タルジャの春 最終回 あらすじ ネタバレ

タルジャの春 
第22話 最終回「春が訪れ 花は咲く」



タルジャの春は イ・ミンギ君の素敵さにつきますが
その イ・ミンギ君の魅力を 最大限に引き上げてくれていた
勝 杏里さんの吹き替え 大好きでした。

声フェチです。

好きな声優さん
イケメンですねのファン・テギョン(チャン・グンソク)の平川大輔さん
イケメンですねのカン・シヌ の内田夕夜さん
イケメンですねのジェルミの 勝 杏里さん 
アグリー・ベティの マーク・セントジェームズ(マイケル・ユーリー)の近藤隆さん
特にマークの声なんて 本物の声より 好きですね。





イ・ミンギ

タルジャの春 最終回 あらすじ ネタバレ

アメリカへ行くことになったタルジャ

空港でチェックインをすませると

「行くな・・」という テボンの声が聞こえる

だが その場に テボンはいない・・



そう やっと テボンから 「愛してる」という言葉を
聞いた タルジャ

もっと早く聞いていれば 別れることもなかっただろうに・・

でも テボンも タルジャの母から タルジャが我慢しているといわれ
タルジャのために 弁護士事務所に戻ったのに
そのことで タルジャはすっかり自信を失い

「別れよう」と テボンに別れを切り出したのだった。

でも タルジャと別れられないと 会社で タルジャを見つけ
いきなり キスをして 「行くな どこへも行くな

まだわからない? 僕は君を愛しているんだよ」 と 言ってくれたのに

タルジャったら

「そう言ってくれて うれしい あんたでよかった。
待っててくれとも言わない あんたの元に必ず戻るとも言わない
約束や 誓いなんて・・

この気持が二年たっても 変らないなんて 嘘つきたくないから
今そんな約束をして あんたを二年も縛ったりできないわ

今もらった一言で 私は十分よ

私の人生で 最高の言葉だった」 と 涙を流しながら テボンに言うタルジャ

テボンは涙ぐみ そんなタルジャを見つめる

「愛してる テボン」 と タルジャは言うが・・

なのに 行くんだね? テボンを残して・・・

そのころ テボンは 空港で タルジャを探す
テボンの手には タルジャに渡しそこねた婚約指輪が
握られていた

一方のタルジャも テボンの姿を探すが・・

結局二人は 会えなかった

*************************************************************
Two years later....


母に言われ 見合いをするテボンだが
その相手に タルジャの話をする。

その後連絡もなく はがきがたった一枚来ただけ

二年たっているので戻っているかもしれないが
今はまだ 一人で居たい という テボン


見合いの相手 かわいらしい女性に
「今でも その人を待っているんですか?」と 聞かれ

「彼女が信じているものを信じてみようかと」 という テボン


テボンのいう タルジャの信じているものとは

タルジャから届いた 立った一枚のはがきに書かれた言葉

「運命ならいつか・・」 という言葉だった


自転車で街を走る テボン

*****************************************************************************
ソンジュは 赤ちゃん(トンイ)が生まれていた

エレベーターを降りたら セドが待っていた

仕事も子育ても両立したいソンジュのために
セドは ベビーカーを 押すが
押し方が早いと きつく 叱られる

職場で トンイを見て 女子社員達がやってきて キスをしようとするが

ソンジュに
「ヘルペスウィルスは10人中8人が感染してるの それは
キスで感染すると 知ってる?

感染者の6割は自分が感染してることも 他の人に写したことも
気付かないのよ

下がって!!」
 
と きつい口調で言い

トンイには
「あら トンイ かわいいわねぇ ママと初めて出勤した感想は?」

と デレデレ


セドは みんなに

「悪いなぁ おそくに出来た子だから」 と申し訳なさそう


そこへ カン室長が来て

「あら 体格のいい坊や 将来が楽しみですね」 と ほめてくれるが

ソンジュの顔色が変り

「うちの子を 侮辱するなら 会議には出ない」と言って
さっさと 帰ってしまう。

あっけにとられる職場の人たち

セドが

「うちの子は 娘です・・」 と言うと

カン室長は申し訳なさそう・・・

*******************************************************

タルジャは 母の待つ家に戻る




偶然 タルジャを街で 見かけるテボン
自転車で 追いかけるも 人ごみで見失ってしまう

(タルジャったら ほんとに テボンみたいないい男を
ほっといたのかしら

携帯の番号も変えて?)

