スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハガネの女 SEASON2 第一話 あらすじ ネタバレ

ハガネの女 SEASON2 第一話

芳賀稲子 通称 ハガネ

36歳 独身
一年前 結婚式直前、彼氏に逃げられ
寿退社としていたため 何もかも 失ってしまった

そんなとき 大学時代の友人先崎徹(バナナマン 設楽)の誘いで
小学校の臨時教員として 職場に復帰


しかし、担当になったのは 一年間で 3人も教師が辞めてしまった
いわくつきのクラスだった (4年3組)

学級崩壊、いじめ、差別、モンスターペアレンツ 様々な問題と
闘い続けた結果 4年3組は しだいにまとまりを
持つクラスへと変って行った


そして 私は 私を必要としてくれているこの子たちのために
改めて 正規の教員採用試験を受け、無事に合格した。


******************************************************************************
その年のクリスマス

ハガネは いつも自分を助けてくれている 塩田渉(要 潤)といっしょに
立ち飲みで 日本酒を 飲んでいた。

4年3組の子供たちから貰った クリスマスカードをうれしそうに
塩田に 見せる ハガネ

「教員採用試験、受かって、ほんとうに よかったですね」 と塩田

「うん、お礼言うの遅くなっちゃったけど 塩田先生も 協力ありがとう」


「いやいや 俺は別になにも」

「塩田先生の協力がなかったら、逆上がりも 効率的な勉強もできなかった」



「ほんとうに そう思っています?」 と 塩田

「思ってるよ、 思ってるよ!」 と ハガネ

「じゃ、ひとつ お願い聞いて下さい」 と 塩田

「いいよ、なんでも 言ってみ!」

「俺と 結婚してください」

「うん、結婚ね!

・・・・・・・・・???

いやーだ もう からかっちゃって!!」


落ち込む 塩田の様子を見て

「まじで 言ってんの?」 とハガネ

「まじです」 と 言いながら 指輪を出して
ハガネの左手の薬指に はめる塩田


返事を待つ 塩田・・

ハガネは びっくりして

「おやっさん おかわり」 と カウンターに
日本酒のグラスを置いて おやじが注ごうとした日本酒の
一升瓶を ラッパ飲みして 倒れる・・・・

というところで 目が覚めて

夢だったと思うハガネ
そんなこと あるわけないって・・

でも 左手の薬指には 夢で塩田がはめてくれた 指輪が!!


「え?! うっそーー!!! こういうことって あるんだぁ」

と言いながら うれしそうに左手の薬指の指輪を眺めるハガネ

*******************************************************************************
1か月後、 愛河小学校 ハガネのクラスに

不法入国で両親が国外退去となった少女・タオ(黒崎レイナ)が
転校してきた。

たとえ国籍は違っても、愛すべき自分の生徒であることには違いない。
ハガネはそんな気持ちで彼女を受け入れるが、
日本人に強い敵意を抱くタオは転校早々、
クラスメートの真理衣(吉田里琴)たちと衝突してしまう。


4年3組の男の子たちの前に 前の学校で タオに従兄弟が
怪我をさせられたと 男の子が言ってくる。

タオの凶暴さは 男子生徒でも 怖い存在。


タオは 両親が強制送還させられた 「セラヴィナ共和国」について
図書室で 調べている

「インド洋のごみ箱」 

「子供も働く 貧しい環境」

「死亡する過半数以上が 疫病」 と 書かれている


3月になったら 自分も強制送還されるタオ

広(戸谷駆)と愛梨(大橋のぞみ)はタオを理解しようとするが、
心を固く閉じた彼女はどんどん孤立していく。

学校の外では 近隣の住民が タオを国外追放しろと 騒いでいた。
また、モンスターペアレンツも 黙っているはずがない。
すぐに タオを追い出せと ハガネに要求。


(実際にこんなようなことありましたが あの時はどうなったんでしたっけ
今回の震災で 実際に自分たちが食べるのにも困っているような
一日の収入一人1ドルとか 言う国からも 義援金を頂きました。

今回の世界中の国々の暖かい気持ち 忘れてはいけないよね、
そして もし このドラマにあるようなことがあったら
不法滞在を認めろと 言っているわけではないけれど
子供に罪はないし、学ぶ権利もある 考えないとね!!)



