デスパレートな妻たち シーズン6 あらすじ ネタバレ 第三話 「残酷な誤解」


デスパレートな妻たち シーズン6 あらすじ ネタバレ 第三話 「残酷な誤解」
Desperate Housewives Season 6 "NEVER JUDGE A LADY BY HER LOVER."


(メアリー・アリスのナレーションから入ります)
ガブリエルの胸にともった未練の残り火

結婚に苦しみ、カールとの不倫に走る ブリー

隠していた秘密(妊娠していること)をスーザンに話すリネット

犯罪が起きて 浮上した容疑者
(スーザンの娘ジュリーが首を絞められ、引っ越してきたばかりの
ダニーが 捕まった)

郊外でよく見る、この手の女性達は 寝巻のまま
スクールバスを待ち、カーラーをつけたまま 郵便局へ行き
Tシャツとジャージで スーパーに出かける

家庭の主婦である 彼女たちは きれいに見せようなんて
思わない

それは 時間の無駄だからだ。



カルロス一家が食事中、ガブリエルはTシャツ、髪はピンで留めている
ホアニータが ガブリエルのシャツに 食べ物を飛ばす。

ガブリエルが ホアニータを叱りつけていると

「ギャビー」 と 声がして 昔の恋人(庭師のジョン)が
現れる、 あきらかに動揺するガブリエル

カルロスは 「ワォ!」 と 妻の様子を見る


厨房でバタバタしていて 気付かなかったと ジョン。

ガブリエルは 身なりを気にしながらも
「ここで 働いているの?」 と 聞く

カルロスは
「ウエイターも 立派な仕事だ、パン貰えるかな?」と
ジョンを 馬鹿にして言う。

ジョンは 「デザートお持ちしますよ、
サービスで。オーナーに頼んでみます。 あ、それ
It's me!」(口でわかりました)

「ほんとに? ここのオーナー?」と ギャビー


ジョンは 「離婚した時の金で買ったんだ」

「あ、ほんと・・離婚したの?」 と まだ動揺しているギャビー

カルロスはそんな妻の様子をじっと見る

家族を紹介するギャビー 美しいアナを見て
「やっぱり 遺伝?」 とジョンが言うと

「俺の方の遺伝だ」と カルロス。

「遺伝はミステリアスなんだね、」と言って 出て行くジョン。

ガブリエルは 留め金を外し 髪を整える。
その様子を見る カルロス

(女性としては 当然よね、ギャビー)

そう・・・郊外でしか見かけないこの手の女性達が
きれいに見せようとするのは きれいに見られたい相手が
いるときだけだ。


**************************************************************

この通りの一日は いっぱいのコーヒーで始まる
大半は目覚まし用だが ないと新聞が読めないものや(トニー)
通勤のともにしているものもいる(カルロス)

あとは手持ち無沙汰用に持つもの、井戸端会議の必需品だ



ブリーとガブリエルとスーザンが集まって ジュリーの件で
捕まったダニーに対する井戸端会議


ダニーをボブが送って帰ってくる


(この後 また詳しく記事書きます。いまは あらすじだけね)
ダニーが解放されたことで 逆上するスーザン、
ダニーには アリバイがあるそう・・
でも ジュリーとダニーの口げんかをマクラスキーさんが
見ているので スーザンは ダニーが犯人だと決めつけている。

頭に来て、友達の車を修理中のダニーの所へ行って
ジュリーが妊娠したから 殺そうとしたんでしょ!と
問い詰めるが ダニーはジュリーの妊娠は知らないという
白状するまで 車の下敷きになっているダニーをジャッキを
おろして もっと下敷きにしてしまうスーザン。

何事かと家から アンジーが出てきて やっとダニーは助かる

「うちの子に なにすんのよ!!」と怒るアンジーに

「みなさーん うちのジュリーがここのうちのダニーに
殺されかけたの 」と 大声で叫ぶ


******************************************************

さて、ブリーは 双子をまたまた妊娠してしまい
どうやってカルロスにうちあけたものかと悩んでいた。

すると カルロスから話があるという。
てっきりその話だと思ったら
なんと 昇進話だった。 
エグゼクティブディレクターになれる。
給料は50%アップ、もちろん 屋根付きの駐車場付き、