あきらめて 職場に入る テボン

テボンは 食堂で働いていた

先日の見合いの結果はどうだったかと 聞かれるテボンだが

外見よりフィーリングが大事だという テボン

さて テボンの働く食堂で 水曜日の男という
見合いの猛者がいた

毎週毎週見合いをしているが なかなか決まらない

その男の見合いの相手を見て 驚くテボン
見慣れた ラーメン頭

タルジャだった。

見合いの席でも がっついて 食べるタルジャ

それでもいいと言う男に タルジャは告げる

「私の年齢ご存じですか?」 と

「33歳だと・・」

「え? 勘違いされてます それ二年前です。 35歳です」 というタルジャ

男は トイレから 男の母親に電話する
「ママ・・33じゃなくて35だったよ!
僕より1歳 年上だ もう ママがなんとか断ってくれ


テボンは洗面所で トイレから出てきた男に質問する

「2人の女性が居ます。1人は 35歳だけど見た目は29歳
一人は 29歳だけど 見た目は35歳
どちらにします?」

男は 難しいな・・なぞなぞですか?と

テボンは
「やっぱり あなたには 難しいか」 というと

男は 正解は なんですか? と聞く

テボンは
「年齢なんて 関係ないビビっと くる女を選ぶ
それが正解です」 と言って そこをあとにする


トイレからなかなか出て来ない見合い相手を 待つタルジャ

するとウェイトレスが
ケーキを運んできた 

タルジャが 「ケーキなんてめずらしいわ」というと

「普段は 韓国菓子なんですが コックの一人が
お客様には ケーキがいいと 申しまして」 と言って下がる

そのケーキには

「運命なら いつか 」と メモが添えられていた。


タルジャは 厨房を覗くが そこには テボンの姿はない・・

*********************************************************
タルジャは歓迎会を開いてもらう


アメリカは豊かで 便利だけど一番大切なものがない

それは みんなよ と言って 

タルジャは みんなに大歓迎をしてもらう

********************************************************
そのころ テボンは 空き店舗を見つけ

一人で 内装を準備中


*****************************************************
タルジャは家で 母から テボンのことを聞かれるが

私達が ほんとうに運命の相手なら いつかは
会える

運命にも時があるのよ、かあさん

(なんて 余裕・・)

「どんどん 肝が据わってくるのね」 という母

「かあさん 私が年をとれば あいつも
年をとるのよ、

年をとれば 焦るかと思ったけど 逆だったわ」

という タルジャ

「大人になった証拠よ」 と 母は言う

(いえいえ、35歳なら 十分大人すぎます。
ほんとうは テボンみたいな素敵男子は 離れるべきでは
ないのです これはドラマだから待っていてくれたけれど)


***********************************************************
セドは ソンジュと 素敵な夜を過ごそうと

ワインや おつまみを 用意して 乾杯するが

トンイの泣き声が聞こえたと思い
トンイのもとへ行こうとするソンジュ

「頼むよハニー 俺のことだけ集中してくれ
もうトンイは寝てるから」 というが

やっぱり きになる ソンジュ

「俺達激しく過ごさないか?
愛してる  愛してる ソンジュさん」
と 迫ろうとしたとき やっぱりトンイの泣き声が


*****************************************************

セドは タルジャに ソンジュの悩みを打ち明ける

トンイに夢中で セドに振りむいてくれないソンジュ
何度プロポーズしても OKしてくれないソンジュ

戸籍制度なんか 廃止すればいい というソンジュ

元気出しなさいよ! と励ますタルジャ

ああ わかったよ とは言いながら寂しそうな セドの
後ろ姿を ソンジュは 見つめていた


*********************************************************

テボンは 自分の店を準備中

そこへ 前の職場の先輩が訪ねてくる

女性が これをおまえにと 届けに来たと

見ると 「春の招待状」が入っていた

それは タルジャからのものだと わかった

先輩は この前見合いした人か? と聞くが

「いいえ、運命の人」 と 答えるテボン


*******************************************************
タルジャの会社の 春のご招待会


会は 盛況!!


