美しい隣人 第10話 「勝つ女」 あらすじ ネタバレ

美しい隣人 最終回の沙希の最後の言葉

「良かった・・」と 聞き取れた方が多かった中で

「あっ・・」 と言ってプツンと切れた
その あっも字幕放送で見てたと言う方も たくさんありました。

地震で 途中が切れただけに 最後カットに なったって 推測される方も
多いのですが 

私は あれは あの演出なんだと 思います。

だから 沙希が最後に残した言葉は 「あつ・・」 で
手を伸ばして 何かを 掴もうとした・・ プツン・・・シャー 


これが ほんとうの最後だと 思いますよ。

一応は 時間を押してでも放送されたわけであり、 多分 あんな演出のドラマ
最近 多いじゃないですか。

美しい隣人 最終回 「勝つ女」 あらすじ ネタバレ

前回のラスト

絵里子のところに 加奈が 訪ねてきて
沙希の名前は マイヤーではなく 筧という 名前だと 聞かされる


筧・・・ 筧・・ ネットで 調べて見る 絵里子

見つけた!! 池で亡くなった子供の母が 沙希だった。


沙希の今までのことを 思い出すと 全部納得が行った。
同情すら するかもしれないと思った絵里子だったが


駿が ミルクをこぼして
それを 叱ると

「ママなんか ほんとうのママじゃない!」 と 駿に言われる

「あ、そう じゃ ほんとうのママの所に行きなさい」 と言うと

「ママはほんとうのママじゃない、違うよ、
僕 会いたい、会いたいよ ほんとうの ママに」


「駿、 ほんとうのママって 誰だと思ってるの?」

「おばちゃん、 お隣の 沙希おばちゃん」


「それ・・沙希さんが 言ったのね」

絵里子は台所の鍋を磨き 家族写真を壊し
戦闘態勢に入る!  

ここまでが前回でした。
駿(青山和也)が沙希を“母”と思っていることにショックを受けた絵里子は

沙希を探し始める

やがて、、、沙希の夫・雅彦(高知東生)に会い、全てを告白。

「自分が幸せなんて思ったことがなかった。それを失うまでは・・・」と絵里子
だが雅彦も、沙希の居場所を知らないという。

「なぜ、私にこんな事を・・」と 絵里子

「わかりません」

「あなた方のお子さんが亡くなり、私の子供は助かった、
   それが理由です」
雅彦は 「普通は理由になりません
   でも、沙希は普通とは違うんです
   必ず、何か理由があるんです」

そして、雅彦は、沙希の異常な性格を 絵里子に告げる

怒りを感じると、別人に変わってしまうと・・・結婚するまで気づかなかった。
きっかけは、些細なこと。それで豹変する。

「彼女は、非常に繊細、傷つきやすい人間なんです」 と 雅彦が言うが・・


違うでしょ、どう見ても 異常でしょ。
イイ女だから 気がつかなかっただけよ。





しかし、夫・慎二(渡部篤郎)より、自分に怒りが向けられていると感じる絵里子

しかし 


絵里子は 今まで 会ったことも無かった。あの日沙希が隣に引っ越して
訪ねてくるまでは。
絵里子は それ以前に 絶対に 沙希を傷つけていないという自信があった。

どうしても 沙希に会って 確かめなくては!!


絵里子は 必死で沙希を探す
探偵(堀部圭亮)にまで 調査を依頼

依頼の過程で 「探したい理由は?」 と聞かれ
「殺したい理由?」 と 思わず答えてしまう 絵里子
大切な駿を奪おうとしている沙希を 絵里子は殺してしまいたいに違いない。

ホタルの会の忘年会でも 沙希の写真が出てきて気まずくなる絵里子・・
真由美(三浦理恵子)たちにも、沙希を探していると伝え、
冷たい態度でその場を去る絵里子に 「なんか・・変ったね 絵里子さん」と
みんなは 陰口を 言う。