でも・・他の人が昇進するはずだったのにどうして?
と カルロスに聞くと
カルロスは その部下の妊娠を偶然知ってしまい
妊娠した部下を昇進させるわけには いかない! と
言いきる。
トニーの大学の学費もある。 リネットは働かなくては
ならない。
だから 黙って、いえ むしろ喜んで昇進話を
受ける。
そして その日に クライアントとのパーティ

相手が奥様同伴でいらっしゃるので トムも。

で・・・ワインがお好きなクライアント
トムは 一生懸命カルロスやクライアントの
目をごまかして リネットのワイングラスを
自分が飲みほして 空にする。
おかげで トムはベロベロ。

さて その場所は ジョンのレストラン。
そこへ来た時のガブリエルの服装ときたら
いつもの 美しいゴージャスなギャビーではなく
生活に疲れた主婦のよそおい。

カルロスは どうした? と聞くが

だって ここ、ジョンのお店だから
おしゃれしちゃいけないんでしょ。
これ 洗濯前だけど 後二回は着られるし・・


というと カルロスは ジョンに対する
ガブリエルの気持を疑ったのを 謝る
謝るから 頼むからきれいにしてきてくれと
お願い。

ギャビーは車に積んである ドレスに
着替えて 美しいギャビーになるが

「あのね、貧乏でも目が見えなくても
二人も はらまされても あなたを支えてきた。
そんな私を 疑うなんて あなたのほうこそ
夫として 失格よ」 という

反省するカルロス。

だが・・カルロスの姪 美しいアナが ジョンの店で
バイトしているのは ガブリエルは面白くない。


*******************************************************
ブリーは パーティがあり 戸籍上の夫 オーソンと出かける
そこで ばったりカルロスに会う

カールに対して ブリーは 気軽な関係でいましょ。
と言っていた。愛だの恋だの そんな関係でなくて
セックスを楽しむ関係で。

と言っていたにもかかわらず カールが若い女を連れて
パーティに来ているのを見て 憤慨する。

私と言うものがありながら!!

だけど カールに言わせれば 君が望んでいるのは
こういう関係でしょ? 君と会っていない時
僕が何をしようと 君にとやかく言われたくないね

偶然 カールの連れた軽い女は オーソンの歯科の患者だった。
オーソンと 踊って来るように勧めたブリー
その女とオーソンの前に オリーブオイルをぶちまけ
二人とも 転んでしまう。

カールの お楽しみは パアになってしまった。

だが オーソンは 喜んでいた。

オリーブオイル撒いたの君でしょ。 君が僕にやきもちを
やいてくれるなんて まだ脈があるのかな。と。

どこまでも わかっていない オーソンである。


ブリーは カールに電話して 週末のラスベガス行きを
承知する。

***********************************************************

さて、 ジュリーを襲った犯人が ダニーではないと
確信された 
ダニーが飲んでいた居酒屋には 防犯カメラがあり
犯行時刻には ずっと その場所に居たと証明されたのだ

それを マークから聞いたスーザン。

「私ったら どうしよう・・・」

「娘があんなめにあったんだ 動揺しても当然だよ」

「いいえ、マーク あなたのことよ、結婚したばかりの花嫁が
あなたのことをそっちのけで 犯人探しをしていたんだから」

「スーザン、君の家族は 僕の家族だよ」と
優しく 抱き寄せるマーク


**************************************************
翌日 アンジー家の庭には 大量のごみが まきちらかされていた。

昨日、スーザンが ダニーが犯人だと 大騒ぎしたせいだ。

リネットにも 言われていた、前の家事の時 双子の一方に
疑いがかかり、この街の全員が そう思っていて 辛かったと・・

スーザンは アンジーの家へ行き ごみを片付けるアンジーの
お手伝いをする・・何も言葉は交わさないが
スーザンは 精一杯のお詫びを それで表現しようとしていた

つづく

(のちほどもっと詳しく書きますね。 でもおおすじはこんな感じです。














つづく


 












  










ランキングに登録しています。一日一回クリックして頂くと
喜びます。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
関連記事

コメント

非公開コメント

Amazon

QRコード

QR

お世話になっているサイト様

 お世話になっているフリー素材サイト様  Special Thanks
 ● Candied様
 ●素材屋カララバ様
 ● Angel様

フリー素材 POMO様
イラストポップ様働く人のイラスト
ハートのラインなどかわいい素材をお借りしています。 素材のプチッチ様

最新コメント

アクセス解析