タオの両親は 確かに不法滞在ではあったけれど
同じ工場で働いていた 日本人の友人の密告で
逮捕されてしまった。


タオの両親が安い賃金で 残業するため、自分たちの仕事が
奪われると思い、 密告。
でも タオの心には 日本人に対する不信感が
強く残った。


心を開いた友達に裏切られ、すべてを失ってしまう。
そんな両親の姿をまのあたりにしたんじゃ
タオが 日本人に敵意を持ってしまうのも
無理はない。

*********************************************************************

そんな時 ハガネの教え子 西堀マナが訪ねてきた。
彼氏にプロポーズされたという

相手は青果市場で働く 達也くん(EXILE MATSU)

しかし 達也くんは バツイチ子持ち。

心配して 「連れ子の母親になるって そう簡単じゃないよ」という
ハガネに

「だったら その子に会ってみます。
先生になんか 相談しない!」 と マナは 出て行ってしまう。


*******************************************************************

一方、 タオに万引きの容疑がかかる。
タオを信じる ハガネだが
タオは 心を開かず タオに対するいじめが加速していく


そんな中、広は タオを心配して
「万引きしたのは タオではありません」と ハガネに
メモを残す。

ハガネは 広に 「勇気があるのはすごくいいことだけど
少し 勇気が足りなかったかな・・

誰かの力になってあげたいのなら、正々堂々と勇気を出して
欲しいって 先生思うよ 」 と言う。

ハガネは タオに こんなメモを残してくれた子も
いるって伝えるけど 広の気持は タオには 届かない


上級生の男の子に 「臭い!」 と 水をかけられる タオ


広(ひろし)は タオの前に 立ちはだかる
水をかけられる タオを かばう広。

「タオ、ごめん、 この人達に頼まれて タオの机に
あれを置いたのは 僕なんだ
ほんとうに ごめん」

そう言って タオに謝る広は 上級生になぐられそうになる。

それを 止めるハガネ。

どうやら万引きしたのは その上級生のようだ。


クラスの子は タオに 広に 礼ぐらい言ったらどうだと言うが
タオは やっぱり心を開かない

ハガネは タオが前に通っていた小学校へ行ってみる


タオは優しい子で友達もいた、両親の国外退去にも 日本人を
恨んではいなかったという だがある日突然 タオは
変った

理由がわからないハガネ

タオの家を訪ねると ひどいいたずら書きで 家の玄関が汚されていた。

それを掃除するハガネ

そこへ戻ってきた タオと話すうちに
心を開かない タオの理由が やっとわかったハガネ

「別れが辛い」


3月になれば強制退去させられる。 親しくなればなるほど
そのとき 別れが辛くなる だから タオは我慢していたのだ。


それを ハガネから聞いた先崎は タオに話を する。

「別れがどんなに辛くても どれだけ離れても どれだけ時間がたっても
きっと ずっと 友達でいられる」
と。

少しずつ みんなの気持ちが タオに届く。


愛梨は 母に どうやったら タオと仲良くなれるかって聞く
母は 力づくでも 仲良くなる!
それには 手をつなぐ
手には 不思議な力があると!


***************************************************************************
そんな時 またまた 難題が!
ハガネにプロポーズした 塩田にオランダ行きの話があったが
行けば3年は戻って来れないから 塩田は断ったという。
聞けば それは 塩田の夢を実現するための オランダ行きだったが。

ハガネは 一度結婚を白紙に戻そうと言う。
どうしても 一緒にオランダへ行きますと言えなかった身勝手な
ハガネ


**************************************************************************

学校の近隣の大人たちに 差別される タオ

怒りをあらわにしようと した時

愛梨が タオの手をつなぐ。
タオがその手を払っても、 愛梨は また手をつなぐ。


**************************************************************************

ハガネは 4年3組のみんなに
タオが ほんとうは友達になりたかったのに
別れが辛いからって わざと心を閉ざしたふりをしていたと
話す

そんな時 学校の前で 小さなタオに向かって

「不法滞在者は 出ていけ!」と 心ない大人の叫び声が聞こえる。


4年3組のみんなは 校門へ出て行き 大人たちに

「タオは 万引きなんかしていないんだぞ!帰れ! 帰れ!」

と 心ない大人たちを帰す。


そんなみんなの気持ちを知って 涙を流すタオ

「もう 嘘つかないで セラヴィナに帰るまで
思い出いっぱい 作ろう!!」 という
4年3組

タオは
「ごめんなさい、 ごめんなさい」 と 泣きだす


やっと 一つになったみんなの気持ち。


だが、 タオは日本で生まれて日本で育った。
セラヴィナに戻ったら まず日本語の勉強からしなければ
ならないし、第一 子供たちにとって 劣悪な環境の
セラヴィナ。 雑誌を読んでいて心配になるハガネ



ほんとうにどうにもならないのかと 職員たちとも相談するが
3月までの滞在延期でも そうとうもめたのに。
それに タオをこのまま認めたら 日本にいる
タオと同じ環境の子供たちを認めなくては ならなくなる。

(いいじゃないですか 日本で生まれて日本で育った子は
日本の子ですよ。里親でも探して 日本で暮らさせて
あげれば いいんです。 日本は子供がいないんだから)