ソンジュは 会場の外で セドをつかまえて

「私 派手な式は ごめんよ
両親と 親しい友人だけ呼びましょ。

ウェディングドレスは 着ない
私が一番 好きな服を 着るわ

構わない?


私と 結婚しましょ」

「ソンジュさ・・」

「愛してる・・ 愛してる」 と ソンジュ


セドは もう一度言ってくれないか・・と お願い

ソンジュは 何度も何度も
「愛してる 愛してる 」 と言ってくれた

二人はきつく 抱擁


キス・・・


一方タルジャは

「二十代が過ぎれば 私の青春も 終わりだと思っていた

35歳になった今でも 私の青春は終わっていない

春はまた 訪れてくれた そして・・」 と 振り返ると

そこに
 
テボンが立っていた


「彼がまた 目の前に 現れた 」


二人の再会を 祝うかのように たくさんの花火が上がる

テボンは 自分の店に タルジャを連れて行く

「まだ修理を始めたばかりで あと1カ月はかかる」と テボン

「プロに頼めば?」と タルジャ

テボンは 資金がぎりぎりだと 告げて

「待ってて・・」 と 言って

手作りのお弁当を持ってくる

「俺が初めて作った 弁当だよ」

そういって タルジャに ふるまう

「どうだい?」 と聞く テボン

「さぁ・・」 としか 言わない タルジャ

「うまいのか? まずいのか?」 と テボン


「おいしい、 合格よ」 と タルジャ

見つめ合う二人

タルジャは 自分から テボンにキスをする


テボンは タルジャを立たせ

抱きしめてキスをする


”生きてる限り 終わるものなんて何もないんだ

結末もないから ハッピーエンドもない

ただ 毎日訪れる 今日が あるだけ”(by タルジャ)


”運命なら 必ず” (by テボン)


テボンのお店の名前は 『おいしい弁当』
そこの壁には タルジャがアメリカから送った
運命なら必ず というはがきが 大切に貼られている

オム代表の元妻は ”オムのパイ”という パイ屋を 作った
ということは 元さやにもどったのかな・・

ヒヨンは 会社に入り

スジンにも どうやら 新しい恋の予感

食事に誘われ 貴方に興味はないからと 断るスジンだが
「かまいません 僕があなたに興味があるので」 と 言われる

セド夫婦は キムチ冷蔵庫のお買いもの

みんなが日々の生活で幸せになれたってことで・・

終わり







 

タルジャの春 キャスト

オ・タルジャ (チェリム)
カン・テボン (イ・ミンギ)
オム・キジュン(イ・ヒョヌ)
ウィ・ソンジュ(イ・ヘヨン)
シン・セド  (コン・ヒョンジン)

関連記事

コメント

このドラマ、時々見てました(^-^)
タルジャは最初は彼氏探しに必死でしたね。テボンは二人の間で恋愛関係禁止にして、恋愛アドバイザーしてたんですよね。なかなか面白いドラマだなって思ってました(^-^)
最後はそうなったんですね。ネタばれありがとうございます☆
非公開コメント

Amazon

QRコード

QR

お世話になっているサイト様

 お世話になっているフリー素材サイト様  Special Thanks
 ● Candied様
 ●素材屋カララバ様
 ● Angel様

フリー素材 POMO様
イラストポップ様働く人のイラスト
ハートのラインなどかわいい素材をお借りしています。 素材のプチッチ様

最新コメント

アクセス解析