そんな中、 気分転換にと家族旅行を提案する慎二。

家族旅行をすれば 忘れられるのかと 絵里子は言う。
絵里子は 慎二を許していない

「忘れよう。難しいけど、忘れよう」という 慎二に。

「無理言わないでよ、あの出来事を忘れるなんて出来ない
  終わってないの、まだ続いているの!
  あの人は駿に、自分は本当の母親だと言ったのよ
  駿は、半分、それを信じてた。
  お腹を痛めて産んだ子供なのに。。。。
  あの人の言うコトを信じてた。
  怖いのよ!
  私が、本当の母親じゃ無いって言う思いが、
  駿の中に、ずっと残るんじゃないかって」 と 絵里子

「駿を信じられないのか?
  駿だって、今に分かるよ。
  母親なんだぞ、君は!」

「母親失格よ。私は。
  こんなに・・・・こんなに、人を憎んだの・・・初めてよ」 と言い

絵里子は 過呼吸で 倒れてしまう。

医師からは、ストレスが原因だし休養が必要ということで 絵里子は入院

慎二の話では、理生(南圭介)が駿を幼稚園に迎えに行き、
真由美のもとに連れて行ってくれるはずだったが・・

見舞いにやっていた加奈(鈴木砂羽)から、真由美の店にいなかったと知る


まさか・・・・

不安に襲われた絵里子は、病院を勝手に抜け出し、
公園にたどり着くと理生が駿に自転車を教えていた。
ほっと 安心したのも つかの間

駿 がんばったね という聞きなれた女の声

それは 愛息 駿を呼び捨てにする クレージーな女 沙希だった。

絵里子を見て逃げはじめる沙希。
逃げ切られてしまうのだった。
思わぬ理生の“裏切り”にショックを受ける絵里子。

理生は 沙希が好きだったのだ 「何も求めない・・」という理生

なんだかねぇ 仲間由紀恵さん モテモテじゃないですか
魔性の女は 通り越して クレージーなんですけどね。
前回 展示場で出会った男にナンパされて いい女だから ナンパしたけど
沙希が少しおかしかったから どん引きでしたけどね。
普通は そうだよ。 ここが このドラマ納得いかない所


そんなとき、沙希がいるという住宅展示場の情報が入り絵里子が向かうと

いた

夜に、『沙希マイヤー』の家で会おうという沙希。
************************************************************
夜・・・

沙希に対し、理由を問いただす絵里子。
だが理由なんて ないのだ。
理由は 最後に贈られてくるdvdで明らかになります。


「私がいいたいことは2つ。
  なぜ、私に関わり、攻撃するのか知りたいの」

「自分で分からない」

絵「恨まれるようなことはしてないはずよ」

沙希「本当に覚えが無いんだね。ビックリだな。」

絵「些細なことで、人格が変わるそうね、ご主人に会ったわ」

沙希「些細じゃないのよ、コレは。
   やっぱり分からないかな。私の気持ち」

絵「言って!!」

沙希「言わない。教えてあげない。一生考えたら良いんだ。」


絵「一生あなたにつきあう?冗談じゃない!
  今夜中に決着つけるのよ。」

沙希「2つって言ったね。もうひとつは?」

絵「約束してもらうわ。二度と駿に近づかないって。」

沙「約束はできない」

絵「蛍を見ながら言ったこと覚えてる?」


絵「あなたが言った事よ。わたしは、あなたを殺しても良いのよね?」

沙希「殺せるかな?あなたに。」
絵「簡単ではないでしょうね」
沙希「本気みたいね」

絵「私、あなたがいる限り幸せになれないのよ」
沙希「私もよ」

絵里子「駿をあきらめて!」
沙希「いいえ」

絵里子「私の子よ!!」
沙希「あなただけの子供じゃない」

絵「えっ!?」
沙希「隼人が死んだ時、駿が助かった。
  だから駿は特別な子供なの。
  わかる?隼人が駿を助けたの。
  私がオカシイって思ってるんでしょ。
  理屈じゃない。そういう風に感じるの。」

イヤ おかしいですから!!!

