱きしめてくれた京極高次


秀吉は九州攻めの前に 茶々を呼び出し
無事に戻ったら 聞いてもらいたい願いがあると
言いだすが 江が 茶々を守るために
秀吉に 襲いかかる


戦地からの手紙、初は 京極高次が 気になる
江は 秀勝が 気になる。
すべてを 一瞬で見抜いた 京極龍子は
にこにこ笑って 二人の姫を見ている。


3人の姫を 細川たまが 訪ねて来る
入信の式を 行いたいのだが 神父が
とらわれていて 入信の式ができないとのこと

江は 「無理は人が作るもの 」
と 励ます。

7月半ば秀吉は 晴れて大阪城へ凱旋。


戦地から戻った 弟と 初を 二人きりに
させてあげる 京極龍子

京極高次は 働きを認められ 大名になったという
京極高次の口から 「初様」 と 呼ばれ
「お好きな食べ物は?」 と 聞く 初

「鮒寿司です」 「私も!」

では 「お嫌いなものは?」
「菓子です、見るのも嫌」 と 言われて・・

細川たまが 訪ねてきて いと(マリア)によって
入信できて 名前を細川ガラシャと 改めたと
報告

ガラシャとは 希望という意味らしい。
ガラシャは 初がきれいになったと 言ってくれて
それは ”思う人があるから”と 話す 江。


一方 秀勝は 戦地で働いたつもりだが恩賞が少なく
文句を言ったら 追放になってしまって・・・


去って行く 秀勝の後姿を見ていて
胸がすーすーして 千利休に話す。
まだ 秀勝への恋心は 気付いていない江。


千利休は
「御縁があれば また 会える」 と
言ってくれる。


戦地より戻った 秀吉は 茶々に思いを伝える。
何を 言われるかは もうとっくに気付いていた茶々

「それがしの おもわれびとに なってほしいのでござる」


「嫌でございます」

「それは 妻がいるからで ございますか?」

「仇と 一緒になりたいと思う人が おりますでしょうか
あなたは 父と母を殺した仇です。

お話はそれだけでしょうか・・」 と 立ち去ろうとしたら

江が やってきて 秀吉を問い詰める

戻る途中 おねに 出くわす茶々
茶々の様子で 秀吉が何を言ったか 知る おね

江は まだ 秀吉を問い詰めていた

石田光成は 「側室にと 殿下が言われましたが きっぱりと
お断りになりました」


それを 聞いて 激怒する 江・・・・

つづく
















ランキングに登録しています。一日一回クリックして頂くと
喜びます。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon
最近の記事
家庭でできる岩盤浴
QRコード
QR
RSSフィード
お世話になっているサイト様
 お世話になっているフリー素材サイト様  Special Thanks
 ● Candied様
 ●素材屋カララバ様
 ● Angel様

フリー素材 POMO様
イラストポップ様働く人のイラスト
ハートのラインなどかわいい素材をお借りしています。 素材のプチッチ様
最新コメント
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。