さくら心中 第60話 あらすじ ネタバレ

さくら心中 第60話 あらすじ ネタバレ


陸雄は さくらにプロポーズ
セックスと愛は 別!と 言いきる陸雄
セックスなんてなくたって さくらちゃんを愛して 愛して
愛し抜いて見せる という陸雄の言葉に

結婚の約束をする さくら


セックスレスの結婚 という事情を聞いて
驚き、さらに心配になる 桜子

健は なぜ 健を選ばずに陸雄を選んだのかわからず
納得がいかない。

「結婚するんなら 俺とって言ってたやないか
なんで あんな 海の物とも山の物ともわからん 小説家の
陸雄なんかと!!」 と 激怒する 健だが

さくらは

「陸雄さんは 男として 懐が深いから」 と にこにこ

健は 自分より陸雄のほうが懐が深いと言われても納得が 全く
いかない


「なんで 俺でなくて 陸雄と、陸雄とは結婚できて
俺とは できん理由でもあるんか?」 と
さくらに 問いただすが


さくらは ただにこにこするばかり

健は 「おかあさんは この結婚に納得できるの?」 と。

桜子も心配なことを 健に告げるが

さくらは 「安心して頂戴、こういう結婚は わたしに
一番 あってるんやから」 という


健は さくらの言う ”こういう結婚” の 意味がわからず
混乱するばかり

***********************************************************************
奥飛騨の温泉旅館で とうとう 陸雄とさくらの 婚約披露が行われ

押川の養母は 大喜び

豊香にも 健に結婚してもらえ という始末

豊香も まんざらではない

「私も 結婚してもらおうかしら?」 というと

さくらは

「賛成! 健にいちゃんには 豊香さんみたいなしっかりした人が!」 という


健は
「あ、そうか 俺には豊香がいるから さくらは俺を避けて 陸雄なんかと・・」
というと

さくらは
「解釈は自由よ」といい 陸雄と見つめ合う


陸雄は 式は6月に挙げるといい
健は 小説もろくに 売れてない癖にやっていけるのか!と 心配する


だが 陸雄は 愛するさくらと結婚できる喜びでいっぱい


「ぼちぼち文芸雑誌の注文もあるし ルポでも 雑文でも
なんでもやっていく 結婚したらもうおまえの世話になるわけには
いかんしな」 と 言うと

「ようわかっとるやないか その言葉を忘れるなよ」

さくらは「私も働く、いままでどおり 健兄ちゃんの会社で
働いてもいいでしょ」

「それはいいけど おまえらほんとうにやっていけるのか?」

「そんなこと 健兄ちゃんに心配してもらわんでも いいわ」 とさくら


「さくらは こんな汗臭い男は 生理的に受け付けんのかと
思った どんな結婚生活を送るつもりかわからんけど
ま それをネタに小説でも書けや! 」 と 健は まだ不服そう


押川の母は さくらに早く孫の顔が見たいというが
さくらは 私らは孫なんて作りませんと言う


「私らは独自の生活プランを立てて 近代的な男女関係で
ちゃんとやります ね、陸雄さん」 という さくら


陸雄も
「そうや そこらへんのありふれた結婚生活やない
それぞれの自己を確立した男女関係で
それでいて 甘くてせつない 夢のような 家庭を作るぞ」 という

健は
「お手並み拝見!」と うそぶく

豊香は 
「新婚旅行はどこに?」 と 聞くと

さくらは 陸雄をみつめ
「ひ ・ み ・ つ」 と 甘えた


いちゃいちゃしている 二人をみて 健は 面白くない

*********************************************************
さくらの結婚式

「きれいやなー さくら 絵から抜け出てきたようや
あんな できそこないの小説家にやるんは もったいない」と 健

秀ふじは
「さくら 幸せに なれるんやろ? ほんまに幸せに」 と

桜子は
「幸せになって頂戴」 と祈るような思い


陸雄とさくらの結婚式に納得がいかないのは
沙也香と雄一も同じ

さくらが小さい頃からの話まで持ち出して 嫌みを言われ
さくらが 宅間と結婚するのなら・・と 沙也香が言いだして


「この結婚には 何かある!!」とまで 言いだす沙也香に
押川の母は 水を ぶっかける

「黙らんか! このおたんこなす! うちの子らの
結婚式にけちをつけると このワシが許さん!! 」と 頼もしい




************************************************************
結婚式後
秀ふじの店で 秀ふじと桜子は 陸雄がセックスレスの結婚を
受け入れたことを 不思議に思い
いつまで 陸雄の我慢が続くかと・・話し合っていた