絵「あなたは、あなた自身の子供を持てば良いのよ」
沙希「無神経ね。
   本当に無神経。あなたってホントに。
   幸せな人って無神経なのかもしれないわね。」

絵「あまり、不幸ぶらないで欲しいわ」

沙希「あっ!言ったね!初めて本音じゃない?
   自分の本性が分かったでしょ?」
絵「確かに私変わったかもしれない。
   あなたに、トコトン傷つけられておかげね。」

絵里子の手には ナイフが・・

絵「顔も知らなかった頃は
  その母親が子供を失って、どんなに辛いかって同情してたのよ
  友だちになって、力になってあげたいって。
  それが、こんな風な関係になるなんてね
  これを持って、あなたを脅そうと思った、駿をあきらめてって。
  イヤって言ったら刺しても良いと思ってた。
  あなたのような人には、そうするしかないって、そうやって駿を守ろうって。」

沙希「きれい事言って、私が嫌いなんでしょ?」
絵「キライよ。大嫌い。殺したいほど。
  でも、今分かった。それをやったら、駿はあなたのものになってしまう。
  わたしはやらない。」

沙希「出来ないんでしょ?」
絵「挑発したって無駄よ。
  わたしは、やらない。
  あなたと同じところまで落ちたくない。」

沙希「じゃあ。。。駿をさらっちゃう?」
絵「駿は、きっと、私の元に戻ってくる。」
沙希「そんなはずないじゃない。
  私のほうが愛してるもの」


絵「あなたが愛しているのは----あなた自身よ!!」

その言葉に愕然とする沙希。
そして、絵里子が投げ捨てたナイフを拾う沙希

沙希「変ね。あなたが不幸なら、私はしあわせなはずなのに、
なんでしあわせになれなれないんだろ」


そして、自分の首にナイフを当てる沙希。
窓を開け、そこに座ったのだ。

沙希「あの時の蛍、綺麗だったね」


絵里子がなすすべもないまま 
沙希は微笑んで、窓枠から飛び降りてしまうのだった・・・。




引っ越して行く 矢野家



探偵から知らされた沙希の過去。

開業医だった父の後を継いだ兄。
それはまるで自分と同じような経歴だった。

その偶然に驚く絵里子。



そして、突然家に送られてきたDVD。

そこにはあの日、事件のニュースが収められていた。

最悪の出来事に夫の胸にほほをうずめてなきじゃくる絵里子
駿が助かった瞬間のインタビューで絵里子が漏らした一言。

「良かった・・・」


その言葉を聴いた時 沙希は警察に居た
自分の子供は死んだのに、良かったと言った絵里子に対し、激しい憎悪を燃やした沙希。
きっと この女のせいで 自分の子供が死んだと 思ったに違いない。

夫にも愛されている絵里子 自分は 形だけの夫婦
そして 近所にも愛されていた絵里子
きっと 隼人を失った悲しみから(もともとクレージーだったのが)
絵里子を憎むことでしか 生きていけなかったのかもしれない。

それが送られてきても 平然として そのDvdを 燃やしてしまう絵里子

駿が返って来て それなぁに? と聞くが

「いらないもの」 そう もう沙希は 絵里子にとっては いらないものなのだ。



夜、絵里子は夢を見る・・夢か現実かわからない世界

「もしもし、絵里子さん。
今あたしが何を見てると思う?」


親友のように親しげに電話をしてきた沙希。

あのホタルの池である。
周りには蛍の大群が・・・



沙希は何かに 手を伸ばし 「あっ・・・」 

終わり・・

もしかしたら もう沙希はいらないもの。 → 居ないもの
つまり絵里子が殺した?

そうでないと あんなに落ち付いて暮らしていけるわけがない。
もしも あの時に死んでしまったのなら DVDを送ってきたのは・・

う~む やはり 謎で終わりましたね。
もうちょっと スッキリ終わって欲しかった。







美しい隣人 キャスト


















ランキングに登録しています。一日一回クリックして頂くと
喜びます。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
関連記事

コメント

非公開コメント

Amazon

QRコード

QR

お世話になっているサイト様

 お世話になっているフリー素材サイト様  Special Thanks
 ● Candied様
 ●素材屋カララバ様
 ● Angel様

フリー素材 POMO様
イラストポップ様働く人のイラスト
ハートのラインなどかわいい素材をお借りしています。 素材のプチッチ様

最新コメント

アクセス解析