そんな時 タオのおばさんがトラブルに巻き込まれ
そのために タオは1週間後に 国外退去と 決まる。


必死で抵抗するハガネだが

一度下った決定をくつがえすことは 絶対にできないと言う。


タオを抱きしめ 「ごめん、先生何の力にもなれなくて」 というハガネ


4年3組のみんなは タオを守ろうと必死


だが タオは 「これ以上 芳賀先生を困らせないで
短い間だったけど みんなと過ごせて 幸せだった」 と 言う


自分の無力さに やけ酒を飲むハガネ


隣に居たおやじが
「絶望なんて 心の持ちようで 希望はきっとある
それを 信じるかどうか」 という


その言葉に ピンと来たハガネは ある決意をする

そこへ 西堀マナから電話。 これから達也くんの子供にあうと言う

ハガネは
「いいとこばっかり見せようとしないこと、絶対にこびないこと
いつもの あんたで いればいいの!!」

と アドバイス


(そうだよね、結婚相手の親に会う時も同じよ。
気に入られようとして 媚びたり、いいとこばっかり見せようと
思うけれど 普段の自分で気に入らないって 言うような
相手の親だったら 絶対に将来うまくいかない。
また そんな時 自分の親の味方をして 自分の味方に
なってくれないような
 最低男は 結婚をすぐに辞めるべし!!)


マナと 達也の娘 夏希の出会いは 最悪
反抗的な夏希

「結婚したければ 勝手にすれば!!」 と言い
オムライスを食べ残して 出ようとする

マナは 「作った人に 悪いでしょ、夏希ちゃんが食べないなら
私が食べるね」というと

夏希は にらんで

「母親づら しないでよ!!」 と ぶち切れる

しかし これが マナの闘争本能に 火をつけた。


「達也くん 決めた 私 母親になることを認めてもらうまで
絶対に 結婚はしない!!」 と 宣言する


***************************************************************

そのころ ハガネはセラヴィナ共和国へ 向かっていた。


***************************************************************

タオ、 強制退去の日

ハガネは まだ学校へ来ない

4年3組は バリケードを築いて タオを渡さない!と 徹底抗戦の
かまえ。

心配する タオ 

だが、
「無茶しなきゃ 伝わらない」 という 4年3組

マスコミに向かって

「タオは僕たちが 守る!!!」と 宣言する。


そのころ、やっと帰国途中のハガネに連絡がつく



モンスターペアレンツが やってくるが

子供たちを止めるどころか

「惚れた女は守りぬけ!!」 と 応援

だが 国は ブルーシートをかけ マスコミにしられないように
強行突入を して 子供たちを力づくで 排除しようとする


そこへ ハガネが 子供たちの所に到着。


「子供たちから 手を話して!!」 ハガネは そう怒鳴ると

子供たちと10分だけ話をさせてほしいという。


ハガネは 子供たちに タオが返される セラヴィナ共和国に
行って見てきた。

確かに 日本で報道されるように ゴミの山で暮らす子供たち。
町中に蔓延するゴミの匂い
タオは こんな町で 言葉もわからないまま 暮らしていけるのだろうか

希望を探しに来たはずなのに そこには絶望しかなかった。
しかし、ある通りを通ったところで 子供たちの笑いに気づいた。

走りだすハガネ そこには 大きな声で笑う子供たちが居た。
学校があったのだ。

学校があれば 友達もできる。 タオはきっと 希望を持てる


子供たちに そう伝えた

タオは言った。 先生が見つけた希望を 私は信じて見るって


そして タオは入国管理官に連れて行かれた


もちろん 4年3組のみんなが その車を追いかけたのは ゆうまでもない


そして 車の中から タオが 『さよなら』というのが
見えて

広が走りだす

「タオ、さよならじゃないよ、 またね」

みんなも後に続く 「 またね」


車の中から身を乗り出して 「またね!」と 手を振る タオ

***************************************************************

そして 新学期 新しく赴任してきた校長は
例のハガネの 一人飲みの酒屋で このまえ
良いことをつぶやいた おっさんだった。


************************************************************

オランダに 飛び立つ 塩田


塩田に 婚約指輪を 返す ハガネ・・・

「俺もそのつもりでした、理想の学校を作るための
スタートですから、一刻も早く終わらせて
早く帰ってこないと 芳賀先生 年とっちゃいますからね」


「そして また プロポーズしますから」


********************************************************

新学期

愛河小学校には 隣町の水河小学校の子供が 編入してくる



つづく







ランキングに登録しています。一日一回クリックして頂くと
喜びます。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちわぁ^^

コレ、ちょうどブログをしながら見ていて、
とんねるずのしたぁ、を見ずにこっちを見てましたぁ^^
内容おもかったですがぁ…おもしろいですねぇ!!
ちゃんと見ておけばよかったです!!
Amazon
最近の記事
家庭でできる岩盤浴
QRコード
QR
RSSフィード
お世話になっているサイト様
 お世話になっているフリー素材サイト様  Special Thanks
 ● Candied様
 ●素材屋カララバ様
 ● Angel様

フリー素材 POMO様
イラストポップ様働く人のイラスト
ハートのラインなどかわいい素材をお借りしています。 素材のプチッチ様
最新コメント
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。