そこへ 健が来て
さくらと 陸雄の ハネムーンは イタリア二週間


健は イタリアなんかハードに回って 夜もさくらを満足させて
そんなことが 陸雄にできるのか! と 酔ってくだをまく

勝は 健に
「あの二人は もう出来とる! 今日のさくらのうっとりした眼を
みたやろうが 陸雄を見つめる時のあのウルウルしたまなざし」 と
言うが

健は 「あの男嫌いのさくらが・・
帰って来た時は ハネムーン離婚してるんやないか? 」と
笑い飛ばす

まんざら 考えられないことでもないだけに事情を知っている
秀ふじと 桜子は 複雑な思い

健は 大切なさくらを 陸雄に奪われて せつなくなっていた


*******************************************************


二週間どころか 20日 たっても 連絡がないさくらと陸雄を心配する健

すると 二人はとっくに戻っているという桜子の言葉に
驚く健

二人は新居で新婚らしく かわいらしく暮らしていた

「ねぇ りく ここでどう?」 と ハネムーンで買ってきた
天使を 部屋にかざるさくら

そしてかいがいしく 陸雄の世話をするさくら

二人は楽しかったハネムーンの話をしながら

「愛しとる」  「うん、私も愛しとる」

キス・・ キスは許してもらっている陸雄だが
若い生身の体は やはり さくらを求めてしまう・・

そんな陸雄の葛藤をよそに さくらは 健からの
電話で 健を家に招待する

健と 楽しそうに電話するさくらに嫉妬して さくらを
抱きしめる陸雄

健が やって来て あちこち ハートだらけの部屋を
見て回る

さくらの手料理は とてもおいしい。
健も びっくり

「おかあさん譲りかな さくらはほんとに料理がうまい」

「りっくはね お皿洗ってくれるし、お風呂の水もためてくれるし
亭主関白やないから 助かるの」 と 健に話すさくら

「え? りっく?」と ラブラブな二人を見て驚く健だが

陸雄は 
「さくらはな 僕の靴まで磨いてくれるんや
ほんとに こんなことまで してくれていいんかなって思うくらいや」

「愛してる 幸せよ りっく」と さくら

陸雄がおみやげを取りに行った 間

「さくら おまえ ちゃんと陸雄に抱かれとるんか?」と 聞く健


さくらは うっとりとして
「ええ もちろん
健にいちゃん 私 ますます 陸雄さんが 好きで・・」
と 答える

さすがの健も こんなラブラブな二人を見ては どうしようもない


続く












icon









徳永英明さんの歌が せつなすぎます















icon
icon







キャスト
櫛山 桜子  笛木 優子
高梨 比呂人 徳山 秀典
宅間 堂一  徳山 秀典
宗形 勝   松田 賢二
櫛山 健   真山 明大
押川 陸雄  佐野 和真
高倉 明美  中澤 裕子
宗形 まりえ かとうかずこ
櫛山 さくら 林  丹丹
櫛山 沙也香 須藤 温子


ランキングに登録しています。一日一回クリックして頂くと
喜びます。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
関連記事

コメント

リンクさせていただきました

いつもお世話になっています。
RSSリンクさせていただきました!
これからもよろしくお願いいたします。
説明:http://drama.99ing.net/Entry/43/
非公開コメント

Amazon

QRコード

QR

お世話になっているサイト様

 お世話になっているフリー素材サイト様  Special Thanks
 ● Candied様
 ●素材屋カララバ様
 ● Angel様

フリー素材 POMO様
イラストポップ様働く人のイラスト
ハートのラインなどかわいい素材をお借りしています。 素材のプチッチ様

最新コメント

アクセス解析