スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さくら心中 第56話 あらすじ ネタバレ

さくら心中 第56話 あらすじ ネタバレ

母の桜子の髪を切っている宅間を見て ショックなさくらは
自分で ハサミで ざんばらに 髪を切ってしまい

宅間に 「あなたは カリスマでしょ。どんな髪でも デザインできるんでしょ」
と 迫る

比呂人の写真に 「あなた・・ごめんなさい」 と謝る桜子
さっき 桜の木の下で 宅間とキスをしてしまったからだ

一瞬 宅間が 比呂人に見えて 受け入れてしまった桜子・・


家では 帰りの遅いさくらを 健が心配する

陸雄は いさみ酒造まで 宅間がいるかどうか 確かめに行くが
宅間も居ない

宅間は 美容室で ざんばらの さくらの髪を
きれいなショートヘアに 整えていた

さくらは 御機嫌

さくらは 無理やり 宅間にキスをする

宅間は拒否するが
さくらは 「どうしても好き」 と 無理やりキスを迫る

家に帰ったさくらは 健や陸雄に ショートヘアを
みせびらかず

「おかあさん 今夜は寝られないんと違う?
せっかく 宅間さんにセットしてもらった髪が
寝くずれてしまうんと 違う?」


「あんたこそ 大丈夫? 寝ぞう悪いし」

「心配してくれんと 大丈夫
真夜中の美容室って 最高やったわ 宅間さんと
二人っきり はさみの音だけが シャカシャカってね」 

桜子は さくらがあまりに 宅間が夢中で 心配するが
さくらは 言うことを 聞かないどころか

「おかあさんも 好きなんでしょ そのぐらいわかっとるわ

宅間さん・・誰にも 渡さんわ」 と


陸雄と 健は さくらが心配で しかたがない

陸雄は 「あんなひねくれた小娘 簡単に手を出すような
男じゃないと 思うけれど」


*************************************************
いさみ酒造で さくらの木の下で 桜を楽しむ宅間

勝は 桜の木が好きだったら さくらを好きになって
やってくれ と

無理難題を言う


********************************************

美容院へと 出かける桜子

桜子の女としての美しさに 嫉妬するさくら

いやみを言うが 桜子は 相手にしない


******************************************
美容院で

桜子を見て 宅間はうれしそう

そして いさみ酒造でとって来た 桜の枝で
コサージュを作って 桜子に つけてあげる

桜子は 素直に 喜ぶ
店の従業員達も

「先生素敵ですよ 先生にぴったり!」 と ほめてくれる


*************************************************
健の 金貸しの事務所

お茶をいれてくれ という健に
さくらは 気もそぞろ

美容院へ電話をして 宅間を呼び出す

さくらは 無理やり 宅間をワインバーに誘うが
断る宅間

すると さくらは怒って電話を切ってしまう

健は 心配するが

「おかあさんが 邪魔しとるんやわ 母親のくせに
ひどいわ」 と言い
早退してしまう。


桜子は 美容院で とても幸せ・・
久々に口紅も つける


さくらは 家に帰り 比呂人の書いたメモを見て
「おとうさん おかあさんは 裏切っとるんよ」 と
泣きわめく

そこへ 陸雄が来て

「おかあさんの気持もよくわかる 死んだ恋人にそっくりな
人が 現れたら 誰だってそうなる」

「娘の恋人を奪ってもいいの?」


「あの美容師が どっちを好きか わからんやないか
さくらちゃんは まだ若い、親子で男を
取り合うなんて みっともないし
おかあさんに とっては 最後の恋や。

黙っておかあさんの恋を
見守ってあげたほうがいい」と 陸雄

「みっともない 美容院で 1日中色目塚っとるんやわ」 と
さくら

「僕が見届けるから あの美容師がおかあさんを好きだったら
あきらめるって 約束して?」 と 陸雄

**********************************************************
夜 
宅間は 桜子といっしょに お酒を飲んでいた

そこに 陸雄が二人を見守っていた
陸雄は さくらに 宅間が桜子を好きなのを教えようと
さくらを 呼び出す


桜子は 宅間に さくらを好きになってやってくれと
お願いするが

それは 無理な相談

「私よりも 若くてきれいよ それにバージンよ」

と 意味のない言葉を発する桜子

案の定 宅間は
「バージンになんの魅力も感じない」


「少なくとも 私よりもういういしいわ」

「困るんです・・つきあいきれません」と 宅間

桜子は 手を握られて
「好きなのよ 私だって」 と 言いながら
先に店を出ようとするが

宅間は追いかけてきて キス

一度はこばむ桜子だが 大好きな宅間
こばみきれるわけがない

そこへ さくら 陸雄が来る

陸雄は さくらに
「つまり こういうことや・・」


事実を教えて あきらめさせたかっただけなのだが・・・
屈折した さくらには 無理だろう


つづく




********************************************************************


icon









徳永英明さんの歌が せつなすぎます















icon
icon







キャスト
櫛山 桜子  笛木 優子
高梨 比呂人 徳山 秀典
宅間 堂一  徳山 秀典
宗形 勝   松田 賢二
櫛山 健   真山 明大
押川 陸雄  佐野 和真
高倉 明美  中澤 裕子
宗形 まりえ かとうかずこ
櫛山 さくら 林  丹丹
櫛山 沙也香 須藤 温子


ランキングに登録しています。一日一回クリックして頂くと
喜びます。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
関連記事

コメント

No title

いつもありがとうございます。
臨場感溢れるあらすじの文章、素晴らしいです!!
いよいよクライマックスですね!! 
非公開コメント

Amazon

QRコード

QR

お世話になっているサイト様

 お世話になっているフリー素材サイト様  Special Thanks
 ● Candied様
 ●素材屋カララバ様
 ● Angel様

フリー素材 POMO様
イラストポップ様働く人のイラスト
ハートのラインなどかわいい素材をお借りしています。 素材のプチッチ様

最新コメント

アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。