さくら心中 第45話 あらすじ ネタバレ

さくら心中 第45話 あらすじ ネタバレ

秀ふじと勝が 500万の手切れ金を用意。
2度と さくらや桜子、比呂人に近づかないという誓約書を
書かせようとしたが 明美は 一旦は500万に目がくらんだものの
やはり 比呂人をあきらめることはできない。

酒蔵に入りこみ 比呂人に乱暴を働き 作りかけの酒樽に 
自分のハイヒールを投げ入れる。

勝が飛んできて 事なきを得るが・・・

それ以来 姿を見せなくなった明美。
明美は 櫛山の雄一と男女の関係になっていた。

雄一は 寝物語に さくらが 火曜日に東京へ行くと
明美にもらしてしまう。

東京へ行く日 さくらに電話が入る。
東京へ同行してもらう美容院の客の娘だという。


さくらは まんまと騙されて 車に乗り込むが
それは 明美の誘拐だった。

明美が さくらを連れ込んだのは 奥飛騨の置屋。
そこは 陸雄の姉が芸者として働いていた。


さくらに おかあさんと呼べと強要する明美。


包丁で さくらを 脅しながら

「おかあさん」と 呼べと 強要する明美。

狂っている


東京駅で さくらを待っていた健から 電話がかかる

さくらが 降りて来ないと。

桜子は さくらに何かあったと思い

いさみ酒造へ出かけ 勝と比呂人とともに さくらを
探しまわる。


一方 さくらを 無理やり いっしょに風呂に入れたり
マッサージさせたりする 明美。


スキを見て 逃げだせばいいものを。


置屋のおかみは 明美の子 と 言われても 違和感があり
それは 陸雄の姉も同じだった。
二人とも さくらを どこかで 見たことがあると・・


陸雄の姉は さくらを思い出し、声をかけようとするが
明美が 見張っている

比呂人と桜子は 探しまわり
勝も警察に電話。

*********************************************************

明美は さくらを 自分の客の所へ連れて行き
酒の酌をさせる


******************************************************
せっかく 陸雄の姉が 櫛山家に電話するも
沙也香が電話を取り 勝が『警察からか?』 と聞いても

「プライベートな電話」 とごまかして 電話を切ってしまう。


さくらは 明美の客と 床をともにさせられようとしていた。


陸雄の姉が 見かねて 中に入るも
明美と 客は さくらを どうしても 強姦しようとする


そこへ 比呂人と桜子と勝が到着

陸雄の姉の誘導で 奥の座敷に さくらを助けに向かう。






********************************************************************
それにしても 明美役の中澤裕子 すごすぎます。

icon









徳永英明さんの歌が せつなすぎます












icon
icon







キャスト
櫛山 桜子  笛木 優子
高梨 比呂人 徳山 秀典
宗形 勝   松田 賢二
櫛山 健   真山 明大
押川 陸雄  佐野 和真
高倉 明美  中澤 裕子
宗形 まりえ かとうかずこ
櫛山 さくら 林  丹丹
櫛山 沙也香 須藤 温子


ランキングに登録しています。一日一回クリックして頂くと
喜びます。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
関連記事

コメント

非公開コメント

Amazon

QRコード

QR

お世話になっているサイト様

 お世話になっているフリー素材サイト様  Special Thanks
 ● Candied様
 ●素材屋カララバ様
 ● Angel様

フリー素材 POMO様
イラストポップ様働く人のイラスト
ハートのラインなどかわいい素材をお借りしています。 素材のプチッチ様

最新コメント

アクセス解析